新着Pick
372Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
とても勉強になる。中小企業を長く続けるには、閉塞感を産ませないための努力が必要。その方法としてトップがどんどん爪先立ちで新規事業を推進するのはとても有効な手段だと思う。社員が、「社長つぎはキャビアかぁ、何考えてるかわからん」くらいいう方が、躍動感は維持しやすく、その挑戦の果てに、いわゆる戦略的に失敗事案を作るというのもまた経営。
人気 Picker
新規事業はやり続けるのが大事。筋肉みたいなものでちょっとサボるとすぐに退化する。そしてそれはどこか一部署だけがやるのではなく、会社全体で取り組まないとね。

『早めに新規事業に着手し、投資をして、その時は社内でたたかれても、いずれそれが食いぶちになって、会社を支えていくっていうことをくり返してきました。だからこそ、新規事業を思い切って進められる今の社風があるということです。』
自分が中小企業企業と仕事していて感じるのは、
伸びている中小企業

リーマンショック前後で、ロボットや医療など未来がある産業に事業ポートフォリオを移す→成長が見え始めている
傾向にあるということ。

新規事業やターゲット再定義を、経営陣が意思決定できることが未来を決める。

キャビアの話は、以前にこちらの記事で話題になってましたね。

https://newspicks.com/news/3577264/
ONE JAPANも今は大企業に限っているけど、中小企業やベンチャーの人たちと協働していくことが求められる。日本一周する中で地域の中小企業やベンチャーを訪ねたい。
「会社にとって一番重要なことは?」と聞かれて「継続し続けること」と答えられる人は余りいないのではないでしょうか。大企業は特にです。

答えられない理由は立場や世代によって大きく違うと思います。比較的若い世代は良くも悪くも会社に依存する意識が低いので、会社の継続性には興味がない。ご年配の人は定年まで逃げ切れればOKと思っている人が多い。経営層は、頭の片隅では継続性を理解しているものの”継続できて当たり前”という大企業病的な慢心があり、一番に重要とは言わない。そんな中、「継続し続けること」を一番に重要なことと挙げられるのは、本当に大事なことを見失っていないからこそだし、この意識があるからこそ、手がける事業が大きく変わっても成長し続けるがむしゃらな姿勢を保てるのだと思います。
とても素晴らしいし見習う点が多い。
キャビアの話が唐突に最後に出てきたけど、ここ深掘りしてほしかった。
もともと何もないところから始まるスタートアップと、大転換を余儀なくされた老舗企業とは、ゼロイチのマインドを徹底する点でとても共通しているなと感じます。常に変化していく時代なので、変化に弱い会社はなかなか戦っていけない。
自分の会社でも「Growth=成長」というワードを一番のビジョンに掲げているなか、その素晴らしいケーススタディとして読ませていただきました。
勉強になりました。「会社にとって重要なことは、継続すること」。継続することで、雇用を生み、社会に価値貢献できるんだと思います。

*****
「会社にとって一番重要なことは、継続し続けること」だと教えています。利益というのはずっと継続していくために必要な「栄養」であって、それ自体が「目的」ではないということを教育してきているんですね。
だから、先を読み、長く生きていくためにはどうしたら良いかを考えるときに、新規事業にもお金をかけて、非常に力を入れてやってきているんです。
1を2や3にしていく仕事と0を1にしていく仕事では使う筋肉なども違いますが、後者をやれる力も非常に大切。前者だけだと市場の衰退と共に。なんて事もあるので、老舗ながら挑戦し続ける環境作りが参考になりました。
非常に興味深いインタビュー。
「会社にとって一番重要なことは継続していくこと。そのために先を読み、長く生きていくために新規事業に力を入れる」というアナロジー。変化に適応するものだけが生き残る進化論的なお言葉です。
学びは
- 変化するに当たって過去の自社の成功にしがみつかない。電話線の事業が急減した故に、過去を否定することに躊躇がなかったのだと思います。これまでの習慣や価値観を破壊しないとなかなか事業のトランスフォーメーションは難しいものです
- トップダウンの新規事業改革。見えない未来を見にいく営みは、トップの覚悟でしか進めない。そしてその方向性と未来をを社員に鼓舞し続けること
- 未来が見えた先にまた次の未来が見えていること。キャビアの事業はカテーテルの時点では見えていなかったと思います。フェーズ毎にフォーカスを区切り、長期の計を立てつつも目の前の課題にフォーカスすることで、見えない次の未来が見えてくるサイクルを生んでいること
この連載について
ビジネスの話題に関する特別インタビュー