新着Pick
548Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
iMacが熱狂的なファンを産んだように、Appleには定期的に「Apple信者」をプロダクトによって創り出すサイクルがありました。

私もiPhoneと出会って以降はずっとiPhoneですし、MacBook Airを使っている人も同じことだと言えます。

その点で言うと、「熱狂」を生み出す製品が2011年以降生まれていないんですよね。

Appleからのワクワク感が確実に失われてしまい、築き上げたブランドの山頂から徐々に下山しているフェーズとも言えます。
Appleの手法については学ぶことだらけです。僕らはついつい「点」で捉えてしまいますが、彼らはおそらく、最初に「線」を描き、それを追いかけながら軌道修正をしているようです。直近で報道されている「Appleショック」も、それは「伸び悩み」であったり、シェア下落であったりで、決してAppleという会社の存在感が縮小したわけではありません。その元凶となった中国市場では、サムソンの存在感が完全になくなりましたが、Appleはいまだ毎日のように報道や話題の的になっています。

Appleの戦略のすごみが端的に分かるのは、目前の、端末販売台数競争を避けていることです。彼らの端末の種類はせいぜい十種類前後。日本のメーカーのように、次々と品番を起こすような愚を犯しません。またついつい値を下げる方向に行ってしまうところを、逆張りで踏ん張り、会社の業績をさらに伸ばし続けています。そして極めつけは、教育や医療など、社会ニーズのど真ん中に徹底的にこだわり続けている点です。この三点をキープできている限り、業績悪化やシェア後退に直面しても、まだまだ打ち手はたくさんあります。「点」ではなく「線」で経営するという高度なレベルの会社には、学ぶことだらけです。
僕は、逆にこれまで長い間、IPHONEの人気が続いてきたことが本当にすごいことだと思う。日本市場で、マイナスになっていることは、これまでの傾向を考えると驚きだけど、考えてみれば、あれだけ高いものをひんぱんに買い換えていることが異常。もうカメラくらいしか、革新的に変えられるものがなく、かなりネタが尽きてきていると言える。アップルはそれでもものすごくユーザのロイヤルティが高く、相当のデータがI CLOUDに蓄積されているはず。こうしたデータを使った事業をどう展開できるかが、僕が期待しているところ。
クック氏の回答も一側面としては合っていますが、どれも真因ではないですね。しかも、それが真因ではないことも、クック氏は分かっているでしょうが、それを言うと自分の存在価値を否定してしまう。そして、クック氏は分かっていながら、その対策が打てないことが喫緊の課題なんだと思います。
iPhoneもMacBook Proも持ってたけど、今はスマホファーウェイたしパソコンはLenovoに変えちゃった。

Appleである必要性は今はないよねー
世界的にはSAMSUNGとHUAWEIが売れまくってるので、強豪が伸びてきたという感じなのだと思います。それにしてもHUAWEIは諸々あって、今後のスマホ市場の趨勢は変わりそうですね。
Jobsが亡くなってからスペック上は高機能化しているiPhoneには新たな体験という付加価値がつけられてない。スペックをどう活かしてより便利な生活ができる価値を定義できるかだね。おそらく端末ではなくて、ソフトウェアやサービスが肝かと。
ごく端折って言えば、これからはアップセルによる販売利益の四半期ごとの最大化ではなくて顧客セグメンテーションを念頭にハードとソフトのミックスでセグメント毎の顧客生涯利益の最大化を目指すのだと思います。
不調の原因に日本の制度変更
ーー
クック氏は業績発表後に行った電話会見の質疑応答で、iPhoneの不調は、為替の問題(米ドルが強すぎた)、日本を含む一部地域で補助金システムがなくなったこと、バッテリー交換プログラムの値下げでの実施も要因だと説明しました。
スマホが世界的にコモディティ化している中、「高級機」としてのiPhoneはどんな戦略を持つのか、成長という意味では、ヘルスケア含めてサービスの領域を広げつつ、アップルウォッチやスマートスピーカーも売っていくような方向なのでしょうね。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
106 兆円

業績