新着Pick
224Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
当事者意識を持って会議に参加すること。

そもそも無駄な会議はやめた方がいいが、やるなら意味のある会議をすること。

参加者は10人でも多いかもしれません。日本企業の会議は参加者が多い。

直接の担当者以外にも聞いておいてもらうという名目で参加させる。そんな人たちは発言もせず、ただいるだけ。

外部との会議にもぞろぞろと人が出てくることがよくある。仕事ができない人たちだと思われて、はずかしいですよ。
アマゾンのピザ2枚ルールも有名ですが、「参考にさせたいから取り敢えず参加させる」が形骸化すると本当に時間がもったいないなと思いますね。
会議を人数論で語るのは本質からズレてしまうと考えています。

参加者の「視座と視野」が一致している事の方が、会議の質は上がります。

逆に参加者間で差が開いていると、人数が少なくても良いアウトプットにはなりにくいですね。
10人程度だと、一人ひとりの顔が見えるし、表情に浮かぶ本音も窺い知ることができる、とのこと。
10人単位はいいかも知れません。
意思決定のプロセスというのは本当に大切。
何に対してどんな判断基準で決めるのか。

多数決は判断基準よりも属人性に陥りやすく、yes/noの結論表現だけで意見が見えない。多数決を決定軸としている限り、会議人数は増え続けるリスクがあり、決定の仕方から考える必要があると思う。
小さな単位にして意見を作する手法はいいかもと思いました。声の大きい人の意見ではなく、たくさんの小集団からリアルな意見が上がってきそう。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
22.6 兆円

業績