新着Pick

がんと戦う11種類の腸内細菌を発見、治療薬との併用で大きな効果…慶大

読売新聞
がん細胞への攻撃力を高める11種類の腸内細菌を見つけたと、慶応大の本田賢也教授、田之上 大(たけし) 専任講師(腸内細菌学)らのチームが発表した。  これらの細菌をがん治療薬と一緒にマウスに投与すると、腫瘍の増殖を大幅に抑えられた。新たな
191Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
既に11種類の腸内細菌について特許を取得し、米国でこれらの細菌を使ったがん治療の臨床試験が計画されているのが素晴らしいです。

元論文はこちら
https://www.nature.com/articles/s41586-019-0878-z
人気 Picker
まだまだ未知数なところもあるけれど、こぞってみんなが研究していると感じているのがiPSと腸内細菌。

あくまで免疫チェックポイント阻害薬、治療薬との併用での話ですし、基礎研究の話です。
これをもって、その腸内細菌だけを商品化したり、「がんを予防する」とか、拡大解釈し過ぎて「健康に良い」とかではありませんよ。

とはいえ、理化学研究所で同期が研究していることもあり、個人的にもこの分野に興味はある。

追記
医師pickerの三者三様!とりあえず言えることはまだまだよくわかっていないけれど、非常に多くの面で腸内細菌と人体はcross-talkしていて、色々期待はされるものの人体の多様性×細菌の多様性を考えると(さらにその結果はタンパク質の発言ではなくて、人体にどういう影響が出たかという臨床的アウトカムであるべきで)全貌が解明されるまでの道のりはとても長そう、ということ。だからこそ期待しているし、研究者たちにとっては一大テーマとなっている。
でも、ヤクルトに親しむ日本人においては特に根拠のない商品がビジネスチャンスとして利用されそうなのには警笛を鳴らしたい、という気持ちでしょうか。

多分ですが、医師pickerのお互いのコメントは矛盾していないはずです(笑)
腸内細菌と人は様々な形でコミュニケーションをとり続けており、栄養素を分け合ったり、与え合ったり、仲良く共生していることが知られています。

例えば、納豆を食べるとたくさん摂れちゃうビタミンKは、実はその大部分を腸内細菌に作ってもらい栄養素として使っています。

しかし、時々仲違いするのか、悪いやつに乗っ取られるのか、この腸管細菌の変化と人の免疫機構、幾多もの病気との関連性が報告されています。特に、免疫における役割の大きさは注目されすぎたあまり、すでに先走って商売に繋がり、腸を整えて病気の予防を、などというフレーズで本や食品、サプリメントが売られています。まさに「ちょういい」商売です。

このような観点から、がん免疫と腸内細菌に関連性があってもさほど驚きはありませんが、治療、創薬となるとなかなか大変で、これまでも多くの疾患で成功を収められていません。まだ我々は細菌とのコミュニケーションにおける重要な何かを捉えられていないのだと思います。最後は型通り、今後が期待されますと締めようかと思いましたが、本音は、その全貌を把握できるまであまり期待できないと思っています。
記事にある免疫チェックポイント阻害薬が効くのが全体の2〜3割と低いのが課題で、そこに関わる要因の一つに腸内細菌が考えられています。実際、免疫チェックポイント阻害薬の結果と腸内細菌叢の多様性や特定の種類が相関したという報告が、2017年ごろからちょこちょこ出ています。

免疫チェックポイント阻害薬の治療効果は腸内細菌叢で決まる?
https://lab.mykinso.com/kenkyu/20171219_1/

全容が解明できなくても、事前に糞便移植するなどして再現性が担保できれば応用の可能性はあると思います。
腸内細菌の研究は盛んですね。

研究を後押しするのは、おびただしい数の腸内細菌の遺伝子を解析できる技術が進歩したためです。

その技術により、どんな細菌がどのくらい腸にいるかが分かるようになりました。

がんに限らず、アレルギーやリウマチなどの自己免疫性疾患にも応用されることが期待されます。
「あなたは、人体と腸内細菌でできている」と言われるくらい大事な腸内細菌。何かひとつの菌ではなく、菌のバランスが大事なようですが、理想的な状態にするには、健康な状態の人の便を直接移植する「便移植」がよいらしいです。驚きですよね。
詳しい話を聞いてみたいですねこれ。