新着Pick
211Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
実は褒められるのが上手な人は伸びるんだよね。相手から褒められるのも、自分で自分を褒めるのも。褒められ方上手。褒められ方上手の人は自己肯定感がどんどん高くなる。一方で、褒められると嬉しくなさそうにしたり、自分で自分を褒めるのが苦手な人は、これ結構厳しい。
人気 Picker
豊かな時代には食うためではなく、承認されるために働くというタイプが増加します。年長者にはとかく揶揄されがちな承認欲求ですが、SNS全盛の「いいねネイティブ世代」が今後組織の中心になっていくことは不可避。
承認欲求をバカにせず、組織運営にも生かしていくことが今後さらに重要になっていくように思います。
「Good Job!」が大事。

上手くやって当たり前、失敗したら叱られる時代は過去。上手くやったら「よくやった」と褒めましょう。

米国企業など、ちょっとしたことも「Good Job!」って言います。叱られたらどうしようと萎縮してしまうのとは正反対の雰囲気になります。

もちろん、ただいい気にさせるだけではダメ。どこが良かったか具体的に言ってあげると、モチベーションも高くなり、さらに成長します。
承認欲求はこれからの組織のテーマになると思う。

アメリカではミレニアル世代の承認欲求に承認で応えていく流れが主流であり、RecognitionというジャンルがHRで確立されてる。

日本はゆとり世代の承認欲求を、甘えと論じる風潮が強いかもしれない。
褒められたい人は、他の人がどのように褒められたいのかをよく理解していたりします。