新着Pick
166Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本日と明日のイノベーターズ・トークは、熊本県合志市で行われている「市民クリエイター塾」を主宰する柳井研さんに注目します。柳井さんは、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなどを制作する大手クリエイティブプロダクションの幹部でプロデューサーです。

このプロジェクトは、合志市の町おこしの一環なのですが、塾の運営は映像制作大手のロボットが行なっており、一般市民を対象に、動画の理論から撮影技術までを1年間に渡って講義するという、本格的なクリエイター養成講座となっています。

すでに映像制作は全くの素人だった主婦の方などが、地元企業からビジネスとして映像制作を請け負うなど、プロのクリエイターが誕生しています。

ゼロからプロ級の動画を作るコツも聞いております。塾生が作った作品映像とともにご覧ください。
「専門誌の調べによると、55%の自治体の年間プロモーション予算は500万円にも届かない水準です。100万円以下という自治体も多くあります」

「実際農家を回ってみると、みんな高齢で、iPhoneも持っていない人がほとんどです。実際、農家のおじいちゃん、おばあちゃんに、『教えるから映像を撮りませんか』と一生懸命に話をしても、『そんな暇じゃない!』と、怒られてしまいました(笑)」

ここからスタートして、実際の作品までつながっているというのが、驚きです。
「僧侶の塾生が音楽を担当したNIKEのWeb映像」を観ましたが、なるほどと思いました ^^

「この名産のPR映像を撮っているのは地元の中学2年生です」「この画像を撮ったのは地元のお坊さんです」という話が実現しつつあるのか、と。
合志市の市民クリエイター育成の取り組み。教育で地方創生はできるのかという大きな問いへの一つの解答です。自分で稼いでいる市民クリエイターの方がすでに育って本当に素晴らしい取り組みです。

エンジニア、クリエイター人材が不足していることはどの地域でも共通ですが、人材育成に本腰を入れる自治体はほとんどありません。大学や高校がやってくれるという思考停止の期待ばかりが広がっています。

そうではなく、新たな公共の役割として、今の時代のその地域に必要な人材を育てていくことが自治体には問われていると思います。合志市に留まらず、同様の取り組みが全国に広がることを期待しますし、逆に広がらないと人材ギャップは埋まりようがないです。
地方創生では産業を作るために移住促進を求められるんですが、これは本当に非現実的なことだと思う。東京にいる超優秀な人を食わせていけません。それだけを求められるとお断りするしかないんですよね。
でも完全移住でなくても柳井さんのように月二回でいいから○○をしてほしい、といえば手伝ってくれる人はたくさんいるはず。こういう人を何十人も作れば一気に産業のタマゴはできると思います。
"「合志市は主要産業が農業だから、東京のクリエイターに引っ越してきてもらって、農業をやりながら映像制作をしてほしい」"
地方の人材育成に参考になります。いろいろな能力のある人が地方にはたくさんいる。その能力を引き出し、地域の活性化につなげる。教育の場が大切ですね。

合志市の市長とロボットさんの協業で生まれたユニークな地域創生です。
ロボット柳井くんは僕の中高の同級生かつバレーボール部の同期でした!柳井くんが部長、僕が会計(?)でした。何か嬉しい!
クリエーターの育成は今後かなり重要になると思われますので、そこにいち早く着目して動き出したのは素晴らしいですね。Adobeが”クリエイティビティの民主化”を掲げ、コンテンツ制作アプリにMAツールなどを加え、価格もサブスクに切り替えましたが、その背景にはYoutuberやインスタグラマーを始めとするクリエイターの増加があります。コンテンツを制作するのって、少し前までは特別なスキルを持った人に限定されたお仕事だったと思いますが、今は誰もがコンテンツを作れる時代であり、そのうちコンテンツを作れないことがフリになる時代も来ると思われます。そんな時代に”生き残る”のではなく”勝ちに行く”スキルを学べる仕組みは、とても需要がありそうです。
面白い。自分達で出来ることが増えると、選択肢が増える。一方で、まだ出来ないことにも気づいたり。ローカルからグローバル、グローカルな時代。その地に住む人がアクションを起こす人が増えるのは良いこと。
面白い
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。