新着Pick
1316Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
本日から5日間、ソフトバンク・孫正義社長の側近(社長室長)として活躍していた三木雄信さんのイノベーターズ・トークをお届けします。
三木さんはこれまでソフトバンクの経営論、孫社長の仕事術について多くの著作を書いています。今回改めて、「家政婦は見た!!」というノリで、孫社長の素顔から働き方、経営論を網羅し、ビジョン・ファンドなど最新のお話まで語って頂きました。
驚くことに、三木さんが孫社長のかばん持ちになった1980年代後半から今日まで、孫社長が語るビジョンや経営論は何も変わっていないそうです。
今回の記事では、会社と個人が劇的に成長する、最短で大きな結果を出す、孫社長独自の働き方の意外に知られていないことを中心に聞いています。
三木さんは、間近で見た孫社長の働き方を徹底研究して、SB時代に成果を出したことでも知られますが、誰もが残業しないで多くの仕事をこなし、結果を出すノウハウに落とし込まれているため、大変役立つ内容です。
日頃の仕事に色々なヒントが得られます! 是非、お読み下さい。
社長室のあり方を考える意味でもたくさんのヒントがあった。

『孫社長の働き方の基本は、まず「いつまでに何をするか」という締め切りを決め、あとはゴールに向かって柔軟にルートや手段を変えながら突き進むことです。』
『これは孫社長の時間術、第2の特徴ですが、マイルストーンに常に集中するのです。』
『孫社長の時間術、第3の特徴は「発表経営で締め切りを公言する」ですね。』
KDDI子会社でCMOをしていた時に三木さんの本を含めてソフトバンクの意思決定の早さについてよく調べていました。

孫さんは勝つべくして勝つんですよね。
予定調和になり大事なポイントを見逃すことはないし、他の会議を優先して大事なポイントを見送ることもない。

経営者は決断が大事だと良く理解しているからこそイベント会社の社長だった人が世界に名を知られる会社になったのだと思います。

僕たちも意思決定の量と質を上げて「今のまま」をやめて、常識にとらわれずどんどん会社が社会に役立つ範囲を大きくしていきたいですね。
時間術の方よりも、『壁あて』の表現が気になりました。

得てして、すごい経営者の周りには、リアクションの上手い人が重宝されるように見えます。勢いある会社どこでも。

その人たちはそこから、ちゃんとプロアクティブに動けるようにどこかでドライブしないと経営者にはなれない。

このドライブが、他の企業にはあまり見られず、孫さんの周りの人には起きている気がするのはなぜなんでしょうか。
多角化の恩恵でしょうか。この辺だれか語ってたら教えてください
「経営目標を明確にし、目標達成のためのマイルストーンを設定する」「マイルストーンに組織全体を集中させる」等が経営者にしかできない重要な役割の一部だと考えますが、言葉にするほど簡単ではないと感じます。
経営者自身の能力もさることながら、常に変わり続ける優先順位に合わせて経営者とともに全ての経営リソースを最適化する組織としての足腰の強さも必要不可欠です。
昨年末にシニフィアン社の鼎談記事でスタートアップにおける管理部門人材の重要性に関するものがありましたが、今回の記事を読んで改めて組織の足腰の強さの重要性を感じました。
過去に新規事業を企画していた時、三木さんにメンタリングして頂いたのですが、こちらの五月雨式な悩みや不安にズバッズバッと即答頂いて、凄い人だと驚いていたのですが、孫さんとの壁打ちが背景に有ったのですね。三木さんの働きぶりは、目的は自分がのし上がる為かもしれませんが、手段として会社を上手く回すことに注力されていたので、孫さんに徹底的に信頼されたのかと思います。

それにしても、孫さんがこんな働き方をしているからこそのソフトバンクなのだとしたら、孫さんいつまでも辞められないでしょうね。
こうした異次元のパフォーマンスを発揮する人の仕事術は真似できないと思う反面まだまだ伸び代あるな、とワクワクします。
>「発表経営で締め切りを公言する」
これは私もやるやる。
フライングではなく迸るWILLにより退路を断つ方法。
未来を決めるのは決意の瞬間。
孫社長は凄すぎて参考にならないと思っていましたが、読んでみると実行できそうなことが多いです。
楽しみな連載になりました。
シンプルなことですが、それを実行し続けているのが凄いですね。言うは易く行うは難し、ですから。
経営の壁打ち相手になれるか、何なら投げたボール以上に、イキが良く、ピンポイントで返ってくる壁になれるか。経営を刺激できる存在でありたいですね。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
11.4 兆円

業績