新着Pick
595Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
中小企業のIT化が他国に比べて進まない。IT業界が長いので、よくわかるんですが、この言葉、ずっと言われてきていることです。売り手側も国もあの手、この手で中小企業にテクノロジーを使ってもらおうと策を打ってきましたが、大きな成果を生んだものは記憶にありません。

今回の鼎談は、その中小企業に認められ急成長するクラウドアプリケーションベンダー2社とソフトバンクに登場してもらい、中小企業の現状と、ソフトバンクが仕掛ける「マーケットプレイス」について語ってもらいます。

「ソフトバンクがなぜソフトウェア(クラウド)流通を?」という疑問があるかもしれませんが、実は孫正義さんがソフトバンクで最初に始めた事業は、ソフトウェアのディストリビューション(卸販売)だったんです。
私も中小企業を経営していますが、IT化が極端に遅れており、経営改善の一環としてIT化を急いでいるので、このようなサービスが出来上がると非常に興味を引きます。
良いサービスが揃っていることは事実です。あとは経営者が実行に移すだけ。
スタンダードシステムの普及が課題です
ガラパゴスで刷新も進まないから良くない
この連載について
ロボット、AI、IoTをはじめとしたテクノロジーによって、飛躍的な進化がもたらされる近未来のビジネスソリューションや、情報革命の “次の一手”を紹介します。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
12.7 兆円

業績