新着Pick
740Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
2019年バージョンの髪がふぁさーってなびいてる写真の決定版をNewsPicksとコラボして撮りました。インタビューの内容は、かつてないエモさ、最近の明石の心情がフレッシュ生搾りです。必見。
前回の中田敦彦さんに引き続き
「壁の超え方」がテーマです。

明石さんには、
今までに表に出していない話を聞かせてほしい、
とお願いしていました。
どんな話をしてくれるのだろうか、
とドキドキしていましたが……
今が一番の“壁”という思いがけない言葉。
その理由とは?

また、根性論ではなく、
物量をこなす経験の大事さにも激しく共感。
それはできれば20代のほうがよいと
個人的に思います。

今、大なり小なりの課題感を抱えてる方へ、
可能性を拓く勇気を感じてもらえると幸いです。

ぜひご一読くださいませ。
明石さんはクリエイティブな仙人のような人。孤独と行動の中から編み出した箴言が深い。

「小さい歯車に、何度も大きな問いかけをすることで、ほかの歯車を巻き込んで、社会とかみ合っていく瞬間があるんですね」
振り返ってきたことを数字として見える化するって大切ですね。積み重ねてきたことが糧になるし自信になる。こと、チームでマネージャーやリーダーやってる人は特に。僕もwhyを積み重ねていきたい。
これはよく分かる。
目の前のことに一生懸命な時って日常の仕事の中ではなかなか進歩を感じられないけど、ふと1年前のことを思い出したりすると、だいぶ変化したなーと実感できるってことはベンチャーあるあるだと思う。

>大きな一歩がフィーチャーされがちですが、自分は前に進めているのかな、と悩んだときこそ、あえて後ろを振り返るのが大事なんだとそのとき思いました。振り返ると、結構な距離を歩いてきたことがわかりますから。
この記事、ロートなだけでなく…一番最後にある
「ロート製薬の発毛剤「リグロEX5」による連載です。」
がミソ。見事なオチとNPを利用したセンス芸。座布団一枚!
はさておき…

明石さんの言う「WHY」はまさにその通り!
制作段階の「WHY」はもちろん、企画段階での「WHY」。そのもっと前の段階でも「WHY」。そして、「WHY」の共有。
先日のAbemaの議論でも、猪瀬さんが連呼されていた「大義」とも通じますね。
自分も問うていきたいです。
ガクトさん@gakuto_akashi !
動画2.0とか読むとここまでの道のりもそんな平坦だったわけではなく挫折もありながら、whyを突き詰め最後まで諦めなかったから今の成功があることがよくわかる。

一度だけご一緒させていただきましたが、ご本人はとても謙虚で、かつ、プロとして妥協されない方だったのでとても尊敬してます。
—-
重要なのは「どうやって(How)」とか「何をすればいいか(What)」ではなくて、「なぜ(Why)」だと思うんです。つまり、「なぜ俺はこれをやりたいのか」「なぜ社会はこうなっているのか」。 Whyを続けることで、問いをどんどん大きくしていくんです。
なぜロートがって思ったら、そういうことか。これを企画した営業担当がすごい。俺も髪、伸ばすかw (それだけじゃないコンテクストもあるんでしょうけど)
なぜ?から始める事。大量行動は思考を超える。(男性の場合)自分の事を僕と呼ぶ。これは出来る男性の三大条件だ。
いろんな意味ですごい記事。。。