新着Pick
2200Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
楽しい記事でした。

妙に意識高い系より、こういう方が好きです。

NPでついてるコメントとか見ててよく思うのが、日本人って生真面目な人が多いんだなー、ってこと(いやそんなに気張らなくても…みたいな)

アイデアって、風呂でのんびりしてたり、ランニングしてたり、ドライブしてたりしてるときが多いという人は多いと思うけど、あんまり四角四面で堅苦しく考えないで、クリエイティブの有無って結局、あーこういう楽しいもの作りたいなーとか、あれって不便だよなーどうすれば良くなるかなーとかって日常的に楽しんで考える癖があるかないかの違いなんですよね。

小難しい顔して「勉強になりました!」ではなく、こういう記事とかを、もっとみんなエンタメ的に楽しめるようになったら、日本も変わるような気がします。

人生、テキトーに、こどものように楽しみましょう。
野矢先生の立てる「問い」は、国語の教科書で「哲学の謎」を読んだときから、興味深く思っていました。「自分が見ている赤と、他人が見ている赤が違ったとして、それを証明できるだろうか?」というのが印象に残っています。

それはさておき、今回は「ひらめく」方法について具体的に説明をしてもらいました。良質なひらめきを生むために必要な3つの力は、どれも訓練によって磨くことができるそうです。
『論理トレーニング101題』の野矢茂樹教授にここでお会いするという、心地のよい意外性を感じながら、読みました。

「自分の頭が回るレベルの問いになるまで「問い直す」ことです。問題設定を失敗する人の特徴は、あまりに壮大で抽象的な問いばかりを立てているパターンがほとんどです」

問題をどう設定するかが重要なのは、デザインに限らず、多くのことについて言えることだと思います。

子どもと一緒にいると問題のとらえ方が斬新で刺激されます。
とても興味深いです。

待つ事は、即ちやり続ける事だと思います。

考えを整理するには、絶対に必要だったり
必ず起こるハードファクツから押さえる
という方法も有効だと思います。

常識を疑うところから、正しい問題提起が
出来る様に思います。

全く違う業界を見て、それを自分達に当てはめる
のも有効だと思います。

世の中は、正解が分からない世界だと思います。
答えの無い問題について考える、という教育
はまさに数千年前からある、哲学という世界
そのものの様に思います。
ダイソンのお話はさておき、コレ↓は同意です。同様に、ヒトに近い意味での創造的AI実装のカギも連想記憶だとおもってます 抽象化したパターンマッチングがDLでもうある程度できるんですから、もう一息かと で、もう一つはバイアス  え、もう誰かやってる?

「そしてこの2つの関係性を見つけたことを、一般的に「ひらめき」と呼んでいます。」

ご参考
https://newspicks.com/news/2946020
https://newspicks.com/news/2866316
広告の大先輩からアイデアを出す際は、なぜを掘っていくやり方と、今あるものから対極=真反対のものと結びつけて考えてみると良いよと言われたことを思い出しました。漫画やアニメ、ドラマの主人公は大概、最高の強みと何かしらの弱みを兼ね備えてますしね
クリエイティブになるには、「答えがすぐに出ない問い」に挑むのがいい、という。
とことん考える習慣が大切です。
本記事の内容とは直接関係ないんですが、色々な問題を楽しんで考えようという野矢先生の姿勢が素敵だなと感じました。
こんな風に色々な疑問や問題を楽しんで考えることが、記事内にいう「待つ力」「問い直す力」等につながるのではないかなと思いました。ずっと考え続けるって楽しまないと難しいですからね。

(引用①)
私ね、まさか「デザイン」のことを聞かれるとは思っていませんでしたよ。なぜ、哲学者である私のところに取材に来るんだろうって。でも、面白いからちょっと考えてみましょうか。

(引用②)
ダイソンの人たちが、どうやってそれを思いついたか、真実を私は知りませんよ。でもちょっと想像してみましょう。
ヒラメキは、問題意識をもって「待つ」こと。果報は寝て待て、と通じますね。

コトやモノの関係性を考えることによって、ヒラメキが生れることはよくあります。野矢先生のダイソン扇風機やニュートンの話は、よくわかりました。

あせらず待つこと。よいヒラメキを手に入れるためには、忍耐力が必要。スローダウンも必要。
たくさんの情報の中でピュアさを失ってしまったオトナでも、姿勢や視点を変えればクリエイティブになれるのだとわたしも思いたい。簡単な道ではないけど、そこが人生のおもしろさかなと→

「すべてはモヤモヤしたものだと受け入れて、複雑な問題に根気強く向き合っていく姿勢が必要です」
この連載について
ビジネスの世界でデザインの重要性が叫ばれている。しかしその一方で、言葉だけが一人歩きし、誤解されながらビジネスシーンで使われることも少なくはない。 一体「デザイン」とは何者か。NewsPicksが解き明かす。

業績