新着Pick
103Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
有料会員向けの「パスポート」機能というのがあるのですね。旅先で現地の方と出会うことが出来るそう。良からぬトラブルに巻き込まれないで欲しいとも思ってしまいますが、良い出会いがあれば海外旅行がより楽しめそうですね。

今日はPairsについての記事で出ております。
会員データを分析し、「本人すら気付いていないマッチング要素に基づき、相性のいい異性をレコメンドする仕組みづくりを目指す」そうです。
相性にもこれまで知られていない、そしてちょっと面白い規則性が見つかるかも知れませんね。
【「風呂好き」と「犬好き」は相性がいい? “異性の好み”、データで解明 マッチングサービス「Pairs」】
https://newspicks.com/news/3620407
Tinderのマッチングデータを解析したら、人間が初見で人を判断する上での本質的な傾向や特性を把握できそうで面白そうだなと思います。
>利用者は表示されたプロフィールを見て「いいな」と思ったら右に、そうでなければ左に画面をスワイプして候補を選ぶ

この沢山の候補の中から気に入ったものを選ぶという工程が最重要なのでしょうね。マッチングシステム自体はカンタンに作れるものでが、マッチングシステムって結局はきっかけ作りでしかなくて、その先に有るのは人対人のコミュニケーションです。この人対人の部分は趣味趣向などが絡んでくるので、自分に適した人とマッチしないと満足度は大きく下がります。だからこそ、選択肢をできるだけ多く確保して、その中から自分に合いそうな人を見つけるという過程をカンタンにできる仕組みが重宝されるのだと思います。

ここ最近、マッチング系サービスで企業したり、副業始めたりする人が急増している印象なのですが、”選択肢をできるだけ多く確保して、その中から自分に合いそうな人を見つける”という過程を重要視するとしたら、ニッチ系のマッチングサービスって上手くいかないんでしょうね。要注意だと思います。
これは出会い目的によって、フィルターがかけられるということかな。恋愛だけではないという観点でいうと、ネットワークビジネスやっている人にとってはとても需要がありそうな雰囲気。

業績