新着Pick
544Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは米国的には大きなニュースですね。Apple Watchが本当にメディケアに入り込んだら、(なかなか難しいですが)日本で置き換えると、国民健康保険でApple Watchが保険適応となり、後期高齢者はApple Watchを3割負担で買えるようになったというような状況です。

そうなると、いよいよApple Watchは医療機器の一部である、医師が治療の判断に用いる、ということが公に認められたような状況となります。それと同時に、一般市民の方にとって、日常生活と隣り合わせの最も身近な検査機器となります。

医師はそれ相応の新たな検査の活用の仕方、一般の方は検査機器としてのApple Watchの正しい利用の仕方を理解する必要があり、共に高いヘルスリテラシーが求められる時代になりそうです。
繰り返しコメントしていますが、心電図がとれることの意味はかなり大きいです。また、転倒時の緊急連絡も有用と思われます。

不整脈の多くは発作的で、非発作時の心電図を見ても何もわからないことが多いからです。

脳梗塞の重要な原因として知られる心房細動の実際の有病率は誰も知りません。アップルウォッチの普及で統計データが一気に入れ替わるこどありえます。その場合には最適な治療は既存の研究と対象が違うので、検討し直しが必要になりますが、、、

話を戻しますと、メディケアとの連携は非常に興味深く、65歳以上などがメディケアの給付対象ですが、3-5%以上の方が心房細動をもっていると考えられます。この方々にどのような介入をすると脳梗塞を減らせるのか、また、心房細動は認知症のリスクとも知られており、早期に多数の患者に介入することでそのリスク低減なども、もしかしたら示されるかもしれません。

あくまで期待、、、という話ですが。



その他に期待されること:
動悸や失神の原因がわかったり、突然死をきたす致死性不整脈の監視ができることが期待されます。逆説的ですが不整脈ではないことが言えるだけでもすごく大きな情報であったりします。

動悸の半分は不整脈ではないと言われていますが、不安神経症などと診断されている方々に不整脈発作が隠れていることもしばしば経験します。そういった人達を早期に見出してあげられるかもしれません。後に診断されても、発作が起きるかもしれないという予期不安から本当に不安神経症になってしまっていて、不整脈を治すだけでは不安をとってあげられないこともあります。当然ながら診断は重要です。

また、失神は10年間で6%とか、アンケート調査だと19-39%の人たちに経験があると言われています。もちろん脳震盪や立ちくらみといったよくあるものも含めてですが。とはいえ、長い人生においてはかなり多くの人に認める症状だと言えます。いまだに、その2-3割近くも原因不明とされており、やはり心電図が見れることで診断精度は向上するでしょう。

その他には致死性不整脈といって突然死の原因となる不整脈も、実は夜中に症状がないまま短時間起こっていたりする可能性があり、今後こういったデバイスによる検出が期待されます。(さすがに全員につけても非効率的なので、どういった方を観察するかは今後検討されるでしょうけれど)
確か、転倒したりすると救急車を自動的に呼ぶ機能が付いていたと記憶してます。

メディケアとしては、重症にならないうちに治療できて保険金支払を抑制できる。

アップルとしては、他のアップル製品の購入動機につながる。

いやー、まさにwin-win ですね〜。
高齢者にウェアラブルIoTを届けたいと考えている人は、それが、高齢者の皮膚のバリア機能低下への対応とのトレードオフであることに注意すべきだと思う。個人差もあるけど、少なからぬ高齢者は、おいそれと常時ウェアラブルを身につけることはできない。
日本の高齢者のApple watch の費用、その心電図で見つかった病気の治療費、それらの多くが(今までのように)現役世代に背負わされる悲しい近未来…
Apple WatchってiPhoneとペアリングしないとセットアップ出来ない。Apple Watch単体でも動作出来るようなアップデートをするのかな。そうではなく、iPhoneも必要だとするなら、セットとなるiPhoneの購入にも補助金を出してくれっていう話なんだろうか。
別にApple Watchでなくてもウェアラブル デバイスに補助金出すならいいと思う。iPhoneの販売促進狙ってるのか。セットなら十数万円かかるぞ。Apple Watch使ってるけどジョギング以外で心拍数測ったことないし。スマホ使ったことない高齢者がiPhone使えるとは思えん。
なるほど。

なぜAppleがメディケア市場に入ったかよく分かりませんでしたが、『Apple Watch』と聴いて理解しました。

展開が楽しみです。
イノベーション企業による補助金獲得への動きは、サプライサイド改革に対する限界感を感じなくもないですが、医療機器の保険適用と読み替えれば、前向きに感じます。
保険適応になると凄まじく大きいな!Apple Watchがいよいよ離陸 >Appleは高齢者が「Apple Watch」を購入する際に補助金を得られるように、少なくとも3社のメディケアプラン提供元と交渉している
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
115 兆円

業績