新着Pick
1610Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
文中にあるとおり、京都の企業には、「真似をしない」印象があります。

「物真似をするようなメンタリティーであれば、そもそも京都に本社をおかない」
という話を京都企業の方に聞いたことがあります。

豆腐の概念を変えた、こちらの会社も京都です。
http://otokomae.jp/

こんな記事も出ていました。

LINE京都オフィスに応募殺到 企業に“京都ブーム”のなぜ
https://dot.asahi.com/aera/2019020600033.html?page=1

「いま京都市内でオフィスを見つけるのは至難の業」とのこと。
20世紀に始まった京都企業でも、先祖代々京都で商売をやって来た人が創業した、というところは多く、ここで挙げられている企業もそうだと思います。京都で代々やって来た人たちは、商人という生き方はどういうものなのか、という理解が抜きがたく染み着いていて、お家を存続させていくにはどう行動するべきか、という行動規範も身に着いています。
 一代で創業した人だと「金を残して何になる」という発想を時にはするのかもしれませんが、「お家を守る」という明確な目標があると、長い目で自社に損になることは絶対にしなくなります。それはやはり大きな違いで、京都の商人が、ツイッターで100万円をバラまいたり、全く手がけたことのない新規事業にいきなり手を出す、たとえばテレビ局を買収しようとする、といった挙動に出ることは考えられません。
 それに加えて、やはり京都は大学が20以上あって、人の出入りが活発で、東京以外で毎年こんなに若い人たちが集まってくる都市も日本にはありません。スタンフォード大学やヘブライ大学がベンチャー企業の集積のきっかけになったように、京都の商人の会社の周りを20万人以上の学生がうろついているという、組み合わせの妙はあると思います。
IT系やベンチャー企業が京都に拠点を開設する動きが目立っています。

なんで京都に?という疑問がわいてきますが、そこには人もモノも引き寄せて繋がり合う、不思議な魅力があるようです。

また、そんな京都は数多くの、世界レベル企業誕生の地だというのでますます興味深いです。

1週間特集をお楽しみいただくためにも、まずは本記事をお読みいただいて、京都や京都企業の強い精神を感じていただければと思います!
京都で人生の長い時間を過ごしましたが、ずっと地味、ニッチながら、世界のトップで活躍する企業が集まっていることが不思議でした。

特に、日本のハイテク産業が衰退する中で、なぜまだ急成長を続けられるのか、と。 やはり、ここには東京の企業とは異なる一つの「精神」があります。

そして、それは大企業、ベンチャー問わず日本の多くの企業にとってヒントになるのではないでしょうか。すなださんによる力作図解を是非ご覧ください。
「京都では人のマネをすると軽蔑される」とのこと。
確かに京都では、マネをする人は「マネしい」といってバカにされてました。
京都の企業の経営モデルについて解説された本としては、下記がオススメです。

京様式経営 モジュール化戦略―「ネットワーク外部性」活用の革新モデル
https://amzn.to/2SFZzOB

京様式企業は、オープン水平分業型のプラットフォームへの構造転換を的確に把握し、迅速に波に乗ったと分析されています。

⑴モジュール&インターフェイス方式
全てカスタマイズではなく、部品を組み合わせる
モジュール⇨カスタマイズ⇨独自インターフェイス⇨依存

⑵投資⇨標準化⇨プラットフォーム化⇨一人勝ち

一族経営だから、長期視点をもって経営・投資ができることは大きな強さ。

ビジネスモデル変革を長い時間軸をもって考え、意思決定できることは、
持続的に成長する企業に共通していると感じています。
”京都は地理的に霞ヶ関に遠いため、政治や官僚ではなく、実際の社会課題を見て本当に求められている研究・ビジネスを考えている。
だから、その時の政治や政策に沿っていないことも多々あり、遅れているように見られることもあるが、社会にとって本当に必要なことに取り組んでいるため、後から社会がついてくることが多い。”
京都大学の教授が仰られていた言葉です。
NPへのお世辞抜きに全日本人が一読したほうが良い。常々日本の希望の星は関西だと言っている理由がこれです。
村田製作所の国外売上比率91.9%には驚き。むかし「村田製作所は何を製作しているんだろう」というナレーションに乗せてロボットが自転車に乗っているCMにも、なんだこの会社!と思いましたが、また新たな!をもらったような。

伝統が続くのは、常にね、少しずつ変わり続けているから。そうでないと100年、200年続かないわと京都の老舗漬物屋さんに言われたのをあらためて思いだします。あ、あと真似はいかんね、ともおっしゃっていたな。楽しみな連載です。
大阪の企業は東京に本社移転をすることがよくあるが、たしかに京都はあまりなくて不思議だった。その理由が凝縮された記事。大阪本社のままでやっていく理由は何になるだろうかと考えたが、好きであること以外はまだ思い浮かんでない。