新着Pick
2728Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
佐藤留美さんに取材して頂きました。
『天才を殺す凡人』(日本経済新聞出版)は「天才と凡人」の話ではなく、「コミュニーケーションの断絶を防ぎ、なめらかな世界を作るため」の話。そのために分かりやすいアイコンのキャラクターが6名登場し、「実際のビジネスシーン」を元にしてぶつかり合います。ただ、その天才、秀才、凡人も実は相対的な存在。移り行くものです。

最大の見所は「誰が、あなたの中にいる天才を殺すのか?」です。

この点は『マーケティングの仕事と年収のリアル』の著者、山口義宏さんがこう考察をくださりました。

>(この本は)タイトルは過激に見えますが、天才(創造性)、秀才(再現性)、凡人(共感性)と、それぞれの強みを分け、それを事業フェーズのなかでどう活かされていくのかを、ストーリー形式で語られる素晴らしい本でした。

>まるで人が、天才、秀才、凡人に大別されるみたいに見えますが、それぞれの人のなかに3つの顔があるというのも納得。

>極めて普遍性が高くシンプルだけど、ビジネスの現場で実感のわく、味わい深いフレームワークとストーリーでした。

素晴らしい考察、素晴らしい記事をありがとうございました。
ジーニアス(天才)という言葉は、もともとラテン語の語源としてその人が生まれ持った能力のことを指します。だから、大学院時代に教授から、「君のジーニアスは何か?」と問われていました。

この記事にある、持って生まれたカードを大切にするってきっとそういうことですよね。それが創造性なのか共感性なのか、なんなのか。自分が持つ強み(ジーニアス)がフルに発揮出来る場所にいる人が幸せなのだと思います。そこにいないのであれば、その場所に行くために何回も失敗を繰り返して行くしかない、手に入れるしかない、と思います。

個人的には凡人とか天才というより、0-1が得意な人、1-10が得意な人、10-1000が得意な人みたいな方が分かりやすいかなと思います。何気に日本企業で一番足りないのは1-10だと思ったり。。
この世界は、天才と秀才と凡人で出来ている。でも、三者は殺し合うことがある──。というインパクト大な書き出しではじまるベストセラー『天才を殺す凡人』。

しかし、著者の北野唯我氏は天才を礼賛しているのではなく、むしろ、どんな人の中にも”天才”がいて、その才能の芽を紡いでいるのはむしろ自分なのかもしれない、ということを示唆しているのです。

では、自分の才能を”殺す”存在とは何か? 本稿をお読みいただければ、その存在と、才能を開花させる具体的なヒントが得られると思います。どうぞ、お読みください!
なんとなく自分でも考えてたり、飲みの席で語りあったりしてるような話が文章になって図解化されると面白い、という典型例。うん、面白い!
天才か秀才か凡才かわかりませんが、記事に書いてある通り自分にくばらっれたカードで勝負するしかありません。
こういった才能があればどれだけ良いか、、、と何回思ったかわかりませんが、無いものは仕方がありませんね。
天才でも秀才でも凡才でも優劣はないと思っています。それぞれができることが違うからです。
違いがあるのは人間が自然界で生きていくのに必要だったからだと思います。
強いものが生き残るのならライオンだけが生き残り、ウサギはいなくなっているはずです。
自分の役割を果たしていきたいと思います。
突っ込みたいところが山ほどあるけど自粛

追記
なるほど!最近クワガタみたくガガッて批判(批評)したくなることが多く、それが良いのだと盲目的に思い込んでいました。が、古川先生のコメント(私が一番疑問視していた点)を読んで、もっと広く捉えてポジティブに解釈しなくてはいけないのだと学びました。批判することで自身の視野を拡げるのでなく、固定化してしまっていたんだなあと。批判的思考にも良し悪しがありそうです。その具合を調整していこう。
一文一文がとても考えさせられる内容で、読み入ってしまいました。

キャリア支援をしていると、人には変身願望があることを実感します。最近はキャリアチェンジを志向する方が非常に多い。しかし、変身の仕方はイメージが持てていない人が多いとも感じています。今回の記事に非常に大きなヒントがあります。

引用
“人が自分を飽きさせない新しい挑戦をし続けるためには、常に「what」と「how」のどちらか1つだけを変えるようにするほうが賢明だといえます”

自分に配られたカードが何かを知り、その範囲の中で「what」と「how」のいずれかをずらしていくような変身。これが自分の才能を生かしつつ変身を遂げるキャリアチェンジのイメージだと思いました。
天才を殺す凡人とは、凡人に活かされる天才ともとれる。北野唯我という天才、私の周りの誰しもが持つ天才という才能を活かせる人でありたい。 #天才を殺す凡人
天才と秀才と凡人の関係図は、言語化できなそうなところを見事に言語化していてしかもすっきり腹落ちしました。

ここ1〜2年のビットコイン関連ニュースのコメント欄などを見てると、その三者の構図が如実に当てはまるような気がします。
私はそう指摘しましたが、結論から言うと、そんなことは時間の無駄だというのが私の意見です。
人生は配られたカードで勝負するしかない──。
この連載について
1年どころか半年単位で世界が激変する時代。 1つの組織に頼るのではなく、「個人の力」を上げる時代になってきた。 ピラミッド組織の中でうまく遊泳し、上を目指す「オールドパワー」的思想は限界。 これからは、自分の得意をよく知り、何を学ぶか、いかに仲間と協働し 新しいうねりを起こすかが問われる「ニューパワー」が求められる。 5000万人近いメンバーを持つコミュニティの創業者や 最新キャリア理論を解説するアカデミックな論客が、 あなたの人生が変わる最新のキャリア理論をお届けする。