新着Pick
1500Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「新しい価値を生む人の思考術」というテーマにおいて、「個人や組織の才能を伸ばし、価値を生み出す方法」を語らせてもらいました。
また、普段使わせていただいているレッツノートに関してもお話しさせていただきました。

僕は今まで、どちらかというと「目標が明確です」という人より、「何をしていいか分からない」という人と接する数がとても多くて、僕自身もそうでした。もっというと、今もそうです。

何か、確固たる目標や明確な芯みたいな人間的な強さというものに憧れますし、調子の良い時にはあるんですけど、基本は、なかなか難しい。

自分の役割としてやるべきことをやる、とか、求められていることをやる、そこで成果を上げて、結果の積み重ねが「才能」となっていき、「楽しい」とか「好き」になっていくのです。

正しい努力を継続することでレベルが上がり、「できる」→「楽しい」「やりたい」→「やる気」となります。


みんな「どうやったらやる気になりますか?」と聞いてくるのですが、「やる気」→「できる」だと勘違いしています。
違います。「できる」→「やる気」なのです。

矢印の方向が異なるのです。

なので、まずは「できる」ようにならないとやる気にはなかなかなりません。

つまりは「自信」が必要なのですが、そのためにはなんでも良いので一歩を踏み出す必要があります。

できない状態や段階で一歩を踏み出すとき、ほとんどの場合失敗します。失敗するとなんとなくわかっていながら踏み出すには勇気が必要です。そして根本的な自分や周囲に対する「信頼」が必要です。

失敗しても乗り越えられるという自分に対する信頼。
失敗しても受け入れてくれるという周囲に対する信頼。

信頼をベースとした世界観こそが才能を育てる土壌でしょう。

そしてそれを作るのが親子における「教育」だと思っています。
ベストセラー『ビリギャル』著者などで知られる
坪田信貴先生に取材させていただきました。

長年のレッツノートユーザーで、
『ビリギャル』もレッツノートで
執筆されたとのことでした。

個人的に坪田先生ならではの含蓄を感じたのは
記事後半で触れられた
「人生で成功しやすい人の特徴」。
まとめますと、POINTはこの4つ。

・自分のやりたいことがよくわからない。
・自分のやりたいことよりも人がやりたいことを手伝う。
・「人とのつながり」をたくさん作ろうとする。
・顧客と向き合い、常にマーケットインの視点で考える。

1つ目の「自分のやりたいことがよくわからない」は
一見「え⁉」と思いますが、坪田先生の解説を伺うと
なるほど、と納得です。

レッツノート連載
『「新しい価値を生む人」の思考術』は
まだまだ続きます。
ぜひ、ご高覧ください。

#1 【田川欣哉】デジタル革命後に強い組織とプロダクトの作り方とは https://newspicks.com/news/3394305
#2 【田所雅之】新規事業で90%失敗しないサイエンス思考とは
https://newspicks.com/news/3537922
「周囲を見て、自分はどういうものを育てやすい土壌かを把握する。それでもわからない人は、何でもいいから興味を持ったものをやってみることです。
正解を探し求め、その種だけをピンポイントでまこうとしない方がいいと思います」

まさに、下の子がトイレトレーニング中なので、例え話も含めて、興味深く読みました。
「どうしてもこんな種を育てたいというものがあるのであれば、土壌、すなわち環境の方を変えてみる」というのは、たしかにそうですね。
リンゴを育てるには、それにふさわしい土壌がある、と。
京都大学霊長類研究所助教の香田啓貴さんによれば、学生の頃にいきなり屋久島に放り込まれてニホンザルの観察をすることになった時、2週間くらい朝から晩までサルばかり追いかけていたら、ある瞬間に背中を見ただけでどの個体なのか判別できるようになったのだとか。

スキルアップとはそういうこと。


"彼が努力していないかというとそれは違うのです。実は幼い頃、名のある幼児教室に通って、人並みならぬ訓練を受けていました。"

このエピソードをこの方が話すとちょっと危険な気がする
頭がいい、悪い、というのは個人的に遺伝である程度決まっていると思っています。ただし、それはかなりの幅とクセがあります。少なくとも、大学に入る、という程度の話であればクセを掴むとスルスルっと行ってしまう可能性が高い。
クセとは集中しやすい、反復練習が好き、褒めると伸びる、この手の話は遺伝だと思います。そこをうまくつけばやる気のない子でもやる気スイッチが入る。何もしないで勝手に勉強始めてしまう、というのもクセです。
身もふたもない話ですが、そのスイッチを見つけるにはある程度のお金か手間がかかるものですが。。
"「やればできる」はウソであり、「やれば伸びる」ということなのです。"
本当自分に才能がないとか自信がないと思ってる人全員に読んで欲しい素敵な記事


>結局、人は結果でしか評価していないのです。ZOZOの前澤さんや堀江さんのように目立つ人に向けられる「運がいいよね」の言葉も、同じような意味で使われていると思います。
しかし、能力を昇華して才能レベルに達した人というのは、全員確実に努力しているのです。「地アタマ」というのは幻想です。
動詞、能力、才能というステップの分解が新鮮でした。つい才能が最初にくるようなイメージで物事を見てしまいがちですが、言われてみると確かに。

中立的なフィードバックは以前にも坪田さんが話されていたので少しトライしてみましたが、なかなか難しい。無意識にフィードバックすると、いつもの癖が出るので自らの癖を直す努力が必要だなと。

そして、この展開からレッツノートに繋げるところがまたユニーク。この「記事スポンサード」のやり方は、単なる広告でなく読み手に満足感を与えるという点ですごいなと毎回思います。
「一つ一つの結果の積み重ねが、才能になる」。共感します。
東北復興に関わり始めて8年になります。最初は日本中のあらゆる人が東北を応援しようとしたように見えましたが、一年もたつと声が上がらなくなり、三年たつと、現場から人がいなくなっていきました。結果を積み重ねながら何より自分自身が「楽しんで」現場に関わることが、長続きし、その道の第一人者になる方法だと思います。
なお、私もレッツノートの長らくのファンです笑


何事も、お金になるとかキャリアになるといった目標をもたずに、一年間は全力で取り組むことを薦めています。
文中に出てくる「中立的なフィードバック」という言葉、とても共感します。

例えば、話し方についていろいろアドバイスするよりも動画を撮って見せながら、こう言ってるね、と一言事実を伝えるだけで充分だったりします。才能が能力から、能力が動詞からきているとするなら、動詞レベルで適切な観察をしてあげるだけで効果的なフィードバックになるように思いますね。

以下引用
“その人なりに勝手に正しい方向に行こうとするのを助けるものが、実は正しいフィードバックです。評価につながるようなことをわざわざ言う必要はないのです”
おっしゃる通り!という印象です。こういう方が、日本だけではなく、世界のとくにアジアの子供たちで向き合っていただきたいなあ、と感じています。