新着Pick
933Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NPユーザー大好きZOZO & 前澤さん。

でもZOZOってかつて(初期?)はおしゃれなファッションECてイメージだったのが、最近は情弱マイルドヤンキー向け安売りEC、ってイメージに、変わって来てしまった気がしてますが、実際のところどうなんでしょう?少なくとも、ここ数ヶ月のコミュニケーションからは、ファッショナブル感やクール感は感じられません(笑)。

ZOZOスーツのコンセプトには大変共感したし、その点では応援している企業ではあるけど、この一年で大きく転換期を迎えたことは確か。ZOZOが従前に持ってたブランドイメージを含む錯覚資産もかなり毀損されているのでは?

このまま、価格帯を下げ、レイトマジョリティ向けにターゲットを変えつつ、出店者の裾野を増やす方向でリポジショニングすることで、取引量を増やすことでしのぎつつ、PBを中長期的に伸ばしていくという方向性なのでしょうか。ビジネスとしてはまあ何とかなるとは思うし、株買うなら今は良いタイミングかもとも思うけど、もはや個人的には尊敬する会社じゃなくなったなー、と一抹の寂しさはありますね…。

追記:とは言え、アナリスト達の質問は噴飯ものですね。よく前澤さんも誠実に応答してると思います。ZOZOはtoBではなくtoCを重視する会社。それを愚直にやっているだけなんですよね。

追記2:情弱マイルドヤンキーという表現はあくまで非実在的イメージとしての表現で、またそれを揶揄しているわけでもないです…(そもそもマイルドヤンキー ⊃ 情弱の意で、=ではありません)。以後、表現には気をつけます、申し訳ありませんでした。
この問題は、ZOZOが遅かれ早かれ直面しなければならなかった問題。なぜなら、21世紀はインターネットによるEコマースの出現により、メーカーと小売の分業体制から、小売は「製造小売業」に、メーカーは「小売製造業」に業態変換が避けられない時代となっていく。日本で成功している小売業の代表は、ユニクロやニトリに代表される典型的な製造小売業者であり、あるいは、80%をPBやダブルチョップで自社ブランド化することで製造小売業化しているコンビニだ。
一方、アマゾンや楽天といったECプレイヤーは、ありとあらゆるカテゴリー商品を扱う事で20世紀のカテゴリーに分類された小売業の垣根を壊すことで顧客の問題解決を果たした。高級アパレルブランドなど一部の例外を残して。
そのアパレルという総合ECプレイヤーが手付かずの領域を攻めて成功したのがZOZOだが、そのうちに高級アパレルメーカーが自社ECで販売する能力を身につけてくる。これから、高級アパレルメーカーの「小売製造業化」が間違いなく進む。その間、ZOZOは他のアパレルメーカーに頼らない強力な自社ブランドを確立出来なければ、その存在意義が薄れていくことになるだろう。
はい。ZOZO&前澤さん大好きなチワワ通ります。
前澤さんは火消しに躍起などではなく、事実を事実のまま伝えているだけ。むしろ躍起なのは「この人は叩いても良い」という空気を感じ取るや上から目線で叩いてくる人々のほうです。
退店するショップが皆無かつ自社負担の会員割引をしていない百貨店やSCなんていません。なぜZOZOだけ問題視され、執拗に「ZOZO離れ」という悪意あるワードを連呼されるのでしょう。
あとビジネスは相互利益で成り立っているので、必要以上に首を垂れる必要なんてありません。
ブランド側が市場支配的なパワーを持っているか、逆に小売り側が持っている場合は、善悪の問題になりますが、いずれもそうでない場合は単に戦略の問題です。それで儲かり永続性があるならやれば良いし、そうでないなら戦略を変えなければならない、それだけの話です。

AmazonプレミアムでもネットフリックスでもGoogleニュースでも同じ、十把一絡げに見放題や割引対象に含まれるのが嫌でも、それで総じて業績が上がり続けるなら出店する、いや寧ろしないと食っていけない世界になってきたので嫌でもそうする、という判断。

逃げられたという事はZozoがそこまで市場占有性が低いという証左でもあるのでしょう。占有率を上げれば向こうから寄ってきます。

本記事の議論は、社長個人の言動はほとんど関係ありません。出店者は前澤さんが好きだろうが嫌いだろうが関係なく損得勘定であり、消費者は尚更そうです。ザッカーバーグが嫌いだからFB使わない、ベゾスが金持ち過ぎて気にくわないからAmazonで買わない、という消費者はいるかもしれないが無視していい割合しかいません。
前澤社長は、人としてとても正直なんでしょうね。
だから、一生懸命も、夢も正直に話してしまう。

実際には、ZOZO は昨年は事業モデルの曲がり角にいたので、沈黙していた方が良かったのだと思います。

でも、今更沈黙してもしょうがない…となってしまいます。
でも、オンワード樫山の件をNPのコメントで書いたのは安易でした。誰かアドバイスする人いないのかな?
https://newspicks.com/news/3574432/
アパレルとチャネルは、栄枯盛衰に互いに影響を与えてきた歴史。①でコメントしたが、百貨店→モール→ECという流れ。
ECの流れはまだ終わっていないと思うが、そのなかでどこのプラットフォームがいいかとか自社とか、アパレル各社のポジションによっても判断が変わってくる。
個人的には、ここでAmazonが出てこないかに注目している。Amazonはファッション領域を伸ばそうとしているし。

ZOZOスーツ・PBについては、②でコメントしたが始め方から終わり方まで、流れがあまり良い印象を持っていない。
素人目にも技術的な課題があるように見え、それが顕在化し、最後は計測がいらないという発表になった。機能的価値はそうかもしれないが、自分にピッタリという感情的価値をそもそも訴求していたと思い、そこは半ばあきらめた形にみえる(ここはむしろ始めた思いがあるなら頑張り続けて欲しかった)。

https://newspicks.com/news/3318822
https://newspicks.com/news/3557237
お客様がブランドについてるかZOZOについているのか。
顧客のブランドをまたがった購入状況を知りたい。
それにより影響が判断しやすいのでは。
個人的予想では(さほどブランドにより商品差異がないため)後者で、価格重視派がZOZOに集まってる気がする。

私の場合、和柄シバリで決まったブランドで購入することが多く、過去ZOZOで購入していたが自社サイトを充実してくれたのでそちらにシフトしました。
LINE葉村さんのコメントに同感。

自分としては。zozoみたいなプラットフォームに好きなショップの商品が全部並んでて、zozoをとりあえずみとけばいいやとなるのが楽だし嬉しい。そしてもうちょっと前は実際ほんとにそうだった。
だけど、最近はzozoで欲しい商品が無いなあと何となく感じてたけど、葉村さんのいうように、昔はセレクトショップ的な品揃えだったのが、今は安売りファストフッション的な品揃えになって来ている気がする。

その理由が、メーカー自社ECとの棲み分けでzozoがアウトレット的な位置付けになりつつあるのであれば、今回の退店騒ぎよりも本質的にゆゆしき問題な気がする。
洋服の8割はzozoで買っているので、zozoが無くなったら、どこで服買うんだろう。。他にサイトが思いつかない。。。
前澤社長の回答にもある通り、「ZOZO離れ」はメディアの過剰報道だと思います。客観的な数字を示されても、記者の側は『実るほど首を垂れる稲穂かな』と説教めいたことを言ってますね。まぁ、前澤社長の、謙虚かつ毅然とした態度はお見事だと思います。

そうは言っても、ブランド側の言い分はもっともです。私が同じことをやられても、躊躇してしまうでしょう。それぞれのプラットホームの努力は立派だと思いますが、ZOZOの、あまりにも突出した取り組みは、他のチャネルの価格への疑念を抱かれてしまいます。引いては、消費者の疑念が「ためらい」になるので、全体の売上を下げてしまう可能性すらあります。そもそも、ブランドの売上を底上げするのではなく、数あるプラットホームでの売上比率がZOZOに偏るだけかもしれません。流通をたくさん有するブランド側にメリットはないですね。
株式会社スタートトゥデイは、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
5,616 億円

業績