新着Pick
936Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
未来が予測できないことだけはわかるから、「○○だ」「△△だ」という、次から次へと出てくる言説に振り回されないようにしたいもの。
あえて言えば、熱中できることを見つけてほしいなと思います。
①期待を減らすこと
期待値が下がるほどそこから対象を肯定的に捉えることができるので、期待しない習慣があるだけでポジティブで感謝の溢れる心が手に入ります。
♪当たり前?? 過去と他人は 変えられぬ

②自己犠牲を減らすこと
無理は続かないし、心のゆとりがなくなるほど仕事や対人関係が上手くいかなくなります。人を大切にしたければまず自分を大切にするしかないんですね。
♪後味の 悪い努力は 自己犠牲

③先入観を減らすこと
自分がどう思うかよりも他人がどう思うかを優先するから迷子になるんです。みんな現在地も目的地も違うんですから誰かの近道が自分と同じとは限りません。
♪何事も やってみなけりゃ わからない
明確に「これだ!」と言っていないのですが、それが正しいのですよね。
世の中の仕事にもライフサイクルがあり、それに伴い学ぶべきことにもライフサイクルがあるので、やるべきことなんて定義できない。今の学生に「これ、やったほうが良いよ」とは言えても、学生予備軍の子供にはそれは通用しないということですね。

大人が思っているよりも子供って優れた着眼点を持っているので、子供の言動に否定から入ってはいけないですよね。違和感を感じても、何故違和感を感じるのか考えると大したことなかったりしますし、逆に「それ、いいね!」と子供から学ぶことも少なくありません。子供の成長を通して大人自身もアップデートしていかないと、いつか大人は子供の足枷になってしまいそうなので、そうならないためにも、大人の成長は止めてはいけないと思います。
論理性と創造性でしょうね。

電卓の登場で計算能力が日常でさほど必要で無くなったと同じく、決められた論理的思考はAiが担ってくれる。
そのAiを誕生させるには当面、最初のアルゴリズムに関わるアーキテクチャーの存在は必要。
ここで論理的思考が必要となる。

時間が経てば、Aiは自己学習で自らの論理構成を変化させる。
そこで、そのAiに何をさせるかの目的や意義を創造する人間が必要となる。だから創造力。

本編から離れても、音楽や絵画を通じて子供が創造的な感性を磨くことは重要ですよね。
そもそも「身につけさせる」なんて実に独善的な発想ですが、強いて言えば、能力を自ら身につけるための能力でしょうか。
原文をみたら’your kids will need for the future’(将来のために必要になろう)でした。NewsPicksの訳の問題ですね。
最後にナゼあの映画?

(Sean Pennが面白かったやつですねぇ)
10年後、20年後、働き方は全然違ったものになるだろうし、それにあわせて教育も変わる。
未来の教育をマクロで捉えてて面白い。じゃあ、具体的にどうしようと考えて踏み出したい。
システムを理解し、共感しデザインし、複雑な概念を伝え、コラボレーションしてチームで成果をあげる。子供ではなく、今のビジネスで必要な力ですね
AIが発達した未来では、
・どんな仕事がなくなって
・どんな仕事(人間にしかできない仕事)が重要になるか
という記事は多い

ただ、人間がチームで仕事をデザインする事が重要になるという切り口は面白い

専門職と違ってゼネラリストは、そのコミュニケーションスキルやアイディア力とか、スキルを定量化しにくいから評価が難しいし、テストも難しい
「身につけさせる」とか「べき」とかではなく、子どもが向ける興味関心に時に寄り添って、時に見て見ぬフリをして、とその時々で適度な距離を保つことに専念したほうが良いのではないかと思います。