新着Pick
865Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
策としてわからなくはないのですが、どうなのでしょうか。
人気 Picker
地方に帰りたい若者は多い。
帰らない理由は、地域の閉塞感もあるが、何よりも面白くて実入りのある仕事が少ないこと。
地方で起業を促すのはこの閉塞感と面白く実入りのある仕事を作るにはいいですね。

後は子供を産み育てる環境かな。
出産に助成金も良いけど、産婦人科、小児科病院が極端に少ないのを改善すれば子育て世代が安心して地方に移住することが出来ます。

この制度、使わしてもらおう。
ほんとこういう制度は色々歪めるのでやめた方がいいと思うんだけど
お金の問題よりも地方のコミュニティの閉鎖的なカルチャーを改めないとまともな人材は来ない。まず首長を地元以外の人にできるか、だな。地方が試されているのだ。
掲載された中小企業に、親類縁者が就職したことにする。

住民票を当該地域に移す。

100万円を受け取ったら、山分けする。

こういうシナリオを指南するコンサルタントや士業が出てくるのではないでしょうか?

補助金や助成金の不正受給は、実際にはとても多いと感じます。
摘発されるのは氷山の一角。
地方より都市部の方が稼げちゃうから、が本質なはず。なので、地方の賃金アップと職の多様化の後押しの方が長期目線ではmake senseな気がする。例えば農業一つとってもこれからの時代は日本の大きな輸出産業に(生産&技術)なりますし、これらを担う若手プレイヤーを増やすのに特化した支援金制度、などなどazs.
毎月全国を回っていますが、正直、まだまだ地方には起業家を支援するエコシステムが出来ていない。

一方で東京にはVC、政府、メデイア、支援家が起業家を一気にIPOやM&Aまで育て切るエスカレーターのようなイノベーションエコシステムが生まれつつある。

だからこそ、
今回のような東京から地方への人材の橋渡しに加えて、
地方のイノベーションエコシステムを東京と繋げる政策を重点的に実施することで日本全体としてのイノベーションエコシステムが生まれる日は近い。
賛否両論ありますが、やはり起業する際の大きなハードルのひとつに当面の運転資金があり、そこで補助金等の支援があるのは大きなサポートになると起業家のひとりとして実感しています。
一方、少し話はそれますが、起業の際に頼ることが多い政策金融公庫の新創業融資制度については、金融業は利用不可となっており、金融スタートアップは創業の際に困ってしまうことが多く、ここも何とかして頂きたいところです。
考え方に賛同はしますが、この手の政策でうまくいった試しがない。補助金そのものに副作用があるとしか言いようがない。
東京から地方への人口移動を前提とせず、人口減少を前提とした上で、地方の稼ぐ力を上げるには… #WEEKLYOCHIAI 1/16「地方のアップデート」はそんな議論から始まっている https://newspicks.com/movie-series/6?movieId=246
地方に帰って何かをやる時には、まずは助成金を探してみるのは大事だと思いました。

東京から地元に帰って格闘技ジムを開こうとする格闘技選手にぴったりなような気もしています。