新着Pick

キットカット抹茶味がドンキで売れる理由

PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
894Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
金言だらけの素晴らしい記事ですね。

---------------------------------------------------
ネスレ日本の社員を対象に、勤務時間の使い方を調査し「考える」ことに使っている時間は7%程度。この結果にはショックを受け他の社長に話したら、「多いほうではないか」と言われてさらにびっくりした。
---------------------------------------------------

つまりは課題発見力が育っていないという仮説は同感ですね。

ガムが売れない理由、車やビール離れと、身近な事例があるので、考えられることもこの記事のメリットですね。
マーケット感覚を磨くのに最適な記事!
新たな課題や価値を発見する能力こそマーケターは磨きたい。

自分独自の切り口でマーケットを分析するためには、日常から疑問をもち、定説を疑うこと。

記事内で紹介されている例

・ガムが売れない理由はスマホにあり?
→ガムを暇つぶしのために購入していた人が多かったという仮説

・ビール離れの理由は、今の若者が飲まなくなったからではない?
→ビール意外の選択肢が増えただけという仮説

知っていることより、自分独自の仮説をもっていることが大切。
キットカット抹茶味がドンキで売れる理由は4ページですが、その前にある、ビジネスパーソンの思考について勉強になりました。
先を見る力をどう養うのか、落ち着いて考えたいです。
高岡さんのネスレ日本、強いです。
タイトル以上に、とても学びある記事ですね。
ある事象の本質は、「変わらぬ人間の欲求」と「時間とともに変化する社会潮流」の掛け合わせで成り立ってることがわかりますね。
ガムを食べない若者=ひまつぶし欲求×スマホの急速な普及
というように。
捨てたり残すのは丸ごとでなく、バラして組み替えるときに見えてくる「日本ではよく「古くても良いものは残すべき」という話がありますよね…具体的に何を残し、何を捨てるべきかを誰も言ってくれないからです。おそらく言っている本人も分かっていないのではないでしょうか。」
なんか面白いことを言っているのかも?そうでないのかも?
株式会社ドンキホーテホールディングス(英語: Don Quijote Holdings Co., Ltd.)は、主に総合ディスカウントストア等を展開する日本の持株会社。 ウィキペディア
時価総額
1.09 兆円

業績