新着Pick
762Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事は5回の続き物の1回目なので、ご用とお急ぎでない方は続きも読んでいただけますと幸いです。
安倍首相がダボス会議で成長を前提としたスピーチをしていました。僕はあの話は、嫌いじゃないし、成長を目指すべきだと思うけど、現実的には、人口減少にどう構えていくかという現実的な思考が必要なんだと思う。ロボット活用、RPAなどの活用による働き方改革、女性の労働の障害をのぞく、たとえば、託児所などの整備、会社の福利厚生でのこういった障害除去、自宅の近くで働ける環境をつくるなどやればいろいろなことができると思う。こうしたことにもっと積極的に取り組むべきだと思う
楠木さんの論は、いつもながら本当に見事です。「日本でも結婚すればまあまあ2人は子どもを産む」。だから少子化が問題ではなく、晩婚や非婚こそが問題となります。ではなぜか。ひとつには、結婚の制度そのものに、制度疲労がありそうです。ちょうど、終身雇用という制度が、日本経済の足を引っ張っているのと同じです。結婚制度は今のところ、根本的に変えようがないみたいですが、それでも他の国では「婚外子」が広まっています。日本ではなかなか受け入れられていない概念です。すなわち、デメリットの多い結婚をせず、その状態で子供を産む、このことが日本ではやりにくのです。その結果、結婚しないことと子供を産まないことが結びついてしまい、少子化に拍車をかけているというロジックです。

自民党の考え方は、(新・憲法草案を読む限り)家族の価値観を見直し、現在の結婚・家族制度を維持する構えです。ところが、旧来の価値観に社会全般を押し戻すのは相当困難であり、さらに結婚制度の変更なしで少子化を促すのは輪をかけて厄介です。だから楠木さんは「現実直視」を訴えています。私個人は、「人口減少」を放置していいとは思っていません。しかし伝統保守でだけでは、問題解決にはならないので、結婚とは切り離して、子供を増やす政策動員が必要だと感じています。
ここ、よく分かりますねえ。堀江さんもこの考えだと思いますが。結婚相手は、雇用期間以上に長く一緒にいる人が多い訳で、本来は、人間の成長ステージに合わせて、パートナーも変わるのが、正しいのではないかと思っています。決して、一時の快楽を求めた不倫を推奨しているのではなく、人生のステージによって、幸せの形も変わるので、幸せを感じられない結婚を惰性で過ごすのは勿体ないと思います。

<引用>そもそもの人間の本性を考えると、結婚するって不自然なんじゃない?という考え方もあるわけです。制度的に1人の人間とずっといることは、終身雇用というのがちょっと人間の本性からそれている面があったように、それぞれ経済的に自立できれば、結婚も必要性がなければすぐにしなくてもいいんじゃない?と言う人が出てくるのはいたって自然な成り行きです。
2014年頃は「何やっても人口減少は避けられない」とか「結婚しない生き方があってもいい」とか書いた記事は大炎上四面楚歌状態だったもんですが(まあ、今でもヤフコメとかそうだけど)、こういう形で冷静な論説が展開されるトレンドがきたのだなあ、と個人的に感慨深い。
混同しがちな「トレンド」と「サイクル」が非常に分かりやすく書かれていました。

トレンドに抗おうとしてもなかなか効果が現れずに無力感を感じることが多いです。トレンドの中で、ミニサイクルを生み出していくような変革が理想のイメージです。
変化の方向性が長期的に固定しているのが『トレンド』、方向自体が時間と共に変わっていくものが『サイクル』です。
ポジティブもいいけど今後経済成長1%も上がらないだろうって世界経済フォーラムでも予想されてますよジャパン
変化に対応した戦略と実行がないまま喪われたズルズル
楠木さんの文は、すごく、すーと入ってくる。読みやすい。7000万人での幸せな国家作り、シニア層の活用など、改めて色々な気付きを頂きました。
楠木さんの話好き