新着Pick
554Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
これまで10年以上にわたり、企業の採用活動と学生の就職活動に関わってきた中で、学生に知ってもらいたいことのエッセンスをまとめて、寄稿させていただきました。

就職活動をされる学生の皆さんはもちろん、採用活動に関わる皆さんにも意識してもらえたらと思います。売り手市場なので、学生側がテイクの話だけをしても、「向上心があって素晴らしい」としてしまう傾向もある気がします。

「向上心は大前提として、誰にどうギブしたい?どんな課題を解決することに動機があるか?」という質問をしながら、自社のミッション・ビジョン・価値観との接点をすり合わせるような採用活動ができると、学生にとっても、考える機会が増えて良いのではと思います。
これは是非学生に読んでもらいたい記事。就活はともすればハウツーに意識が向いてしまいますが、実際はさまざまな企業と接点を持ち、自分の価値観や志向、適性と向き合う貴重な機会。

「正解を探そうとせず、正解にする努力を」というのは、まさに。会社を選ぶというのは、ギブへの登山ルートを選ぶようなもの。道は一本ではないですし、思った通りでなくとも多少険しいルートを選んだということ。努力次第で正解にできるはずです。
いい内容ですねー。

確かに、ひたすら自己成長だけを考えている学生の方と、力をつけていずれは何らかの方法で会社や社会に還元したいと考えている方だと、後者の方が圧倒的に魅力的に見えます。
また、利他の心があるからこそ人格的にも成熟しやすい気がしています。

就活中の学生の方に限った話ではなく、社会にそんな大人があふれると、社会はもっと良くなっていきそうですね。
自分のフィーリングに合う人が多いかどうかが重要。
要するにその仕事を「面白そう」と感じるかで決めればいいと思います。
就活生の皆さんには、弊社のデータ(評点)もぜひ参考にしてもらえたらと思います。未上場会社や中小企業の中にも、キラリと光る優良企業は少なくありません
学生時代にGoodfindさんには大変お世話になりました。部活をやりきることを優先してインターンはできませんでしたが、講座を受けたりお話をさせて頂いたりする中で見つけた貢献出来る人材になる、という思いはその後社会人として過ごし、転職をする中でも強い軸になっています。
”興味・関心は知識量に比例する”というのは完全に同意。そして知識に経験(インターンなどで得られる)が加わって知恵になると、直観力が身につきます。就活生の皆さん、この記事を参考に頑張ってください。
【人事戦略デザイナーの視点】

大学の入学式で学長が語った祝辞が、私のビジネスパーソンとしての考え方の礎を作ってくれました。

その言葉とは・・・

「世の中で成功する人は皆、自分に起きた偶然を必然とに変えてきた人たちです」

他の内容はすべて忘れましたが、このフレーズだけは強烈に記憶に残りました。
正解にする努力というのはそうですよね。いまいる環境で最善を尽くし、考え続けることもキャリアを形成していく上では大切なことだと思います。ブラックな会社にはい続ける意味はないと思いますが。

また、自己分析というのは働くためではなく、どのように自分の人生を主体的にいきていくかの観点で取り組むべきかと思います。
100%同意です。