新着Pick
669Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
京都でしかあり得ない、実に痛快な取材でした。

ノーベル賞候補のガチガチの技術ベンチャーなのに、お話がコント風に進んでいくので、どんどん理解が進む、謎の快感がありましたし、何より日本発の発見をなんとか守るために、それぞれ大企業を投げ売って40代の3人が集まったことになにか真髄を見ました。

もちろん、起業を繰り返す、シリアルアントレプレナーの取材も面白いのですが、アカデミズムのど真ん中にいた人が、どうやったら研究成果をきちんと実用化できるのか考えた末、起業に至ったというのが、ビジネスの原初の姿ではないか、と。

ぜひ3人のリズム良い会話とともにご覧いただければい幸いです。
重要なポイントがいくつか簡潔に説明されていますね。
「ベンチャーがあって、初めて実用化が進む。その仕組みづくりにアメリカは成功した」
「産学連携が失敗してると思うのは、企業と大学が特許を一緒に出すことです。そうすると、塩漬け特許が腐るほど生まれてるんです」
「アメリカのサイエンスだと、大学発のベンチャーで教授が金持ちになって、それを寄付を大学にして、お金がぐるっと回っている」

考えてみれば当然のことで、新技術は画期的であるほど、旧来の技術を否定し、不要なものにしてしまうのでしょう。大企業であればそういう旧来の技術にいわば既得権益を持つ人がたくさんいるので、ベンチャーの方が新技術を全面的に取り入れられる、ということなのだと思います。
 大学のようなところだと、誰でも知っているような大企業と提携した、といえば、社会的な貢献が大きいように思われます。自分でベンチャーに積極的に取り組むと、学問や教育をおろそかにして金儲けに走っている、とも思われかねないでしょう。
 研究が何でも起業に結びつけられるべきとは思いませんが、大学の財政のあり方も含めて、日本の大学とベンチャーの関係の仕組み、というのはもっと考えられてもいいでしょう。
MOFは想定される用途が非常に多く、こと経済性が絡むと有用なテーマを絞り込むのが難しい材料と思っていましたが、MOFならではの特徴と経済性が両立しそうなガス輸送に着目しておられるのは面白い取組と思います。

1回生が実験できる場になっているのもユニーク。化学系の学生でも実は3回生くらいまでまともに実験できる機会が少ないので、この取り組みは教育効果も大きいですね。


なおMOFの細かい話は以前にこちらでも。
https://newspicks.com/news/3447413/
朝ドラ「まんぷく」のラーメン開発途上で、多孔質の高野豆腐からヒントを得たシーンばありました。MOFは、多孔質を利用してそこにガスなどを詰める。

なるほど、これまでのパッケージにこだわらなくてすむ。IoT時代の物流も視野に入れてデザインしているとは。すばらしい。

京都パワー、京大パワー炸裂です。
話も面白いが、研究→実用化の壁や、そこでの大学側の課題も分かりやすい記事。
そしてガスボンベを四角くするというのも興味深い。物流効率も良さそうだし、必要な量によってボックスの数を組み合わせることが出来そう(今のボンベが円柱状なのは圧力の関係だったと思う)。
ノーベル賞候補の京都大学の北川 進教授が世界の最先端を行く「ガスも貯蔵できる多孔性配位高分子」。
基礎研究や基礎技術だけではなく、実用化でも世界をリードして欲しいと思います。
起業ありきじゃなくて、起業するしかなかった。痛快!
多孔性配位高分子(MOF)の事業化。
すっと理解するのが難しいけど、研究とビジネスへのスムーズな移行の構築か、両方ともできる人材の教育または出現が待望されますね。

COOの片岡さんのサイレンス担当に笑った。
アトミスのお三方、ロックでかっこいい。
「学生もスタートアップの経験ができるようになると、もっといい流れができてくるんだろうと思っています。」

まさに、同じことを昨日、某大学からの帰り道に二人で話していました。共同研究とベンチャーがもっと身近になる事例を自分たちも作っていきたいと思います。
アカデミアな領域とベンチャーが混じり合っていく仕組み。そしてベンチャー企業が勃興する仕込み。京都、北海道、福岡あたりは大学もあり、行政やベンチャーと連携し、ますます新しいモノやコトが生まれていくのかもしれない。
お祭りに乗り遅れましたが、さすがにnewspicksがMOFを取り上げてくれたら嬉しすぎてコメントしない訳にはいかないです。

記事を読んで一番衝撃だったのは、北川研の人が「MOF」って連呼しているところでした。
MOFは、Metal-Organic-Frameworkの略で、記事中に出てくるOmar Yaghi教授が見出した合物。
北川先生は、Porous-Cordination-Polymerの略でPCPという呼び方を使われています。
記事の冒頭の「多孔性配位高分子」はこれの日本語訳。

当人たち以外には、「元祖」と「本家」の違いくらい、どっちも一緒やん、という話なんですが、だからこそ、北川研の人は、注意深くPCPという言葉を使っていた印象だったので、読んでいて変な汗かきました。

さて、PCP/MOFの産業化、といえば、BASFが有名です。
2012年には量産化に成功している、という報告もあります。
https://www.basf.com/global/en/who-we-are/sustainability/responsible-partnering/nanotechnology/research.html
しかし、僕はいったいこの量産されたMOFが何に使われているのか、未だに知らない・・・ただのマーケティングツールだったのか、実は色々使われているのか・・・

それはともかく、PCP/MOFが学術的にすごいのは、出てきてから20年くらいしか立っていないのに、BASFが量産化しちゃくらいには、如何にも実用化されそうな材料である、という点です。
なぜか?というと、PCP/MOFは、その名の通り、「箱」を作った研究だからだと考えています。
この箱のなかに、何をいれようか、と考えるところから始まり、箱の中身の出し入れを制御するとおもしろそうだな、とか、箱に入ることによって不思議な現象を起こすことができないか?という、様々応用を考えることができる。
広がりのある研究ってこういうことだよなー、とワクワクします。

でも、BASFが量産化した、と言っているのが本当で、ただのマーケツールだったのだとすれば、爆発的に伸びるかどうかは、やっぱり尖ったアプリケーションを見出すかどうか?ということだと思うので、アトミス社の目の付け所は、面白いかもしれません。今後が楽しみです。