新着Pick
212Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
実は褒められるのが上手な人は伸びるんだよね。相手から褒められるのも、自分で自分を褒めるのも。褒められ方上手。褒められ方上手の人は自己肯定感がどんどん高くなる。一方で、褒められると嬉しくなさそうにしたり、自分で自分を褒めるのが苦手な人は、これ結構厳しい。
人気 Picker
豊かな時代には食うためではなく、承認されるために働くというタイプが増加します。年長者にはとかく揶揄されがちな承認欲求ですが、SNS全盛の「いいねネイティブ世代」が今後組織の中心になっていくことは不可避。
承認欲求をバカにせず、組織運営にも生かしていくことが今後さらに重要になっていくように思います。
「Good Job!」が大事。

上手くやって当たり前、失敗したら叱られる時代は過去。上手くやったら「よくやった」と褒めましょう。

米国企業など、ちょっとしたことも「Good Job!」って言います。叱られたらどうしようと萎縮してしまうのとは正反対の雰囲気になります。

もちろん、ただいい気にさせるだけではダメ。どこが良かったか具体的に言ってあげると、モチベーションも高くなり、さらに成長します。
承認欲求はこれからの組織のテーマになると思う。

アメリカではミレニアル世代の承認欲求に承認で応えていく流れが主流であり、RecognitionというジャンルがHRで確立されてる。

日本はゆとり世代の承認欲求を、甘えと論じる風潮が強いかもしれない。
褒められたい人は、他の人がどのように褒められたいのかをよく理解していたりします。
新着記事一覧
「ギフトコンシェルジュ」という新たな立ち位置。PitaPreが目指すギフトのあり方とは
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
18Picks

【最終話・Airbnb CEO】世界で最も重要な市場に旗を立てろ
NewsPicks編集部
20Picks

「女性との会話が苦手」を改善する4タイプ分析 - どう話せばいいかそれぞれ違う
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
2Picks

世界の運用資産の3割を占めるESG投資入門 - 機関投資家が次々に乗り出している
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
5Picks

働く妻と専業主婦の「幸福度格差」が示す、日本社会の厳しい現実
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
2Picks

カバンの中の整理術、「バッグインバッグ」は失敗のもとだった! - タスカジ最強家政婦seaさんの人生が楽しくなる整理収納術
Diamond Online
3Picks

ハワイ旅行の「時差ボケ」予防法、往路と復路それぞれのコツ - 地球の歩き方ニュース&レポート
Diamond Online
2Picks

【英語で謝罪シリーズ】クレーム級のお詫びが発生! 「sorry」「apologize」を使わずにどう謝ればいいの? - 非ネイティブエリート最強英語フレーズ550
Diamond Online
6Picks

一重、奥二重の人にも似合う! アジア人の目を美しく見せるアイシャドウの入れ方 - 自分のままで圧倒的に美しい 「自分の美しさ」を引き出すメイク
Diamond Online
2Picks

身近な食材でOK!睡眠の質を高める食べ方9選
商業界オンライン
2Picks