新着Pick
637Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨年末、韓国検察当局がサムスンの有機ELパネル技術を中国BOEに流出させた11人を起訴したというニュースがありましたが、その源流を探ると日本のとある「材料都市」にたどり着きます。

本日は、そんな材料都市の核となっている人物へのインタビューを中心に証言を集め、次世代パネル競争の現在地と未来予想をお届けします。
面白く奥深い。

最後の方に「これからは中国」と書いているが、深センにはこうした基礎研究、素材研究の雄が、巨額の誘致額によって集められている。

昨年お話しした方も、東大で曲面やサイズ無限のディスプレイ(門外漢なので詳細不明だが本記事と同分野のはず)を研究していた中国人の方が深センには移住されており、

「日本は研究技術は本当に高いが、世の中に出して行く術がなく、地方の大学に追いやられてしまいがち。深センでは資金をくれるだけでなく、ピッチする機会も提供くれるし、同業だけでない人材が集まるのでとにかくネットワークと市場機会に恵まれているので移り住んだ」と仰っていた。

金をかけて誘致するパワーゲームばかりが目立つようにみえるが、しっかり機会提供もして、市場に出すことを優先している点は、学ぶべき点が多い。
山形大学の尖った方針が、先端素材の集積地として世界から注目を集めるようになった。特化しているから、深堀りができる。北国という風土が粘着性が必要な研究に向いているのでしょうか。

このレポートを読んで強く感じたのが、日本のメーカーの弱点。成功体験に満足している姿。発想の飛躍がないことです。そしてチャレンジ精神が足りないこと。

いつも同じタマゴサンドに満足していてはいけない。
エレクトロルミネッセンス(EL)の自己治癒機能はこちら。PAA/NaCl ionic conductor layerを使っているので、有機ELに分類されるかと思います。

30年前の技術も現在ではあらゆる発想の下、進化し続けているようですね。まだ研究ベースですし、山形もサムスンも関係ないですが、この機能性材料の自己修復にはその原理も含めてかなり深いものがあるかと思います。

Self-healing electroluminescent (EL) devices
https://newspicks.com/news/3547461
発明された当初は寿命が短くて実用困難みたいな話をしていたのに、あっという間に実用レベルまで寿命が伸びてきて驚いています。いまの寿命は3〜6万時間ほどでしょうか。液晶とそう変わらなくなってきました。

説明の通り、自ら発光できるフレキシブルな素子なので、表示装置の常識を超えた製品展開が可能になってきますね。壁に直接表示しているような質感があると、見た目の印象は随分変わるでしょう。
(といっても実用上はイタズラ防止などのために保護パネルなどが必要になってくるんでしょうけども)
また、壁に貼って、その壁の向こうの景色を映せば「壁を透明に」することができますね。車や建機の死角になりやすいピラー部分などの視界を確保できるようなサブモニターが実用化されるといいなあと思っています。
一番ロマンがあるのは全天周囲モニター。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/全天周囲モニター・リニアシート

あとこれとか。
http://karapaia.com/archives/52265550.html
わーい。山形大学工学部を取材していただき、ありがとうございます!

追記
知る人ぞ知る城戸先生の名物ブログ「大学教授のぶっちゃけ話 笑ってゆるして」で、このNewsPicskの記事のことを話題にされています↓

http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-0f2d.html

米沢が「次世代パネル“頭脳都市”」と命名された歴史的な記事になりそうです。
雪深い山形大学に行ってきました。取材を進めていると、城戸先生のニュースを中心に、素材の話題が、山形に多い。これはなんだろう。ということから、深掘りしていきました。

城戸先生という有機ELの第一人者がいらっしゃったということもですが、山形大学の戦略は、地方大学にとって、とても良い事例になろうかと思います。

あと素材の開発は時間がかかると言われています。だからこそ、研究に集中できる地方のメリットもあろうかと思います。
相田先生と城戸先生が登場するって、すごくいいバランスの連載です。徹底的に基礎よりの相田先生と、徹底的に実用よりの城戸先生。

今でこそ、有機ELが実際のデバイスの形になっているので、城戸先生が、おっしゃっていることにも説得力ありますが、10年前ですら、いやいや、本当にそんな時代くるか?と感じている研究者は多かったと思います。僕もその1人。有機化合物は、一般に水や酸素に弱いことが多いから長持ちしないし、色素は複雑な構造だから作るのは大変だし、液晶よりも高精細なディスプレイ、いるの?って。
それでも、城戸先生は信じて研究を牽引し続けてきた。


なんで、そんなに信じてやり続けられたんだろ、というのを勝手に想像しています。
最近、「理想」という言葉の使い方が科学者、研究者と、そうでない人で違うんだ、ということに気がつきました。
高校の化学で「理想気体の状態方程式」を学んだと思いますが、この「理想」は、理想のパートナーとか、理想の体重とかの理想とは違う意味で使っています。つまり、ある現象を議論するためにパラメータを削ぎ落として、仮定の状態を考えよう、という話。言うなれば、「理論的に想像する」の略といったところでしょうか。(英語だとどっちもidealなんですけどね)

こう考えることで、現実世界と乖離する部分が出てくるものの、真理に近づくのに役立つことがある。
研究者って、常にこの「理想状態」を考えている気がしていて、そして、どんなパラメータを削ぎ落とすかで、研究者のオリジナリティが出るのかもしれません。

城戸先生は何らかのパラメータを削ぎ落としてディスプレイの理想状態を考え続けた結果、有機ELに行き着いたのかな、と感じました。
そして、研究者の性として、自分で思いついた仮説は自分で検証しないと気が済まないので、思いついちゃったら、突き進むしかないですよね。
全部第3者の想像ですが。
本当に面白いインタビューでした。こんな方々が日本にいるのに、日本のメーカーは、方向性を見誤ったのは、非常に残念ですね。大抵の技術は、社内からよりも社外からの方が評価されますし、残念ながら、日本国内からよりも海外からの方が評価されます。技術を見る目が日本のメーカーのトップにないことが、大きな問題のように思います。評価してくれるところと組むのは当たり前ですから、日本で産業としては大きく育たないということです。もったいないですね。
「日本の大手はいまだに「いい材料があったら試してやるから、持ってこい」という殿様商売。世界で負けるのもうなずけますよね。」

まさに。研究室に入り込んでみて、よくわかりました。

それにしても、この特集は素材の話ももちろんですが、ビジネス、研究、キャリア等々、様々な面で勉強になる記事がつづきますね。素晴らしい。
この連載について
石の武器、鉄の鍬、紙や磁石などの記録媒体ーー。時代が求める優れた新素材の誕生は、文明を次のステージへ飛躍させてきた。そして今、自然界に類を見ない人工材料を開発する最先端では、いかなる新素材が生まれようとしているのか。未来を読み解くヒントとなる、新素材の世界へ誘おう。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
24.1 兆円

業績