新着Pick
2465Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
伊藤忠のすごさは突飛なことを決断できる経営トップを選べることだと思います。丹羽宇一郎さんの4000億円不良資産一括償却断行は有名ですが、丹羽さんは他にも、報酬全額返上、電車通勤、ステップワンジェネレーションと宣言してひと世代丸ごと飛ばして次のトップを抜擢、といった他の企業なら絶対許されない、クーデターが起きるようなことをやり抜きました。岡藤さんの「朝型勤務」への移行も時代を先取りした慧眼としか言いようのないものです。普通の企業なら「やめてくれ」「現場無視の暴挙」の声が湧き上がり、計画倒れになりかねません。驚くような斬新な発想をする人物をトップに選び、そのトップの決断に従う企業風土は、三菱や三井にはないものだと思います。
トレーディングから事業投資へ。事業のタネを見つけ、出資と共に事業化を支援し、配当やキャピタルゲインで回収する。

私も伊藤忠出身なのですが、手前味噌ではなく本当に個性ある優秀な社員が多いと感じます。商社にあるものは「人」と「知恵」のみ。その業態は時代に合わせて脈々と変化してきました。海外の人に「商社」を説明しても、決して理解されない、持たざる国日本から生まれたユニークな業態。

出資競争に明け暮れたVCは今や、お金以外の付加価値競争へ。そしてVCの中には自ら事業を営むものもある(=CVCの隆盛)。今や商社のビジネスモデルはVCそのもの、いや、むしろ事業+投資のハイブリッドモデルを先んじた世界の先端モデルな気すらします。中でも伊藤忠は常に変化を切り開いてきた先駆者。そして原点である「三方よし」の精神は、160年の時を経て今や誰もが口にする「Win-Win-Win」という商売の基本。知れば知るほど、興味深い野武士集団です。
わたしが就活していた時期、総合商社の中でも、伊藤忠の発するメッセージは一番ハッキリ明確と評判でした。

今回の記事を読んで、変わらない力強さを感じ、大変感嘆しました。
トップページから消えたので独り言.
不毛地帯,壱岐正(瀬島龍三)がどうしても頭から離れないんです.
分かりやすいインフォグラフィックです。
近江商人の三方よしという原則は現代では特にキーな気がします。
同質化が進む中で業界をディスラプトしている企業、例えばメルカリなどは売り手と買い手、配送業者など関係者全てが利益を享受する仕組みが成り立っている。
競合他社との差別化ポイントに的が絞られており、シンプルでわかりやすいですねー!
就活生なら間違いなく志望したくなるな!
わかりやすい。伊藤忠さんはパブリック・リレーションがしっかりしてる
エンターテイメント関連でも、スペースシャワーが好調です。業態変革を継続できる社風というのは素晴らしいですね。
デサントの件がある中で「三方よし」というタイトルに少々、、、
伊藤忠商事まとめ。
この連載について
伊藤忠商事株式会社(いとうちゅうしょうじ、ITOCHU Corporation)は、大阪府大阪市北区と東京都港区に本社を置くみずほグループ(旧第一勧銀グループ)の大手総合商社。日本屈指の巨大総合商社であると共にアジア有数のコングロマリット(異業種複合企業体)でもある。 ウィキペディア
時価総額
5.67 兆円

業績