新着Pick
730Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
エンゲージメントの重要性が叫ばれ始めて久しいですが、これって要するにマーケティングなんですよね。
自社をプロダクトと考えた時に、採用に反応して従業員になってくれるか?ロイヤリティ高く働いてくれるか?ということですので。

環境を整えることは最低限の必要要素ですが、その次に、自分の会社のファンになってもらえるか?自社と同じ価値観を共有してもらえるか?が勝負なわけです。
本記事の内容とは関係ないのですが、ここ数年ほどプロフェッショナルの会社に依存しない働き方が多様化していることを実感しており、そう遠くない将来には「会社」というものが現在ほどの意味や重みを持たなくなることを改めて感じています。
各プロフェッショナルが複数の会社やプロジェクト等と契約を締結し、その専門性を提供するようになるなか、特定の会社が高付加価値のプロフェッショナルを惹きつけ、Win-Winの関係を維持し続けるためには何が必要なのかを常に考えています。
報酬や成長機会などはもちろん重要ですが、それはもはや会社のみが提供できるものではなく、プロジェクト等にも期待できるものとなりつつあります。では、会社という永続的な存在こそが提供できるものは何かというと、それはやはりミッション・ビジョンであることは言うまでもありません。
ミッション・ビジョンは決して従業員に対してのものではないものの、今後会社が商品市場・金融市場のみならず、労働市場においてもより激しい競争にさらされていくなか、この点は忘れてはならないと常に考えています。
AI全盛時代を迎えるにあたり、興味深い記事。最後の段落のオリジナル英文のタイトルは ”New workers, new innovations” です。この記事はイノベーションを起こすという文脈で読むとさらに面白いと思います。
現場を見ていると、強い個人がどんどん大組織からスタートアップや個人として活躍する流れは加速することは間違いない。

ただ、個人やスタートアップにはやりにくい領域や大企業だから大きなインパクトがあるのは変わらない。

社会としては、ヒトモノカネ情報が組織の垣根なく、新しい取り組みや事業を作れるインフラをどう描くかが最も重要。
人生、100年と言われる時代になって、雇用主と従業員との関係ってすごく変わっていくうのだと思う。雇われているという受動的態度は今後は、通用しなくなると思う。バーチャルで場所を問わず、自分の能力を提供するなど、雇用関係はより柔軟になると思う。特定のスキルをネットで探し、スポットで買うことが可能になっているし、もっと当たり前に行われるのだと思う。こうしたとき、未来の社員を引きつけていくためには、起業家は何を提供すべきか、それは大事な論点だ。僕は、ひとはより、長い人生を考えて、より仕事に成長の場、機会を求めていくと思う。僕はこれが正常な姿だと思うし、職場は能力のあるひとたちからより選定されていく場になっていくと思う
転がる石には苔が生えぬも、イギリスでの解釈のようなマイナスの意味は雲散霧消して、アメリカの解釈のようにプラスに捉えるのがトレンド。ここら辺は正しいか否かの問題ではなく、時代の移り変わりであって、前向きに捉えてそれなりに順応していくのがベターではあるでしょうね。もっとも、時代遅れの行き方というのも、個人的には嫌いではありません。なかなか報われなくても。
なるほど