新着Pick
417Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
初のショート・ドキュメンタリーに挑戦しました。

アメリカでは、音楽やカルチャー雑誌だけでなく、ブルームバーグ、Forbes、ビジネス・インサイダーなどビジネスメディアも取り上げている88risingによるムーブメント。

驚いたのは、我々が密着撮影していると、某日本を代表するメディアさまもキッチリ取材班が訪れたことです。

いずれにせよ、日本ではまだ実感はないかもしれませんが、米国でアジアのカルチャーの芽が一気に開きだしているのは間違いありません。ショーンが言うように、「世界がアジア人の顔を受け入れ始めた」という点では、大きな意味でこんまりさんのブームも含まれるかもしれません。

今年も引き続き、注目していきます。
面白い企業だ。
大抵の人はうまくいったからヒットが出たと誤解している人が多い気がするけどヒットが出るまで頑張ったからヒットが生まれ、その後世界がアジアを受け入れたんですよね。

最初のヒットまでやりきったし、書いてある通りかっこよさとか、クールさを突き詰めたから出来たでしょうね。

──なぜ、世界がアジアを受け入れ始めたのでしょう。
それは俺らが登場したからだよ(笑)。
それは冗談として、世界が開かれたんですよ。ただ、そこには、ヒットが必要です。
「アジア」のカルチャーを武器に、世界にムーブメントを起こしている音楽集団。その名は「88rising」」

音楽、ファッション、美容、映像、マンガ、文学......、生活を彩るカルチャーはまとめて国境を越えて伝播していきます。
マンガもそうだし、K-popもそうでした。
アジア各国の方と話すと、カルチャーの広がり方がよくわかりますし、同時に、「アジア人意識」の高まりも感じます。

88risingの活躍は偶然ではなくて、社会の変化を象徴するものだと思うのでした。
興味深いインタビューですね。地政学や市場としてアジアが語られることは多いですが、文化論でアジア人を捉えることはまだ少ない気がします。僕はアジアには共通する感性があると思うし、アジアの大都市で同時多発的に新しい音楽のムーブメントが起き得る土壌はあると感じているのでそんな意味でも彼らの動きは注目しています。
遅ればせながら、、、

世界の中でアジア人は半数以上を占めている。
人種的に考えるとマーケットは巨大。

ただし、アメリカにおいてアジア人の社会的位置は低い。
様々な差別があるのは周知の事実。

私の在米の日本人の友人達もこの件についてはいろいろな経験を語ってくれる。

しかし、アジア人がリッチになってきてかなり様子が変わって来たと思う。

あくまで私的な意見だが、親に経済的な余裕ができると子どもに芸術を含め教育に熱心になる。また、幼い頃から良質なエンターテイメントに触れさせる。

それが才能ある人を開花させる大きなきっかけになっているのではないかと思う。

起業家が増える事なども同じ原理だと思う。

もちろん、ハングリー精神が素晴らしい才能を開花させる事もある。

しかし、クリエティブの世界で早く才能を伸ばすには良い環境があった事に越した事はない。

そういう意味でも今後この様なアジア人は多く出てくると思う。
ポップ・ミュージックと呼ばれる音楽も最初からポピュラーだったわけでなく、最初は顔をしかめられていたところから、徐々に浸透していった。88risingは、まさにそれを象徴しているように思います。そして何より、それがいまアジアを舞台に起こっているという事実に、すごくワクワクします。

今回は初めて、ショートドキュメンタリーという形で制作しました。実際に会った時は、「これがカリスマか、、、」とオーラに圧倒されました。ぜひショーンの生の声を聞いていただきたいです!
『コミュニティであり、「思想」なんですよ。』この考えかたは、まさにMission&Value経営と同じ発想ですね。ここが強いからこそ、それだけ多様で突き抜けた才能が集まって、この世界観が作られてきているだと感じました。面白い。
森川記者がショートフィルムのディレクターに挑戦。リッチ・ブライアンさん17歳! こんなすごいミュージシャンがインドネシアにいたのか。など発見の連続。音楽とインタビューのミックス具合が絶妙のショートフィルムです。あっという間に観られますので是非御覧ください!
アジア旋風を巻き起こしている88risingの出資者に住友商事。目のつけどころがいい。
これは面白いですね。
"88risingは思想である
しかも、88risingは我々のレーベルに所属している人だけで成り立っているわけではありません。むしろ、コミュニティであり、「思想」なんですよ。"
盛り上がる理由がわかる。
コミュニティが勝手に優秀な人や面白い人を集める仕組みができているんだろうな。どのようなビジネスだろうが、そういっった人が常に集まってくる組織は強いです。
この連載について
2018年、音楽シーンが大きく変わった。ストリーミングサービスの登場で、音楽の国境はさらに消えていき、アジアの音楽家たちが全米を制覇した。さらに、次なる時代に向けて、アーティスト自身が全てを決め、ヒットを生み出す動きが広がる。その最前線を徹底レポートする。