新着Pick
272Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
東大には試験対策委員会(シケタイ)という、美風なんだか悪習なんだかよくわからない、非公式な制度が存在します。授業ごとに担当者が割り振られ、試験対策プリント(シケプリ)を作成し、試験対策委員長(シケチョー)が取りまとめるという制度です。
こうして作られたシケプリは基本的に学年をまたいで同じクラス(オナクラ)内で融通されるため、入学時に上級生(上クラ)が下級生(下クラ)を引率するオリエンテーション合宿(オリ合宿)の場で、自分たちも恩恵を受ける上クラ達が、下クラに対して周知徹底し、参加を呼びかけるという、労働組合のような運用がなされています。
入学時、その高度な仕組み化と厳格な運用具合に「さすがは官僚養成学校」と、妙に感心してしまいました。
もっとも、シケプリを当てにしていると大抵はクオリティの低い内容でひどい目に遭いますし、得てしてまともに教科書を読んだ方が手っ取り早かったりするわけですが。

本来なら真面目に授業に出るに越したことはないわけですが、必修授業でおそろしくやる気のない先生に当たったりすると、100分も座しているのは苦痛でしかありませんからね。
メリケン大学では"Bible"といいますねぇ、(教授により公開された以外の)過去試験や宿題の回答集を センセイの立場で言いづらいのですが、国籍毎に別エディションがあるようですねぇ あ、あくまでウワサですよー、ホントに

考えてすぎでしょうねぇ、"the Bible" と呼ばないところに神への罪悪感があると思うのは
昔は、東大出版会が、学内で堂々と「〇〇教授、憲法第一部講義録」というような製本したものを売っていました。

最近は見かけなくなりましたが、「法学部過去試験問題」とか「大学院過去試験問題」とかも売られていて、試験前には重宝しました。

建前は、
「学生何人かのノートを元に作成したもので、〇〇教授の認証は受けていません」
と書かれていましたが、ゼミを受けていた塩野先生に聴いたら
「ちゃんと見てるよ」
とのことでした。

学生を講義に出席させるために販売を止めたのでしょうか?
テスト対策の為の講義内容をまとめたノートから始まるのだと思いますが、真の価値はそこではないと思います。これだけが目的だったら、今でも各大学で行われているノートの貸し借りで十分だと思います。皆気を使って、ノートのオーナーには飲み代とか奢っていますし(苦笑)。それに、テストで良い点を取ることが目的だったら、他の大学のノートなんて何の価値も無いですよね?あくまで自分が受ける講義の教授の板書でないと意味がないです。

これの真の価値はキングコング西野さんの”しるし書店”の様なものではないかと推測します。しるし書店は他の人がメモを書き込んだ本を買って、本編とメモを読むことで、他人の思考を得るというサービスです。おそらくこの”Ari Kiri note”の狙いもそれと同じで、他の大学の生徒がどんな事を考え、学んでいるのかを知るきっかけを創出するのではないでしょうか。自分と同じ専攻の他大学の生徒の思考を得られると、自分の大学に留まっていては一生得られない新たな切り口での思考を得られて、自身の成長に繋がるというサービスです。
ノートをとる人のレベルも、その価値に大きく関わると思います。

受験生でも、私が話した内容を余白に書き留めている人もいれば、板書のみを書いている人もいます。

私の場合は、授業に出席していることが前提、かつ書く量をすこしでも減らすように板書を考えるので、ノートだけを後で見ると、出席していた人とは明らかな差が出ると思います。
ノートは授業を思い出すためであり、大切な部分がまとめてあるものではないでしょうか。

そういう私も、学生のとき、出席できなかった講義のノートをお友達に借りた記憶があります。
そして受験生にも出席できなかったときのノートを借りる相手がいなくて相談に来た人もいるので、そのようなときには助かるサービスだと思います。
もっと前に始まっていても良さそうな、とてもシンプルなサービス。時間割共有とか教科書・参考図書の中古本の売買とかと統合されていくんでしょうか。
良いサービスであり続けることを期待したい
ーー
ボランティア、NPO活動、インターンシップ、学生起業など、学業以外に注力したいことがある学生にとっては、本サービスを活用することで学業の効率化が見込める。
こういうのはこそこそやるからいいんでしょ
これ実態にあっててすごく面白いけどなんか方々から反感を買いそうだな…
学生時代、めちゃくちゃノート買っていましたねヽ(^。^)ノ