新着Pick
497Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
エイベックスも、乱立するスマホ決済に参入。まさに群雄割拠ですね。
特徴はファン向けの電子マネー「エンタメコイン」の発行とのこと。

欧米では、ブロックチェーンを使った様々なファンコインが発行されています。昨夏はNYドジャースが「ドジャースコイン」をスタジアムの来場客に配布しましたし、昨年末にはブラジルのサッカーチームが、ステーブルコインを発行すると報じられています。

こうしたファンコミュニティでのコインの活用は、過度に投機的な動きのない、ステーブルコインであれば、ポテンシャルは高いと思います。
ロイヤリティを高め、擬似的なシニョレッジを得るという様々な便益が生まれると思います。
エンタメコインがより使われる仕組みですね。単に決済、というだけではなく自身のコアビジネスと連携して、さらに業界にも呼びかけていくのはいいですね。

決済も使われなければ意味がないのと、利用頻度が大事なのでこのように既存のビジネスと連携していくのが、今後はより必要だと思います。
【共感と応援をつなぐ新しい仕掛け】

日本のクラウドファンディングには
初期に音楽ファンドのようなものが
多く存在した。

それは、単に駆け出しのアーティスト
がファンからお金を集めてCDを制作
する資金を集めるという「集金ツール」
にとどまらない、ファンとアーティスト
のコミュニケーションツールや、
ファンのコミュニティを作る仕掛け
として機能していたと理解している。

クラウドファンディングは、その拡大と
共に、既存の金融を代替する資金媒介
の仕組みとしての大きな役割を担いつつある。

他方で、かつては大きな比重を占めて
いた「共感」や「応援」という色彩は
クラウドファンディングからは消えつつある。

その「共感」「応援」「つながり」の新しい受け皿が
SHOWROOMのような事業だというのが
私の理解。だから、SHOWROOMは成長している。

今回のエイベックスの取り組みは、その大きな流れに
連なるものというのが私の見立て。

iTunesや音楽配信サイトの広がりとともに、
アーティストとファンは、実は以前より分断され
やすくなっている。だから、ファンはつながりを
求めてコンサートに行ったりグッズを買う。

これを直接つなぎ直してマネタイズを可能にする
ことはエンタメビジネスには不可欠。

それを可能にする今回の仕組みは、
デジタライゼーションの時代における新しい
社会インフラとなりうると思う。
こうなると、日本のスマホ決済は、完全にClosed-loop決済、つまりハウスカードがスマホ決済に置き換わったという様相ですね。
ただ、音楽配信に関しては、ハードがスマホになってしまっていて、ハードメーカー、すなわちAppleの脅威は大きいので、納得はできる戦略です、成功するかどうかは分からないですが…

エイベックスは2022年に決済高4500億円規模を目指す。
→4,500億円の決済に掛かるコストを超ラフに計算して1%の45億円、ポイントインセンティブに約70億円としたら、年間115億円のコストになります。音楽関連事業全体の規模間から考えて、115億円以上の価値を生むことは決して不可能ではないかもしれません。でも、ビジネスモデルの大きな変革を生まないと…ですね。
これは興味深い動きだが、
決済サービスは使える場所が多くないと「普段使い」されないので、

おそらく音楽ファンの一部しか使わないだろう独自決済サービスを維持できるのか不安を感じる。

「アーティスト限定グッズやライブなどに使えるポイントの付与が特徴で、音楽ファンの取り込みを図る。他の音楽会社などにも参加を呼びかける。」

もっとも、現在は十分な個人データが既存PFからもらえない(個人情報保護法が厳しすぎるのが原因であり、PF側の戦略ではない可能性が高い)というのは深刻な問題。
「音楽配信で楽曲が視聴されると、音楽会社には代金が支払われるが、提供される顧客データは年齢、性別などに限られることが一般的だ。顧客の好みなどを基にした販売促進などができないことが課題だった。」

結論としては、決済サービス自体への参入ではなく、
自社ライブ参加者への
ブロックチェーン技術を使ったサービスコインの発行にとどめるべきなのでは?
エイベックスがスマホ決済参入というと、このコンセプトの表層しか捉えていないことになります。私もタイトルだけ読んだときには、誤解しました。武中 康泰さんが貼ってくれている「エンタメコイン」有田社長インタビューが非常に参考になります。途中のエンタメコイン プロモーション映像を見ると、思想がわかりますね。どこまで実現できるのかはわかりませんが、コンセプトは素晴らしいと思いました。技術的な話で恐縮ですが、「熱量レベル」の元となる、アーティストの曲を歌ったり、動画サイトで曲を聴いたり、をどうやって紐付けるんでしょうね。動画サイトは、主要なところを押さえれば、なんとかなりそうですが、個人が曲を歌ったことを判断するには、常にスマホのマイクをオンにして、「SoundHound」みたいなものを使わないと。いずれにしても非常に取り組みとしては応援したいものでした。ということで、武中さんのコメントを一番上にしてください!
エイベックスは2022年に決済高4500億円規模を目指す、そうです。ファンとの絆づくりに決済をプラスすることで、チケットの転売防止にもなります。音楽業界はキャッシュレスに向かう。
エンタメコインは、仮装通貨では無い。どちらかというとQRコードを使った、従来型のSuicaの様な前払い式の電子決済システムである。
社長有田さんの発想としても、コンサートなどの物販会場での現金のみの決済による長蛇の列を解消したい事が、このサービスの発想の元になったそうだ。

エンタメコインのメインターゲットは、熱心にコンサート会場に足を運ぶ若年層だそうだ。勿論この層は、クレジットカードや、銀行口座を持たない場合も多い為、前払い決済システムとして、Pay-easyなどに近いコンビニATM入金も可能だそうだ。

そしてもう1つの柱はエールポケットというブロックチェーンを使った技術で、エンタメファンの行動を見える化するシステムだ。
アーティストというのは、矢張り自分を応援してくれるファンにお返しをしたい気持ちは何時もあるが、応援の度合いは、様々なので、これまで一定のお返ししか出来なかった。矢張り応援してくれただけサービスを同じ様にお返ししたいというのが、本当のところである。

其処で先述したエンタメコインの中に"エールの卵"という応援するアーティストの作品や、チケットを買うと付与されるポイントと、
"熱量レベル"という応援の熱さが見えるゲージを導入し
アーティストの曲をカラオケで歌ったり、YouTubeなどの動画を再生したり、SNSでシェアしたりなどお金を使わない応援を記録するポイントだそうた。この熱量の熱い人ほど"エールの卵"が孵化し、
エールとなって、応援するアーティストへエールポケットとなって
可視化され、その指標化された熱量に応じて、アーティストから
このサービスでしか得れない体験やグッズを届けられるそうだ。

正にファンとアーティストの循環型エコシステムなわけだ。
コンソーシアムな分散管理型システムでもあるので、
ある種のブロックチェーンの発想の根源に帰るところで、
エンタメコイン社による独占的中央集権的管理では、無く
アーティスト側もしっかりとデータを共有できる、
非常に民主主義的、平和主義的な発想だ。
アーティスト側もファンの情報を知り得り、
エンタメプラットホーム側も自ら金融システムも内包出来るという画期的なものだ。
ファンの応援行動は、PDCAというよりは、PoWのマイニングに近いらしい。勿論スマホファーストを意識したUI/UXにも期待したい。
音楽業界やエンタメ業界をベースに考えると、どうしても部分最適化となってしまって、全体普及にはなりにくい判断になるケースが出てきます。

そうなると、結局はGAFAのようなプラットフォーマーがスタンダードとなってしまい、同じことの繰り返しになりかねません。
エイベックスがスマホ決済参入。これは注目。若年僧中心にエイベックス所属のアーティストのファンは多い。そして、その世代はコト消費に慣れているし、そこから波及するモノ消費も少なくはない。現状で言えばLDHに所属するグループなどのファンが代表的な存在だろう。
関連記事一覧
エイベックス、TikTokと提携 2万5000曲を提供
ORICON NEWS
689Picks

エイベックスの社食でタレントが働く理由 - 社内で顔が売れて仕事につながる
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
687Picks

チケット価格変動「ダイナミックプライシング」エイベックスが音楽ライブに導入へ 専門企業に出資
ITmedia NEWS
170Picks

ソーシャルエンタテインメント時代の新スター誕生へ〜エイベックスのコンテンツのデジタルトランスフォーメーション
avex.com
53Picks

エイベックスが構想する新たな「エンタメ経済圏」 業界も国境も越えていく
Forbes JAPAN
51Picks

エイベックスがQRコード決済に参入。ファンの愛情を数値化
Business Insider Japan
30Picks

過度な期待が生む「使えないAI」、エイベックスは回避
日経ビジネス
16Picks

~エイベックスがPRサービスを開始~ エンタテインメント業界でのクリエイティヴ・ノウハウを活かし、業種を問わないクライアントへマーケティング・コミュニケーション・サービスの提供をスタート
avex.com
13Picks

元・女子高生AI「りんな」が新境地へ!エイベックスからメジャー・デビューが決定!すべての元女子高生たちに捧ぐ卒業歌『最高新記憶』を発表エイベックスとして初の人工知能(AI)アーティストとのレコード契約を締結
avex.com
7Picks

音楽×テックで今起きていること--エイベックスがピコ太郎からTikTokまでわかる勉強会(CNET Japan)
Yahoo!ニュース
7Picks