新着Pick
20Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一昨年に発表された新学習指導要領で、2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されることが明示されました。どのような形で実施していくのか、教育委員会や学校現場でも検討が進められています。

次世紀に向けてカナダでは、STEM教育が必要不可欠であると考えています。特にプログラミングやロボテイックスの知識においては、2016年頃より幼稚園から高校3年生までの義務教育のカリキュラムに導入するように取り組みを進めており、実際に導入に成功している教育委員会も多数あります。どのような形で実施しているのでしょうか?

カナダで留学支援と教育システムの研究・広報活動を行っているウエストコースト・インターナショナル・エデュケーション・コンサルティングの代表の美和チュッカさんの記事となります。
小学校プログラミング教育を推進しています。

日本は外部の企業が入るのがとても難しいです。
学校側が営利企業を極端に嫌っているので、営利企業が学校に訪問して実際に話を聞いてもらえるまで、3回は訪問する必要があるようです。

そこをサポートしてるが、みんなのコードというNPOで、NPO経由だとすぐに校長室に通されて話を聞いてもらえます。

逆に、公教育でプログラミング教育でなにか貢献したいという企業もそんなに多くないのが現状です。(みんなのコードのスポンサー企業の数を見る限り)

これからの社会のために企業がCSRなどで貢献する意識も低い企業が多いこと、
学校側が企業を受け入れる体制、マインドセットがないことから、


これからの日本の教育とても心配になります。