新着Pick
The Wall Street Journal
アップルの「iPhone(アイフォーン)」の主要サプライヤーである台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が、インドでのiPhone生産を検討していることが分かった。実現すれば、アップルは生産・販売の両面で中国への依存を軽減できる可能性がある...

この記事は有料会員限定の記事となります。

39Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
2年前からあった話です
https://newspicks.com/news/1961275

結局進んでいなかったと言う事。

インドは精密機器を作るには人と技術はもとより水と電気のインフラが脆弱すぎる故敬遠されてきたが、国内市場の成長と中国の地政学リスクから現地製造を表明する企業がこの数年で増えた。当然の流れでしょう。むしろ遅きに失している誹りは免れないレベルでしょう。最大のライバルSamsungは既に韓国外最大の工場をインドにオープン済み、Xiaomiも現地製造発表済みです。
蛯原さんがコメントされているように、前からあった話ではあるがそこまで進んでこなかった。
電子機器は重量・体積に対して金額が高い。なので、サプライチェーンができているところで作ってエアで輸送してもある程度対応できる。ただ足元は貿易摩擦などのリスクが上がってきていることと、インドがスマホ市場の最後の大規模成長地域になっていることも背景にあろう。
部品について、空輸で対応するか、現地生産をするかは、部品の種類にも、生産規模にもよる。電子部品含めた巨大サプライチェーンが中国に構築されている中で、どれくらいになっていくだろうか。
インドは輸出につながるなら歓迎、アップル・ホンハイは成長市場のインドで生産することは悪くないということでしょう。アップル・ホンハイが脱中国に向かうのか、中国プラスインドでいくのかに注目したいと思います。
鴻海はすでにインドに生産拠点を持つもののiPhoneのようなハイエンドを作ってはいないとのこと。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
104 兆円

業績