新着Pick
691Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
社員の6割が海外とは、なかなか日本企業では見られません。しかもその原動力となった海外買収も、買収先が「買ってほしい」と言ってくる。

それは、やはり自社の哲学が染み付いているからなのでしょう。

堀場製作所は、東京では知られてないかもしれないですが、京都で取材していると、絶対に出てくる名前です。特に、創業者の堀場雅夫さんが、ポニーテールの白髪で登場して、舌鋒するどく日本の政治経済に切り込む強烈な姿は誰もが目にしています。

その創業者を受け継ぎ、グローバル企業に育てた堀場厚CEOも、その血を受け継いでか、言葉のセンスが凄まじい。他には真似できない表現で、物事の本質をついていく様が、歴史の裏付けがある京都ならではなのかもしれません。

ちなみに最新鋭のびわこ工場は、典型的な郊外のニュータウンである我が実家の直ぐ側に完成し、人口流出が続く地元の期待を一新に背負ってます笑。人生で初めて実家から経済取材に赴きました。
大阪のある大企業はありとあらゆるところにコンサル会社を使いまくってて、本当に心底びっくりしたので「何でこんなに!?」と聞いてみたら、「東京から遠くて情報が入ってこない」と。感性磨いて、自分で判断して、情報を作る側にならないといけませんね。

現代風に言えば、シリコンバレー程度の情報をメディアで知るとか、コンサル使って教えてもらうとか、ベンチャーキャピタルとか、そうやっているうちはダメでしょうね。それなら周りなど見ずに自ら考えた方がいい。
「おもしろ おかしく」「Joy and Fun」、堀場会長とのインタビュー写真の後ろにも出ていますが、堀場製作所の経営理念。「おもしろ おかしく」へのこだわりが今やグローバル企業となった堀場の企業DNAとしてイノベーションを生み出す源泉になっていると思います。日本企業でもこういった価値観を最上位概念として企業経営をしているところがあるのには勇気づけられます。

フランス企業を買収し見事に経営統合を果たしたこともある堀場製作所。京都とフランスの共通点・強みとして、職人の街、ニッチな街、それらへのこだわりを挙げていました。当該フランス企業は徹底的なリサーチをして自ら堀場を買収してもらう先として選定したとのこと。

京都へのプライドや誇り。フランスへのプライドや誇り。それは最初からグローバルを目指すという志。選ばれる企業の理由もこんなところにある。自分たちの事業への明確な哲学・こだわり・想いが堀場製作所や京都を差別化しているのだと思います。

そして、「おもしろ おかしく」「Joy and Fun」は、対談からも満ち溢れてきているように、堀場会長ご自身のセルフリーダーシップやセルフブランディングでもあり、それが社員に共有されている企業が堀場製作所であると観察しています。
注:ホリバリアン=堀場で働く人。

買収を重ねている企業ながら、核になる共通するバリューがあるから、「買収してほしい」という話が出てくるし、「ホリバリアン」というアイコニックな言葉が生まれるのだと思う。
工場の移転も、買収後の統合も、時間をかけて人の心を重視されながらやっているのが印象的。記事にはないが一番最初の写真の背景に移っている「おもしろおかしく」という社是(下記)にもつながる点だと思う。
『常に「やりがい」をもって仕事に取り組むことで、人生の一番良い時期を過ごす「会社での日常」を自らの力で「おもしろおかしい」ものにして、健全で実り多い人生にして欲しいという前向きな願いが込められています。』と下記で書かれているが、個々人自らが思うことからすべてが始まるというコアがあるから、それの自然体の結果なのだと思う。
http://www.horiba.com/jp/about-horiba/corporate-culture/

ちなみに、堀場は「技術領域」で事業をしている会社だと思う(具体的には計測)。島津も油圧・航空系を除くとそうだが、堀場の方が計測の手法を広くとっていると思う。
逆に、村田や京セラは技術手法(セラミック・焼成が中心。そこでの技術・経験を武器に素材全体や、電子部品全般に広がり)が事業領域の基本だったり、日本電産はモーターというモノが事業領域。
会社によってドメインがどうなっているかが似て非なるものだと外部から見る分には感じていて、でも何でもやるわけでもない。京都企業、ここらへんが見ていてとても興味深いといつも思っているところ。
堀場さん、とっても素敵な方です。
お世話になりました。
感じるのは、当たり前を疑う力です。

安くしろと言われたら、安くしたくなる
のが人情ですが、他に無い事を知っている
から、お断りをする。
お客さんは、他社に行っても結局戻って来る。

聞いて見れば当たり前ですが、しかし出来ない。
そこに京都のプライドを感じます。

良い物を作っている自信がそうさせる、
安く売らないから、こそ更に良い物を守り
育てる事が出来るのだと思います。
「そもそも堀場は、東京に追随するのではなく、世界を目指してきました」
「東京から500キロ離れているから、行政に働きかける機会がなかった。行政側にとっても、東京のうちの競合を呼んだ方が、時間的にも早いわけです。
だから、うちは行政に頼らず、自分の価値観で判断して、リスクをとって開発しないと生き延びることができなかった」

なぜ京都企業が強いのか、という問いへの答えになるようなインタビューでした。
市民性、地理、歴史、大学の集積、と要素はいろいろありますが、「意志の力」が大きそうです。
「おもしろ、おかしく」、いいですね。
堀場製作所のインタビューでは、企業文化が大切だということがわかります。「若いときは、企業文化をあまり信用していなかったんですよ。」でも「全然違うバックグラウンドを持つ人たちの共通項って、冷静に考えると企業文化しかないです。」と堀場CEO。

京都人は「自分の目で見ている」のが強い。横並び主義、前例主義、実績主義に負けない、信念がある。そういう教育が京都にはある。「探求心を育む堀川高校とか、御所南小学校とかでも、小学生が、自ら授業を取り仕切ったりしています」。
堀場製作所、証券会社時代に訪問したことがあります。話をした社員方々は、アジア情勢をよく勉強していたし、質問の視点も的確でした。もっとも印象に残っている会社の一つ。
pHメーター愛用してます。

人と被るのは絶対嫌、というのと自分たちで築いた文化に愛着を持っている、というあたりに「京風」を感じました。

あと自分の目で見る力が弱いというのはグサッときました。上だけでなくて現場レベルでもよくある話なので。
精進します。
堀場さんならではのインタビューでしたね。
当社は、ファンドの設定の早期から堀場製作所に投資をさせていただいていてもう10年くらいの長期投資になっています。

社是「おもしろおかしく(英語ではJoy and Fun)」は、京セラの稲盛さんからは、仕事で面白いはありえないだろうと言われたとか、、、。
でも実は、面白いと思えるまで仕事を極めるということで、稲盛さんも堀場さんも同じくらい仕事に真剣に取り組むということで共通しているのでしょう。

一次情報を大切に自分で考える、はとても大切なことですね。
その結果、本質を追求することになり競争力の源泉になっていく。
堀場の強さはそんなところにあるように思えます。

丁度、コモンズ投信では3月16日(土)に堀場会長にも登壇いただくイベントを京都で予定しています。この続きを知りたい方、是非、お越しください(笑)。最後に、ご案内で恐縮です。

詳しくはこちらから
https://www.commons30.jp/seminars/detail/767
この連載について
世界のテクノロジーが急速に進化していく中で、京都に居を構える企業たちがしたたかな強さを見せている。スマホから電気自動車などあらゆる先端製品で、欠かせないパーツを握っているためだ。京都企業の強さの根源はどこにあるのか。最先端をレポートする。
株式会社堀場製作所(ほりばせいさくしょ 英名:HORIBA, Ltd.)は、京都府京都市南区に本社を置く独立系の分析・計測機器大手。設立以来、分析・計測機器の総合メーカーとして、多彩な製品を世界各国に送りだしてきた。その分野は、自動車や半導体産業をはじめ新素材、エネルギー、鉄鋼、食品、バイオ、化学等々多岐にわたる。 ウィキペディア
時価総額
3,224 億円

業績