新着Pick
70Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米中対立が激しくなっている今が中国との関係改善の良い機会。日米同盟が軸ではあるけど、全てを米国と共にする必要もない。上手く立ち回るべき。
安倍首相が習近平主席に、今年2回の訪日を要請したのは、日本からの日中関係改善のアピールだと言えます。中国との関係を改善しておけば、外交のポイントが稼げるとの思惑があるでしょうし、その背景には、経済界の圧力もあるかもしれません。
昨年10月の安倍首相訪中当時、米国内には、「日本が裏切った」という見方もありました。さらに、インド国内にまで、同様の見方がありました。現在では、米国内のこうした見方は鎮静化しているように見えます。
日本には日本の国益がありますから、米国と全く同様の外交を展開する必要はありません。しかし、日本は、2つのことを考えなければなりません。
1つは、日本の長期的な目標(願望)は何かを明確にすることです。もう1つは、日本の願望を達成するために使用できる資源(能力)と限界を分析して理解することです。
障害物の有無にかかわらず願望に向けて真っ直ぐに進むのは、覇者の振る舞いです。現在の国際社会で、相手や周囲の反応を気にせず、思いどおりに行動できるのは、米国ぐらいでしょう。
その他の国は、中国も含め、願望と能力の調整をしなければなりません。その調整を「戦略」とも言います。
日本は、どのような国際関係や秩序を望むのかという方向性を見失わず、どのような課題を克服するために日中関係を改善するのか、しっかり理解しておく必要があると思います。
昨秋の政財訪中が成功だったのですね。米中の対立、EUの混乱、朝鮮半島の流動化。日本にとっても世界にとっても日中関係は重要なポイントとなります。
中米貿易戦争の決着程度次第だが、来日してもらって話をするのに今は良い時期だと思う。

中国も対米問題や経済運営で相当苦労をしていると思われるので、日本に対しても今までのような接し方でなく、習近平氏も思わず本音を漏らしそうだ。

中米摩擦や北朝鮮問題は、日中で話し合っても仕方がないので、それ以外の日中ビジネス方面で、何か新しい連携の種が見つかるかもしれない。
ほんとうはG20訪日は一回であり、その前に新しい天皇との面会、現天皇との面会もあり得る。
天皇と面会する場合は正式訪問にして、
G20の訪日は、仕事上の訪日にする。
二回訪日してもいいと思われる。
新天皇と初めて会見する「国賓」は誰になるんだろう。それが習近平主席、ってこと?
6月のG20以外に秋に国賓としての来日を依頼しているようだ。国家主席の年2回来日は、実現すれば、2008年当時の胡錦濤国家主席以来とのこと。
安倍首相のこういう外交センス(首相のブレインによるものかも知るないけど)はいいと思う。日本の地政学的なポジションを有効に使って日本の存在意義を高めるのは、国際政治、安全保障、経済面でプラスになる。
南京の件は撤回してほしいですねぇ。