新着Pick
2722Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
Steve Jobsの名言に、Design is not just how it looks and feels like. It’s how it works. (デザインとは見た目や触り心地だけのことではなく、どう機能するかだ)というのがありますが、正しくそれですね!

アップルではプロダクトマネージャーがいない代わりに、デザイナーとエンジニアの連携でここまですごいものを作れるのがGoogleとは対照的ですね。アップル辞めてコーヒーマシーン開発だなんて素敵です。
1月下旬、アップルのデザインを知り尽くす人物に会いに、福岡県の糸島を訪れました。自分の故郷の福岡に、まさかiPhoneの開発に関わったデザインエンジニアがいるとは知りませんでした。

ダグラスさんの話を聞いていて感じたのは、とにかくアップルのデザインチームには、クレイジーなほど「徹底できる」人間が集まっているということ。ダグラスさん自身、学生時代は陶芸に打ち込み、日本に2回留学するほどハマったようです。

美的感覚や思考能力はもちろんですが、クレイジーなほど突き詰める根気強さが、アップルのデザインを生み出しているのでしょう。これからは、コーヒーの世界を突き詰めるというダグラスさんの話を聞いて、年始の目標をすでに忘れていた自分を反省しました。
「多くの企業は、デザイン部門を開発の「川下」に配置していますが、アップルの思想に基づくと、そもそもデザインと内部機構の設計を切り離せるわけがありません。
だから、アップルでは設計の「川上」からデザイナーが入り込んで、エンジニアと一緒に内部の設計と外側の見た目を作り上げていきます」

以前、アプリの開発をしたときに、要件定義から一緒にデザイナーに入ってもらったことがありました。
これが難しい会社は多いはず。
開発のプロセスを変えないと、「アップルの掟」を覚えても、同じような製品開発はできないはずです。

アップルが守る5つの掟
1 デザイナーとエンジニアが一緒に設計
2 必要ない機能はとにかく削る
3 ユーザーの意見は聞かない
4 開発費はケチらない
5 最先端技術を世界中から探す

2と3は、力のあるクリエイティブディレクターがいないとなかなか難しいし、別のアプローチもあると思います。
4と5はビジネスの規模次第。
でも、1に関してはプロセスの問題だし、効果もすぐに出ることかもしれません。

「ただiPhone7からイヤホンジャックがなくなったのは、ちょっとやりすぎなんじゃないかと思います。個人的に使いにくいので(笑)」
「辞めアップル」だからこそ、こんな話も出てくる。
「アップル流のものづくり」による、コーヒーマシンも楽しみにしています。
アップルのデザインの裏側で大変面白い。デザイナー1、エンジニア4の比率のチームが製品設計の初期から伴走する。デザイナーも機構の基本知識があるというのが重要だし、エンジニアも製造行程まで理解した極めてレベルが高い人材だというのは以前からよく言われていて、ファブレスで作ってもらった製品にリンゴのマークを貼っているだけ、というのとは真逆(下記記事に詳しい)
https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/article/COLUMN/20150407/412940/?P=5
市場調査はせずにその分野にのめり込んだ開発者が新製品を考える、というのも社内の承認プロセスもセットでないと成立しない。市場調査って社内で承認を得るために使われることも多いのが実態なので
Appleのデザイン戦略の内側が面白い!

・デザイナー:エンジニア=1:5 比率
・デザイナーがエンジニアリング理解
・素材まで踏み込んで研究
・開発費はケチらない
・引き算の美が組織に浸透


これができるAppleの財務体質と世界で2億台超の数を届ける販売力。


ここまで細部にこだわっているのに財務諸表の原価率が変わってないの何でだろう・・と思ったけど、おそらく原価率の低いサービス収益が拡大しているからかな。
デザイナーとエンジニアが最初からタッグを組んで商品開発に関わるとか、まるで昔のSONYの話を聞いているようでした。スティーブジョブスに影響を与えたのがSONYの姿勢なのでまさにそうなんですが。

よく技術者が営業とか経営者のことを「分かってない」と愚痴ることは多いですが、できない理由を論理的に説明することが苦手だから、うまく伝わらずストレスをためることも多いのではないかと思います。

Appleではエンジニアはデザイナーの要求にできない理由を論理的に説明する義務があると言い切っていますが、ここがポイントだと感じました。
現在プロジェクト型の仕事が増えていますが、「言わなくても分かって欲しい」、「分からない奴が悪い」では仕事は中々うまく進まないような気がします。
よくソニーを参考にしていただけあって、アップルもソニーもあまり変わらないですね。ソニーでもデザインは「川上」ですね。デザイナーが一番力をもっていますし、それが正しいとカルチャーとしてみんな思っています。
アップルの「ユーザー調査をしない」という話を真に受けて、ユーザー調査しない会社もありますが、自分たちはアップルではないのですから、しっかりとユーザー調査をした方が良いですよ。聞いても分からないことを調査する意味はありませんが、聞いたらわかることもたくさんあるのです。ジョブズシンドロームに侵されている人たちは、そこの境界線が分かっていません。思い込みで商品開発やデザインするのは本当に危険なので、科学的に商品開発して欲しいと思います。
読んでいてふと感じたのが、「エンジニアとデザイナーの関わり方は、モノ作りに関わっていない人からすれば当たり前だと思うのではないか?」ということ。仕事でモノ作りに関わると、Appleにおけるエンジニアとデザイナーの関係性は理想形であり、実現の難しいものだと理解できてしまうのですが、こう理解できてしまう時点で、もう駄目なモノ作りが当たり前になってきてしまっているのだと思います。
自社の製品はもちろんですが、周辺の市場にまで影響を与えようとしましよね。全く流通していない規格をつけるのも大好き。
"ただiPhone7からイヤホンジャックがなくなったのは、ちょっとやりすぎなんじゃないかと思います。個人的に使いにくいので(笑)。"
ものづくりの哲学、日本も伝統工芸に立ち戻れば、デザインで大切なことは、ほとんど学べるのではないかと思います。
この連載について
ビジネスの世界でデザインの重要性が叫ばれている。しかしその一方で、言葉だけが一人歩きし、誤解されながらビジネスシーンで使われることも少なくはない。 一体「デザイン」とは何者か。NewsPicksが解き明かす。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
108 兆円

業績