新着Pick
623Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
トップ営業マンは、単に自分が言いたいことを言っているのではなく、「相手を見ながら相手に分かるように言っている」のだろうと思います。
営業のみならず、日常会話も同じだと思います。
「どうすれば分かりやすく話しが届くか?」を考える。。。
重要ですね。

話しが下手な人=自分の伝えたい事が伝えられない人
ー 話しが極端に長い=話しの整理が下手で全て話そうとし、結局何が言いたいのかわかりにくい。
ー 話しが異常に短い=自分の中で話しが完結しており、伝えるようとする意思が希薄。
これは両極端としても、どちらかに振れる話しが多い。
どちらもありがちなのは、相手の反応や理解を描く忍者せずに自分のペースだけな事。

重要なポイントは、出来るだけ3つに絞って簡潔に伝えるようとにと努力はしているが、
時々2つしか思い浮かばず焦る時がある。
もっと訓練します。。。。
「分かりやすく説明する」+「クリアに話す」ように練習をする。

 これが習慣化したとき、あなたは人から「なんでこんなにうまく説明できるのですか?」とみんなから驚かれることになるだろう。
私自身の経験から。
伝えようとするあまり話過ぎはよくありません。
7割程度話して、相手が質問したくなるようにするのが大事ですね。

それから相手との話す量のバランス。相手の話をしっかり聞いてあげることが大事。押しばっかり強くて8割以上を自分で話す人はダメです。