新着Pick
840Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
co-livingでいうと、日本でも定額で全国複数の拠点に住み放題になるADDressなどが出てますね。地方から東京に行っても職場以外では人とのつながりを作りにくいので、co-livingやco-workingでナチュラルにそれができていくのは理想的です。
そういえば、大学院生時代は五人でコ・リビングでした


と、言うと何かステキなのですが、家賃重視で単にルームメイト4人いたということです 出入りも多く、人種国籍性別性格(年齢は近いです)、まーあいろんなヒトがいましたねぇ ご想像通り、トラブルの主原因は掃除・騒音・お金ですかねぇ でもイロイロ良いこともありましたねぇ 昨日、ハワイ在住50+年の日系一世マダームお二人に、若い頃の事をネホリハホリ聞かれて思い出しました

メリケンのヒトは大抵、学生時代にルートメイトと住んだ経験があるので(最近は豪華個室寮もあるようですが)、馴染みやすいのかもですねぇ、こういうの
面白い考え方ですし、フットワークの軽い世帯なら柔軟に対応できるのではないかと思います。ただ、”類は友を呼ぶ”ではないですが、同じ様な人達が集まる傾向にあると思います。同じ様な家族形態、同じ様な年収、同じ様な年齢などなど。当たり前ですよね、コ・リビングが流行れば数あるサービスの中から選んでもらう為にターゲッティング広告する訳ですし。それら同じ様な人が集まると、気軽さ反面、多様性を失うのではないかな、とも思います。例えばマンションに住んでいると、一回り上の世代が子供の中学受験に悪戦苦闘している様子が見れたり、ご年配の方が頻繁に孫を呼んで楽しそうにしている様子が伺えたり、女性二人暮らしで仲良くしていることを見かけたりします。

人と人の繋がりと言うと、カンタンに聞こえてしまうかもしれませんが、そこに多様性が失われないように注意が必要です。
要するにシェアハウスなんだろうけど、こういう所に住める人と住めない人とがいる(性格的に)ってことを認識しないといけない。住むところでは誰の目にも触れられたくないという人間が一定数以上いる。協働で住まわせれば解決という考え方自体が、所詮所属のコミュニティ概念から脱却できていない証拠。
コ・リビングやってみたいと思っています。子育て世代にとっても例え子供が増えたとしても、大人の手も増えるのでメリットは大きいと思います。特に日本のような長時間労働、時間外会合が多い場合。またベビーシッターや家事サービスを使うにしてもシェアはコストが安い
住宅のシェア、オフィスのシェア。シェア注目。
ストライプインターナショナルが求めているのは、
シェア ロジスティックです。
ずっとずっと人類は集団生活を送ってきましたから、如何に便利な世の中になろうともぬくもりやつながりなしに生きるのはしんどいかもしれません。集団生活を快適に送るためには信頼と期待、助け合いと依存、そして愛と必要を混同しないことです。対人関係が破綻する原因の多くはそれらを混同するせいですからね。

まず信頼は"相手"の思う通りにという願いであり相手に自由を与え、期待は"自分"の思う通りにという願いであり相手の自由を奪います。同様に信頼と愛と助け合いは相手に自由を与え、期待と必要と依存は相手の自由を奪います。期待を信頼に、必要を愛に、依存を助け合いに変えるのは、自分で自分を大切にする覚悟と努力です。
つながりが薄くなった今だからこそ、つながりを求める場は今後も増えそう。

コワーキング、コリビングのように、今後もコ○○が増えていきそうですね。コ風呂といえる銭湯は家にお風呂がある人も含めて人気だし。
広がるコリビング。勘違いしやすいのは、誰とでも深い繋がりをつくる昭和的なウェットな関係ではないということ。あくまである程度、趣味嗜好が近く一緒にいて学びのある選択的関係が重要視されている点。
家に書斎が無いのでコ・書斎を求めてさまよってます。勉強カフェは、以前はビジターでも楽に入れたのに最近は会員さんでいっぱいですと入場断られる。
司法試験、FP、公認会計士のテキスト広げている大人も多い。