新着Pick
396Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
スウェーデンのキャッシュレス事情。便利そうだなぁ📱日本では選択肢が多すぎてよくわからん状況ですね💰

>日本では決済アプリが乱立しているようだが、ここは民間に丸投げではなく、国と銀行主導で一本化をするべきだったのではないかと思う。
人気 Picker
Swishという決済アプリ。
〝2012年にスウェーデン及び北欧の6つの銀行が開発。現在の国内ユーザーは約670万人で、1000万人の人口のうち半数以上が使用していることになる。″

上市してから6年ほどで、人口の67%に普及してのは、なかなかのスピードですね。

ただ、まだ送金利用が大半を占めていて、Swishでの決済は少ない模様。スウェーデンは既にクレジット決済が普及しているので、他のキャッシュレス決済ニーズは低いのかもしれませんね。
残りの330万人は何を使っているんだろう。デビットカードが一番多いのかな。

日本では、PayPayの決済(ビックカメラなどのコード読み取り式)ですら、面倒くさいとの批判が多くある。Swishの使い方は簡単とあるけど、日本で同じ仕組みがあったとして、これを簡単と思う人はいないと思います。携帯電話番号を知られるのもデメリット。
日本には日本に合った仕組みがあるでしょう。非接触のNFCとか、SNSやEC等のアカウントを通じた支払いの方が抵抗が少ないかもしれません。

本文より引用
“Swishの使い方は非常に簡単で、アプリを起動し、受取人の携帯番号と金額を入力し、BankID(印鑑のようなもの)で支払いを承認するだけ。所要時間は10秒程度だ。”
シンプルが一番!

数年前にキャッシュレスの流れを作る必要性を
日本の銀行が認識していたとしても、、、

決済システムの統一に向けて何かしらのアクションを起こすとは思えないですが

スウェーデンが決済システム一択の流れは、国際競争力の強い企業が中途半端に多い日本だからなのでは、
国際競争力がなければ一致団結して活路を見出していた気がします
官民一致団結でキャッシュレスを推し進めたスウェーデン。

政府が促進の施策を打ち出しつつも、基本は競争→淘汰の道に進みそうな日本では、実現するキャッシュレス社会のあり方は異なりそうです。
スウェーデンの決済で最もよく利用されているのはデビットカードです。ついでクレジットカード、そして電子送金(口座引落や銀行口座送金)。

キャッシュレスが進んだスウェーデンではお金のやりとりが現金ではできないので、スウィッシュが普及したと聞いています。まだ補助的決済手段ですが、今後拡大していくでしょうね。
僕は、決済システムは1つだけより、日本のような多様性がある方がいいと思っているし、その方が、自分に合ったものを選べるし、より便利になると確信している。

今は使いにくいように感じるかもしれないけど、それはキャッシュレス協議会の活動が結実すればそのうち解消する。
昨年、ストックホルムで完全キャッシュレスで過ごしました。使ったのはvisaとマスターカードだけです。
Swishは、スウェーデンの銀行口座を持っている人が個人送金に使っているようですね。
不思議なことは、スウェーデン始め北欧資本の銀行が多いエストニアでは、Swishが使われていないことです。
→あっ、これ最初状況知りたいのでご存知の方教えてください!
乱立もいいのでは。各県で各決済のように。
競争し淘汰され、という順序を追って絞っていくのもまた良いのかと。
これぐらい受け入れる側も統一されていて、分かりやすくないとなかなか使おうというモチベーションも生まれづらい…
今後はたくさんある決済ザービスも淘汰されていくんだろあな。インフラ化するならこれみたいにひとつだけとかの方が広まりやすい。
Apple Inc. (アップル)は、カリフォルニア州クパチーノに本社を置くアメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
297 兆円

業績