新着Pick
19Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
つい昨日公表された1月のNY連銀製造業景況指数も、2017年5月以来の低水準まで下がってましたからね。
ベージュブックは、FOMCの判断材料として用いられますから、一部で景気鈍化の兆候が現れたということは、利上げ見送りの支援材料になるかもしれません。
米国の若者(25歳以下)の失業率は全般的に下降トレンドになっているように見えますが、高卒未満のカテゴリの改善が鈍化し始めているようにも見えます。これかからの全体の流れの予兆かもしれません。

https://www.bls.gov/charts/employment-situation/unemployment-rates-for-persons-25-years-and-older-by-educational-attainment.htm
ちょうど先日発表されたFRB公定歩合会合議事要旨で、NY連銀は反対していた(下記でAmanoさんがコメントされている)。ベージュブックでもNY地区は鈍化指摘で、そういう動きが背景にあったのだろうか。
https://newspicks.com/news/3598153
FRBガ16日公表したベージュブックについて。緩やかな景気拡大とはしたものの「楽観的な見方が弱まり、一部では景気鈍化の兆候が表れた」という表現が気になる。
お、ちょっときになる内容。景気鈍化の兆候か