新着Pick
127Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最近では、スマート農業=ロボット農機 のようなイメージになっていますが、4年前は、スマート農業=オランダ式の精密農業でした。

一昨年まで大規模施設園芸に補助金を投じてきましたが、昨年から対処を一気に露地栽培に切り変えるという転身ぶりです。

ビジョンなき日本の農業政策は、こうやって数年ごとにコロコロと方向転換を図っています。

そうしている間に他国との差が開いていっていることを実感します。
「スマート農業」がワードとしてバズったのは「農業ほどスマートじゃない職業はほかにない」というイメージだからでしょういわば「カッコいい農業」「儲かる農業」と一緒で正反対のイメージの形容詞とセットになっているということ。
すでにその時点でミスリードされやすいかなと思います。
なぜなら農業ほど歴史と実績のある職業はほかにそうそう無いわけでむしろ農業以上に洗練された技術を持つ業界もなかなかない。
というのが事実だと思うからです。
トヨタがもともとカイコの生糸を紡ぐ機械の会社としてスタートしたのは有名なところです。
これからむしろ農業界が蓄積してきた技術、習慣、文化などをどのように持続可能な社会構造作りに役立てられるのかが重要。最近のSDG‘s ESG投資のムーブメントをそのように見ています。
農林水産省のスマート農業研究会では、スマート農業をざっくりICT+ロボティクスと定義してますが、スマート=賢いというだけに本筋はデータを活用して経営をする事でと思います。
ちゃんと利益を出す、その為に売上を上げる、コストを下げる、人を育てるなどなど。
ただ、これは使うひとの経営マインドに寄りますし、時間が掛かる面もあり、見た目で分かりやすいセンサーや農機自動運転やドローンなどにメディアの目は行きがち、また役所も任期中に形になりやすいハードウェア系をアピールしているだけなのでしょう。
この分野に実際に携わっている人達は、ちゃんと理解していると思います。
来週のICCサミットでこのネタを徹底的にやります!後に動画配信などもあると思うのでお楽しみに〜!スマート農業、まさにスマートであれば良いわけで、ある作物を収穫するのに驚くほど使いやすいハサミとかもスマートということになるんだよね。それが大物である必要もなく、ハイテクである必要もない。生産性が上がって儲かってナンボ。
自分があまり接することのなかった農機に関する情報の数々。この春からのスマート農業の実証プロジェクトなどで関わる可能性もあるので、興味深く読ませて頂きました。
来年の今頃には、農機のデータ利活用も、今までの経験を用いて、ある程度スキルとして蓄積しておきたい。
株式会社クボタ(英語: Kubota Corporation)は、大阪府大阪市浪速区に本社を置く産業機械(農業機械、建設機械等)、建築材料、鉄管、産業用ディーゼルエンジンのメーカーである。農機メーカーとしては国内首位、世界でも3位である。 ウィキペディア
時価総額
2.19 兆円

業績