新着Pick
698Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インスタグラムの効果などをBMWの山村さんに話していただきました。ありがとうございます!

私自身も、寝起きにインスタグラムで垣間見れる海の写真に囲まれて、「よっし、今日も頑張ろう!」となりますし、帰りの電車にゆられながら、たまたまインスタで出会ったクラフトビールをそのシズル感に抗えず成城石井で買って帰る生活をおくってます。

なので、ユーザーとしてみても、多くの価値をくれてます。ビールの値段が高くて、奥さんにめちゃめちゃ怒られるという負の経済性も産んでますが。。。

日本人って、銀塩、写ルンです、プリクラ、チェキ、デジカメとめちゃめちゃ写真やビジュアルに感度が高い国民だと思うんですね。そんな皆さんに、ぜひ、インスタグラムで好きに出会ってもらいたいと思います。
BMW(MINI)はインスタでの投稿や広告をきっかけに、ディーラーを訪れる人や最終的に購入する人までを生み出しているんだそうです。すごい!

ビジュアルで直感的に訴求するインスタは、広告であっても自然発生的なコミュニティを生み、ファンづくりができる。もちろん、従来通りのクリエイティブでは通用しないと思いますが、新しい広告・マーケティングのあり方だと思いました!

1記事目のこちらもぜひ!
https://newspicks.com/news/3620859/
インスタ中の人として読ませていただきましたがBMWの山村さんの話は非常に学びの大きい記事でした。まずはこんなにまで考えてくださった内容をシェアしてくださったことに感謝です。ありがとうございました。

インスタはいわゆるテキスト文を読ませてから画像を見せるというよりは、スマホを通して没入感のある状態で、(1瞬で)ブランドが持つ世界観をビジュアルで伝え、認知、興味から需要喚起まで起こせるプラットフォームなのが特徴だなと最近思っています。そして、その方向性は情報過多により、なんの情報を脳に入れるかという情報選択が瞬間瞬間で無意識に行われているユーザーにとっては非常に合っていると思っています。

一方でこんなプラットフォームは今まであまりなかったのでまだまだどう作っていくべきかというのが掘りどころがある部分かと思っています。そんな中今回の記事では非常に多くのヒントをいただいたと思っています。

こちらの記事はPRではありますが、非常に示唆に富んだ内容なので皆様にも読んでいただければと思いますし、こちらをヒントにどう仕組み化できるか考えてみたいと思います。

> グローバルで統一された素材を中心に使うのですが、インスタグラムではそれに加えて、日本の人たちに魅力的に感じてもらえるよう、ローカルの素材を自分たちで撮りおろして作っています。色に関しても「赤」ではなく「真朱(しんしゅ)」、「青」ではなく「浅葱(あさぎ)」といった伝統色を選び、日本の人の心に刺さるようなビジュアル作りにこだわってきました。
> 2018年のテーマは「MINIと日本の景色」だったので、日本の美しい景色を組み合わせた写真を撮影して投稿していましたね。
BMWのWebプロモーションと言えば2001年の"The Hire"を今でも思い出します。ダイヤルアップで待ちに待ってGuy Ritchieのショートムービー見たなあ。
インスタの力は大きいと自分も感じてる。
デザイナーさんとインスタで知り合い、洋服を提供していただきその代わりにインスタにアップするというスポーツ選手は周りを見ても多い。

業績