新着Pick
88Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事の「商標上、正しいことをしている」、「法的には“手も足も出ない”状況」という部分は、少し違います。
日本の商標法にも、他人の業務に係る商品と混同を生ずるおそれがある商標や、外国における周知商標を不正の目的で使用する商標について、登録を認めない旨の規定はあります。これらを理由に無効審判を請求し、認められれば、商標権は初めから存在しなかったものとみなされます。
一度、審査を経て、登録された商標を無効にするのは、確かに難しいのですが、シンガポールのヒーローホールディングスも、悔しい思いがあるなら、ぜひ無効審判で争っていただきたいです。

今回のケース、パクリの真偽は私には不明ですが、倫理に反する商標出願は、たとえ運よく特許庁の審査をかいくぐっても、SNS時代では Twitterによる "私刑"が待っているんだな、と強く感じました。
「そだね~」の商標出願が話題になったとき、商標は先願主義だから、流行りの言葉は早期に登録すべし、とアドバイスしている経営コンサルタントがいましたが、とんでもない話です。
本家のティラミス、美味しい。シンガポールの人に広まるのも時間の問題でしょう。新興メディアのmothershipあたりが取り上げそうな話題。日本の法的には問題がなくとも、「日本人は、(いままでのイメージと違って)これからも、こういうことをする人たちかもしれない」、と思わせることにつながらないか、心配な話です。

シンガポールから、それだけ魅力的な商品やサービスが生まれるようになったことの証左とも言えますが…
この問題、twitter 経由で情報が拡散し、まずはwebメディア、次に既存メディアが後追いしています。

商標は早い者勝ちの原則があるとは言え、こんなエゲツない反倫理的なやり方が許されて良いわけがなく、特許庁も公式なコメント出すことになるでしょう。
(すでに特許庁にコメントとった記事も→ http://gogotsu.com/archives/47436 )

そして、法の抜け穴を巧みに利用したこのような反倫理的な企業には今後ネットによる正義の鉄槌が下されることが今後も続くと思います。先日の町田総合高校の件もそうでしたし、言ってしまえばもう10年以上前からその動きは明確です。
自由なネットの力が逆に倫理規範をつくる。そんな時代ですね。
中国や韓国ではなく、日本で「合法だから問題ない」と言う発想で商売しようという人を軽蔑しますし、日本国民として、恥ずかしいです。海外で既に有名な商標を日本で先に他社が登録していた場合、異議申し立てで、登録が無効になる可能性もあるので、特許庁の公正な判断を待ちたいですね。それにしても、本家が脇が甘すぎですね。
『HERO'Sとして|ティラミスヒーローズ』
https://www.hero-s.net/contents/98/

“「THE TIRAMISU HERO」 のロゴ(登録番号第6073226号)に関しましては、シンガポールの日本側運営会社に対し、その使用権をお渡しする所存でございます。
皆さまにお騒がせ致しまして誠に申し訳ありませんでした。”

ロゴだけは諦めるという事なのかな。
本当に酷い話。広くこの話が拡散され、こういうビジネスのやり方は社会として受け入れられないということを示して欲しいですね。
表参道の「HERO’S」、違法かどうかはともかく、アウトです。
大抵のニュースはNewsPicksが一番早くリーチ出来ているのですが、今回のティラミスの話は朝のニュース番組で最初に知りました。

ブランドが表現している「人格」に共感できるかどうかが、この価格帯の支持される肝になります。

「HERO’S」が商標を取っていても、「ティラミスヒーロー」に対する友好的な態度を示すと、ブランド価値って高くなるんですけどね。
この件、さっそくワイドショーなどでも取り上げられてており、認知度は急激に高まってますので、電凸組もすでに活躍してるかもしれません。これによって偽物の売上が減るのか、それとも話題になったことで増えるのか、また批判が殺到すれば偽物がブランド名を変えるのか、しばらくは注目を集めますね。