新着Pick
415Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
JINSが、雑貨屋を経て、ユニクロのフリースに影響を受けていたとは、知りませんでした。

大ヒットした「JINS PC」から、眼電位センサー・加速度センサー・ジャイロセンサーの3つのセンサーのついた「JINS MEME」まで、JINSは研究開発に力を入れている印象があります。

メガネ業界は他にも、急速に海外展開したOWNDAYS、世界で初めてメガネのサブスクリプションを始める田中チェーンと、激しく変化しているようです。
コンタクトという「脅威」があって、早くから危機感が高まっていたということでしょうか。

4月1日から全国のメガネの田中チェーン店舗にて、日本初・メガネのサブスクリプションサービスを開始
https://www.sanspo.com/geino/news/20181220/prl18122011210072-n1.html

余談ですが、JINSは田中社長、OWNDAYSも田中社長、田中チェーンは創業家が田中家...。
今では当たり前のように1万円以下で購入できるメガネですが、確かに昔は大事でした。その意味でJINSはメガネに価格破壊を起こしたわけですが、それからもブルーライトカットなど、ヒット商品を連発している点が興味深いです。

普段から使うにもかかわらず、なかなか考えたことがないメガネ業界ですが、研究開発に注力したり、海外展開にフォーカスする会社があるなど、各社で特色があり面白いなと思いました。

JINSの田中社長が言うように、誰もがメガネをかける時代が訪れるかはわかりませんが、スマホで目が悪くなり、純粋に視力が落ちてメガネを欲する人が増えているのではないかと思います。
ここ7年以上、ジンズでイノベーションを起こしたいと奮闘しています井上です。

ジンズは、メガネを『再定義』するために、唯一無二の研究開発機能を有し、新しいライフスタイルを提案し続けていきます。

田中さんは、ずっと首尾一貫してこのことを仰り、会社をあげて形にするべく邁進しています。

なんとなく安いメガネ屋、というイメージだけの方も多いかと思いますが、日本初のイノベーションを起こせる数少ない企業だと手前味噌ながら思い続けています。

ぜひご一読下さい!
2015年のJINs田中社長のイノベーターライフに、記事に出ている文脈が色々書かれている。
国内でのメガネの再定義と併せて、海外展開に期待している企業。
https://newspicks.com/news/956526
価格でリードするプレイヤーがいると困るのはまさにこの業界成長率を下げる点です。付加価値がなく顧客のメガネの関心を「なんでもいいから安くていい」と鈍化させてしまうのです。
その後JINSさんは気づかれて視力以外もターゲットにするわけですが。
まさにハズキルーペ含め業界の成長率を上げる事ができるかに関心があります。
ーー

メガネの市場規模そのものも、うちが2001年に参入してから右肩下がり。約6000億円あったのが2009年には約4000億円ですよ。3分の1が消えていたんです。
もちろんその一因はうちにあって、単価を下げたからですよね。もちろんJINSは成長できましたが、メガネは洋服のように枚数を買ってもらえるような商品ではありません。
メガネの再定義、という意味では「メガネスーツ男子」のニーズがかなりあるので、「伊達眼鏡」はファッションアイテムとして浸透したと思います。

またブルーライトが視力と関係ない、という研究が発表されているものの、万が一の保険としてオプション購入する心理を突く戦略も見事ですね。

フレームが軽い、曲がる、という機能性も、過去のメガネにはない発想です。テクノロジーとのさらなる融合が楽しみです!
メガネ市場。
記事中に懐かしい話も。確かに1990年代の韓国旅行ではガイドブックにメガネを作るパートがあった。。。
視力が低い人に限定せず市場を大きくとらえる、は確かにイノベーティブですね。メガネじゃなくて、アイウェア事業と名づける点にも通じている。

とはいえ、、、霞が関のひとたちのメガネ比率の高さが気になる私。やはり夜中の対応などでコンタクトだとつらいのかな、と思ってみたり。働き方改革で官庁のメガネ比率が変化するか、注目してます。
商品の価値を再定義することの素晴らしさが実感できる記事。

ハイボールもウイスキーの飲み方を変えてヒットした。
かつての任天堂はゲームのユーザーを再定義した。
ダイソンは家電にデザイン性を持ち込んだ。

ヒットはゼロベースのようで、再定義から始まっているように感じられる事例は数多くありますね。
JINSさんが開発した運転中の眠気を察しする眼鏡を買いました。
眼電位センサーと6軸センサーが、疲労や眠気に伴うまばたき・視線の変化と頭の動きも捕捉して、教えてくれます。
まだ大きいのと、デザインがいまいちでしたが、視力の矯正以外が目的でした。
これから、もっと、もっと、面白い眼鏡が出てほしいですね。
JINSさんのチャレンジ楽しみです。
作業中はメガネします。
あと、花粉の時期も。
「目の保護」という意味で、ひとつ持っててもよいと思いますね。上記意外にも天ぷら揚げるとき、酸/アルカリ洗剤で掃除するとき、などなど、日常的にもメガネした方がいい場面は結構あります。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別インタビュー