新着Pick
1465Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
法政大学キャリアデザイン学部教授の田中研之輔さんは、著書などを読み、以前から注目していましたが、俄然、お会いしたくなったのは「『就活ルール廃止』をきっかけに、もういい加減、本音で語りましょうよ」というNewsPicksでも900Picks超えになった記事を読んでからでした(https://newspicks.com/news/3381683?ref=search&ref_q=%E5%B0%B1%E6%B4%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AB&ref_t=top)。

そうこうしていると、私が『仕事2.0』という本を出した段で、メッセンジャーに突如、連絡が。あ、田中先生だとびっくりしましたら「本読みました。ウチのゼミで話してくださいよ」とのこと。

行ってビックリ、ゼミの司会も学生。質問も全部学生。ついでに飲み会の仕切りも学生。もっとビックリなのがゼミに上下関係を持ち込むこまず、学生にも「たなけん」と愛称で呼ばせていたことです。こうして学生のポテンシャルを引き出すのだな、と感じいったのでした(ゼミ生とは今でも仲良くしていただいています)。

そんな、たなけん先生の次なる研究が、生涯に渡り「心のままに」変わり続けるキャリア…という「プロティアン・キャリア理論」。

キャリアの成否は社会や会社や上司が決めるのではない、自分が決めるのだ。仕事の報酬は心理的成功だという概念に共感でき、私も本を読んで勉強しました。そして、本ではまったく理解不能だった部分や補足的な概念を、田中さんに解説して頂きました。読むと前向きにな気持ちになる講義の実況中継です。久喜デザイナーの図解も冴え渡ります。ぜひ、お読みください。
Identityが欠けると過剰適応、Adaptabilityが欠けると不適応、いずれも適応障害に陥り得るでしょうね。

IdentityとAdaptabilityという一見矛盾した概念を両立させることが精神衛生的にも安定をもたらし、神戸大学名誉教授の中井久夫氏がいう「自分が大勢の中の一人であり、同時にかけがえのない唯一の自己という矛盾の上に安心して乗っかっていられること、それが成熟である」という概念にあたるのかと考えます。

ただ、スマホひとつで世界の様々なコミュニティーと繋がれるようになった今、恐らくAdaptabilityは昔に比べ見つけやすくなってきました。

なので個人的には、まずはIdentityを優先して自分本位で自分の人生をデザイン&アクションし続けていくことが先決なのかと思いますね。

Identityは探すものではなく、今日まで生きてきた自分、それが自分のIdentityでしかないのでしょうし。

掴まり立ちができるようになった。
歩けるようになった。

子供を見ていると、本来人間とは成長を喜びと感じる生き物だと切に思います。

自分で食っていけるほどに成長すればその後の成長の喜び自体が減ってくる絶対的自己肯定感だけが高い方もいるのかもしれませんが、中にはAdaptabilityを過剰に意識するようになってしまったことで本来成長できたものも成長できなくなったというケースも往々にしてあるのかもしれません。

「自分の人生は自分のもの」

これに尽きるのでしょう。
友人が上司が言われた「仕事の報酬は仕事だ」ということばが好きです。

この記事にある「心理的成功」は達成感だけでなく、承認欲求の充足にもあり。

できる奴と認められ、更なるタフアサインメントが降りてくることに心理的成功を感じる人もいれば「あなたが必要です」という必要とされることに心理的成功を感じる人もいるだろう。
「ありがとう」もそうだろう。

感じるポイントは様々だが
心理的成功=承認欲求充足=幸福感のように思います。
保存版。これは一度ではなく週末含め、何度か読み返したい。個人的にはややインプット過多による情報漏れがおこってるかも苦笑。
読み応えがあり大変勉強になった!
最近専ら「仕事と遊びの境界線がこれからは無くなる」と言っています。そもそもうちの会社は仕事中に「川、入ってく?」「ボード乗ってく?」「泉質見てく?」とかあるので分ける方が難しい!笑
日常の延長線上に飛躍はありません。
「不満」こそ「飛躍の起爆剤」です。
時代的にはかなり前に研究された理論ですが、読むほどに現代の状況にフィットしていることを感じさせてくれます。

文中にもありましたが、仕事においてやりたいことや進みたい方向性が明確な人は少ないという実感をもっています。ワークライフバランスは気になるけれど、そこで生まれた余暇時間を何に投資したいというのは決まっていない人もいます。

狭義のキャリア支援を続けてきましたが、広義に転換する必要性を日に日に感じています。リフレクションと探求を通じて心に沿った道を見出すことができれば、転職や異動といった変化にもっと意味を見出すことができます。

心に沿った道を共に探求できるパートナーが、これからのキャリア支援における人の介在する意味だと思います。

以下引用
「『心に沿った道』を追い求める人は、(中略)ラットレースを回避した」(『プロティアン・キャリア』より)
良記事
プロティアンキャリアというのは初めて知ったが、まさに自分自身が考えてきたこととピッタリ合ってる。(以下、メモ代わりに抜粋引用)

1つは、キャリアとは個人が創るものであり、組織が管理するものではない、と定義したこと。
2つ目は、キャリアに社会的な成功も失敗もなく、仕事の報酬は、目標が達成された時に得る「心理的成功」の獲得だと意味づけたこと。
3つ目は、仕事には遊びの要素が存在するため、生活との統合が可能

プロティアン・キャリアは組織の中で個人にもたらされるものではなく、個人が自己充足のために選択し、探求するもの

これまでのキャリア論は「組織が主で、個人は背景として描かれていた」のに対し、プロティアン・キャリアにおいて「組織は地面のようなもの」で、「個人が願望を求める場や媒体を提供する」

「たとえラットレースに勝ったとしても、君たちは所詮、ねずみのままだ」

キャリアの成功は個人の「心理的成功」(中略)
では、心理的成功は、どうすれば獲得できるか?
それは(中略)本人が経験や学びを重ね、進化していくことそのもの(中略)なぜなら、人は、自身の成長を実感するとき、もっとも強い幸福感を味わうから

不満というものは、アイデンティティかアダプタビリティが足りない時に生じる。

プロティアン・キャリアとは端的に言うと(中略)人生という未知の旅を、自分の意のままに続ける、その過程でキャピタルを蓄積していく、そこで培ったキャピタルを状況に応じて戦略的に投資し転換させていくこと。

(引用終わり)

さあ、これからもそうやって自分の人生を生きていこう。
タナケンさん渾身の記事!
私は毎年 法政大学のキャリアデザイン学部でゲスト講師をさせて頂いてますが、自身の更なる変身のきっかけ、糧になってます。
「自分の心に沿った道」と「現実の溝」を埋めるべき試行錯誤の旅は本当に楽しい!
以下引用
プロティアン・キャリア理論のポイントは主に3つです。
1つは、キャリアとは個人が創るものであり、組織が管理するものではない、と定義したこと。
2つ目は、キャリアに社会的な成功も失敗もなく、仕事の報酬は、目標が達成された時に得る「心理的成功」の獲得だと意味づけたこと。
3つ目は、仕事には遊びの要素が存在するため、生活との統合が可能だと、現在、落合陽一氏が唱える「ワーク・アズ・ライフ」の原型となるようなことを示唆していることです。
研之輔先生の骨太な「プロティアン・キャリア論」とっても興味深く読ませていただきました!

最近お呼ばれしていませんが、いつも”学者らしからぬ”エネルギッシュな先生に刺激をいただいています。

心に沿った道を追い求めるって、ま、簡単に言ってしまえば”ノリ”ですよね(笑)
ノリは大切です♪
この連載について
1年どころか半年単位で世界が激変する時代。 1つの組織に頼るのではなく、「個人の力」を上げる時代になってきた。 ピラミッド組織の中でうまく遊泳し、上を目指す「オールドパワー」的思想は限界。 これからは、自分の得意をよく知り、何を学ぶか、いかに仲間と協働し 新しいうねりを起こすかが問われる「ニューパワー」が求められる。 5000万人近いメンバーを持つコミュニティの創業者や 最新キャリア理論を解説するアカデミックな論客が、 あなたの人生が変わる最新のキャリア理論をお届けする。