新着Pick
5199Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回の特集で、最も頭を悩ませたのが「デザインとは何か」という抽象的なテーマをいかに解きほぐすかでした。どれだけ書籍を読み漁っても、デザインについてわかりやすくまとめられたものは、全くありません。

一方で取材に出ても、デザイナーの方はそれぞれの持論がとても面白い反面、あまりに専門的すぎて、なかなか一般化できませんでした。

そんな中、総勢20名以上の方にお話を伺って感動するほど納得したのが、東京大学の山中教授のインタビューでした。特に、日本人のデザインに対する誤解は目から鱗でした。

具体例をもとにしたデザイン論は明快で、センスに自信がないビジネスマンでも、ストレスなく理解できるはずです。ぜひご一読ください!
学びの多い記事でした。

スタンフォードのd•schoolでは、本記事でいうスーパーマン(エンジニアリングとデザインができる経営人材)が毎年生まれている。
https://blog.btrax.com/jp/dschool/

(抜粋)
・難しいテクノロジーをユーザーが使いやすいように「設計する」ことこそ、デザインの役割。
・デザインの本質は、「形」ではなく「設計」。
・日本では、デザインという言葉が「形」に誤解されて広がってしまった結果、日本では「デザイナー」の仕事もスタイリングに偏っている傾向がある。
・ユーザーにとって最重要なのは、使いやすさ。頭で考えることなく、いかに感覚的に使えるかが大切
・デザインではシンプルとシナリオに加えて、美しさも重要
・デザインにおける美しさは、機能と外観が、直感的に結びつくもの
はじめて山中先生のことを知ったのは、友人から、「Suicaの改札機をデザインした人がいるんだよ」と聞いた時でした。そうか当たり前に使っていて気づかなかったけれど、あのカードを皆が自然に使いこなせるようデザインした人がいたんだ、ととても興味を惹かれました。
優れたデザインとは何か、良いUIとは、美しいって何だ、といった抽象的な問いにも、具体例を交えて分かりやすく答えを提示してもらいました。
良記事。

デザインやアート、そしてエンジニアリングに関わる全ての論点が、ここに綺麗に整理されてます。
もうコレ、そのまま日本人向けの辞書にしちゃっていいんじゃないでしょうか?

※日本の「デザイン」の意味を意匠(スタイリング)デザインだけのものにしちゃった犯人が「グッドデザイン賞」とは思ってませんでしたが、確かにw

追記:ただし、アートに関しては、私は単に「自己表現」に留めて定義すべきではないと思う。アートは自己から発する「問題提起」ではないかと。デザインは対象に対する「問題解決」とすると。

この辺は、こちらを是非ご参照を。
https://wired.jp/2016/03/28/mit-media-labs-journal-design-science-radical-new-kind-publication/
これはイイ。人間本性の理解。人間行動の連続性についての洞察。そのための方法としての単純化。それがデザイン。勉強になりました。ただ、「日本人だけ」ではないと思う。個人的な経験では、ドイツの人々は山中先生がおっしゃる意味でデザインという言葉を理解している人が多いと思うが、アメリカや中国はあまり日本と変わらない気がする。
ブランド同様デザインが誤解されてるっていうのはそうだと感じることが多い。このインタビューはとてもわかりやすくその誤解を説明し、デザイナーの仕事を解説している。

デザインには目的があり、あくまでも問題解決の手段、アートとは全く異なる。ただちなみに私は電通の新入社員研修で習ったし、実際の電通時代の仕事の仕方もうちの部門はそうだったよ。クリエイティブは、ここで言うエンジニアリングを担っているマーケティングと最初から議論を重ねて、コミュニケーション・デザインを作り上げるっていう定義だった。その後の外資系企業もそうだったから、日本の今の現場は門外漢でわからない。

ただ、日本企業がクライアントになると確かにミーティングでよくみんな何故デザイナーがこの場に居ないのか?と不思議がっていたものである。この記事を読んで納得。日本企業でマーケターが営業推進扱いされているのと被る。では、なんでこういうことが起きるのか?

私なりの一つの考えは、日本はこの失われた四半世紀の間、社会を改革していないからだと思っている。第3次産業革命がおき、今や第4次産業革命の時代と言われている時代なのに、政府は55年体制がむしろ強化され、産業界もその賜物であった高度経済成長とそれに続くバブル時代の仕組みをいまだに引きずっている。この間にマーケティングもデザインも職能として専門性がより高まる形で進化してしまった。
実は他の部門…人事や財務…でもこういった問題を散見する。

ブランドは1980年代半ばに生まれた概念だ。デザインは、元から日本では妙に見た目にskewした仕事と受け取られていたようには思うけれど、そのことが大問題になってきたのはUI・UXの設計の自由度が高まり、その重要性が一層増したからで、やっぱり90年代くらいからの話だ。そこで社会は進化したんじゃなくて革命が起きているんですよね。残念ながらもはやこの分野では日本は一大後進国。先行者から真摯に学び、新しい考え方を吸収してから応用に入った方がよい。

今の日本は旧バージョンのシステムで動いているから、Updateはやめた方がいい。それは前の時代をどうしても引きずるワードだから。海外ではディスラプションはすでに一周して組織の設計や思想はある程度固まっているから、それを一から学んだ上で違う思想の経営を始めないといけないのではないだろうか?
最近のやれデザインシンキングだとか、アート思考だとかが個人的には好きではないですが、「デザイン」とはユーザーファーストの設計のことであり、「外見、見た目、スタイリング」ではない、という今日の趣旨は分かりやすくすっと入ってくる定義でした。
ただ、日本人は「デザインを誤解している」と言っても言葉の定義の問題で、「ユーザーファーストの設計」について考えている人はいっぱいいるわけで、何を問題にしているのか分かりにくくなったのも事実。「日本企業は、日本人はユーザーファーストでない」という主張だとするとさすがに乱暴な気が、、
日本が技術だけでは勝てなくなったときに、欧米の商品はカッコいい、オシャレ、日本製品はダサい、という消費者認識からデザイン=スタイリングという意識が強くなった気がしています。

ここ数年で突然言われだしたデザイン思考は、ユーザーのことを考えた商品、サービスと定義されていますが、ユーザビリティであれば日本もずっとやってきたことで、全く新しい考えではないと思っています。

ただ、消費者ニーズが多様になったことから、将来の商品やサービスのイメージは描けていても、消費者の利用シーンや生活行動にまで落とし込めてこなかったのが、日本製品が勝てなくなった原意ではないかと思います。
「デザインの本質は、「形」ではなく「設計」です。つまり、単なるスタイリングではなく、その背景にある機能や技術を理解した上で、見た目を調整することが、本当の意味でのデザインなのです」

Suicaの話を読みながら、グーグルの採用の話を思い出しました。
アメリカのグーグルが、とても優秀な「スーパーブレインズ」を採用するために、大学に「自然対数eの中で最初に出てくる連続する10ケタの素数.com」という横断幕を出した。
この正解を入力すると、グーグルの採用サイトになるという話で、物理や数学のできる人の「難問を解きたい」という気持ちを刺激したという話でした。
中川淳著『経営とデザインの幸せな関係』で読んだ話です。

「形や模様」ととらえるか、「設計」ととらえるかで、デザイナーという言葉の持つ意味、仕事の幅も大きく変わってくるはずですね。
デザインという言葉が正しく伝わらないのは翻訳をあてた人に責任があります。マーケティングなども同じでしょう。本来の言葉が持つ意味をうまく当てることができませんでした。江戸末期から明治の日本人は英語を驚くほど翻訳しましたが、無理矢理翻訳したことの弊害はこんなに遡る必要があるんですね。
"でも、どうすればいいかがわからない。どんな見た目にすれば、ユーザーがSuicaを正しく使ってくれるかを見いだせなかったのです。"
この連載について
ビジネスの世界でデザインの重要性が叫ばれている。しかしその一方で、言葉だけが一人歩きし、誤解されながらビジネスシーンで使われることも少なくはない。 一体「デザイン」とは何者か。NewsPicksが解き明かす。