新着Pick
850Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨日、大反響をいただいたトヨタの社内会議の潜入レポート完結編。本日のテーマは、自動車メーカーとしてのトヨタの「死」です。

個人的には、最後に語られる豊田社長の思想が印象的でした。トヨタは「一代一事業」と言われますが、なるほど、そういう考え方なのか、と。

*白い巨塔編
【激論】トヨタ社長も動かせない絶対権力、「白い巨塔」の真実
https://newspicks.com/news/3610655
昨日の動画も観ましたが、一連の情報公開は元旦から始まった「トヨタイムズ」からの流れなんですね。

以下、トヨタイムズより。
https://toyotatimes.jp/
「トヨタイムズは、トヨタに関わる全ての方に、トヨタのインターナル(内側)をお見せするメディアです。
未来のモビリティ社会を一緒につくる仲間に、トヨタのありのままの姿、私のありのままの姿をできる限りオープンにしていきたいと思います。
(中略)
トヨタイムズは、これまでの社内報やイントラネットといった閉じられた世界から飛び出し、テレビやラジオ、新聞、インターネットといったメディアを使ったオープンな世界に飛び込んでいく、
「新たなインターナル・コミュニケーション」への挑戦です。
悩みながら、試行錯誤しながら、皆さまにお伝えする努力を続けてまいります。
応援よろしくお願いいたします。
2019年元旦 モリゾウ」

トヨタイムズにイチロー選手が出ていたこともあり、「変わらなきゃ」というフレーズを思い出しました。
トヨタも日産も「変わらなきゃ」だし、日本全体も「変わらなきゃ」いけないのだというメッセージを感じました。
昨日の続編。今日は章男社長の「ぶっちゃけ突っ込み」はなく、登壇者が「変革の必要性」を説くという内容。中でも書いてありますが、社員にとってもあの香川照之のCMで「何が起きるんだろう」と注目度が集まったところで本イベントになっており、コミュニケーションデザインとして秀逸だと感じました。もう一つは単なる憶測ですが、登壇者の面々自身の意識変革も狙っているとすればそれもすごい仕掛けだな、と感じました。敢えて「白い巨塔」と呼ぶことで「俺たち白い巨塔じゃねーし、柔軟に変化するし」という気持ちを起こさせる、皆の前で「変化しないといけない」と宣言させることで自己変革を促す、ということまで狙っているとすればすごいな、と。単なる憶測ですが。
「リアルの強み」をもつ日本企業のトップランナーとして、今後のトヨタがどんなモビリティサービスを実現してくれるのか。ひとりのトヨタユーザーとしても注目していきたい
経営陣の相当なイノベーションが起きない苦悩を感じますね。

「トヨタは既に評判がいいクルマを作っているし、耐久性もあって保守管理がちゃんとなされているから、消費者が手放すはずがない──。
そう高をくくっていると、何か消費者が求めているところに一つでも遅れた瞬間に、全てのトヨタ車について、「もうこんなものには乗ってられない」となるでしょう。」

これなんかまさに所有から利用へ変わった時に違うパラメータで評価されてしまうことを感じます。

某資産3000億円くらいの海外の人のコンサルをした時に乗ってた車がアルファードみたいな車だったんですよね。

「なんでもっと良い車に乗らないの?」と聞いたら「屈んで乗るのめんどくさいだろ」と予想外の回答で驚きました。

多様化された時代の車作りの大変さを感じましたし、日本企業が苦手な高付加価値のラグジュアリーな車の開発も大事だと思ってます。なんせBMWと共同開発のスープラがたった600万円台で買えてしまうのですから。

このニューズピックスさんの記事を新聞にして全国の従業員の方に読みやすいフォーマットでお届けすると少しは変化のきっかけになりそうですけどね。
本題からは離れるが、後発者が一気に抜いてくることについてクリスチャン・クリステンセン氏の「イノベーションのジレンマ」は名著。
そのなかで組織的な要因も多く触れられている。既存のやり方に最適化して拡大してきたからこそ、企業プロセスがそれに最適化されている。新しいものをやるときに、プロセスがあるからこそ、それを横断したコミュニケーションがやりにくいといった点もあったと思う。

自動車は様々な技術が組み合わさっている。自社も、部品メーカーも協業が必要で、特に量産となればそうだし、まさにTeslaが今苦しんでいる点。
とはいえ、イノベーションのジレンマに書かれている点も真実。記事でもCASEの全要素が一斉に車に入ってきていることが、過去のブームとの違いという寺師副社長の言及がある。それらを横断的にやり取りをする、その知見をリーダーや組織全体が共有して動けるか。そこへの問題意識が表れている発言が多いと感じた。
そのなかで、世の中にどういう自動車やモビリティサービスを提供したいのか、下記は平凡な言葉に見えるが、個人的にはとても印象的だし、トヨタという会社も表していると感じた。
『AIを搭載した車を、適正な品質で、適正なコストで量産して、かつそれをきちっとメンテナンスし続けて、安全な「移動サービス」として提供する。』
UBER,grab,Google,Appleの話は矢継ぎ早に出てきますが、他の車メーカーの話は出てこない。GMが出てくるのは他山の石として教訓にされるときのみ。
人間は役者でもない限り普段話したことのない事を突然話せ、と言われても無理です。普段から社内で話し合われている延長にあるのでしょう。
「生意気ですが、僕は彼ら(豊田織機から豊田自動車へ方向転換した創業者たち)の無念を晴らしたい。生きている間は結果が出せず無念となっても、トヨタは今、自動車からモビリティサービス企業へと、モデルチェンジをすべきです」と切実に社員に訴えかけた豊田社長。

「みなさん、失敗しても構いません。ぜひ、暴れまくっていただきたい」という締めにも切迫感が漂っています。

ホンダは地上から空(ホンダジェットで)へ視野を広げています。自動運転車は道に制約されているけれど、空飛ぶ車は道路に束縛されない(規制はあれど)。

渋滞の苦痛を解決するモビリティがこれからは求められる。
今回のNPでの発信を読んで、この企画も壮大なインターナルコミュニケーションの一つであり、社内はもちろん社外パートナー、社会に向けた発信であると感じます。そしてそれがトヨタなのだと。個人的にはこの顔ぶれは錚々たる方々なのだと思いますが、逆に言えば色やスパイスというより、王道で重厚な印象を受けます。
人類史上最も変化の激しい時代。優性種でも生き残れない。すべての企業はいつ死んでもおかしくないと痛感します。

トップ7人が口をそろえて将来のリスクを唱える。自分達はどのように闘いに挑むのかを一人一人の魂に問いかける。

将来どうなるかなんて考え抜いたって正解は出ない。しかし、“きっとこうなるぞ。だからこう闘うぞ”とセンスメイクさせることがリーダーの努めだと確信します。正に入山先生の仰るとおり!

トヨタの力がそこにあるように感じる。頑張って欲しい。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別レポート
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
23.2 兆円

業績