新着Pick
165Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今まで想定されていてもなかなか実現しなかった技術をリコーが実現へ。それでも商用化に2年かかるため、キャッチアップしてくる企業が出るのではないかと懸念します。
実現すれば設計の自由度があがり、IoTデバイス的には劇的な進化をもたらすことが期待できます。ZETAと組み合わせれば、容易にばらまけてほぼ制約のないデバイス設計が実現できるかもしれません。
電池形状などのの設計次第でパフォーマンスが変わることも課題でしょうけども、今後の動向に期待です。
いまの電池と比べてエネルギー密度がどの程度違うのか気になります。エネルギー密度が小さいと、結局電池自体が大きくなってしまうので。
株式会社リコー(英:Ricoh Company, Ltd. )は、事務機器、光学機器などを製造するメーカーである。 ウィキペディア
時価総額
6,354 億円

業績