新着Pick

アルペン、突然300人リストラに至った裏事情

東洋経済オンライン
「スポーツデポ」「アルペン」「ゴルフ5」などのスポーツ用品店を展開するアルペンが1月9日、45~64歳未満の社員を対象に、社員(アルペンと子会社ジャパーナ)の約1割に相当する300名程度の希望退職者を募集する…
525Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本格的なギアでない限り、スポーツウェアとカジュアルウェアの境はほぼなくなりリーズナブルでシルエットもこなれた後者にシフトするのは当然。
そのかわりスノーピークのように強烈なライフスタイル、パタゴニアのような環境意識、カナダグースやノースフェイスのようなギアとしてのスペックを満たすアイテムをファッションとして取り入れる時代。
しかしここはトレンドとしてなので短命です。
PB以外はどこでも買えてしまうものだろうから、今後はアルペンで買う理由を作ってゆく必要があるということです。商品の確認をアルペンの店舗でされてAmazonで購入されてしまうのは一番防ぎたいところでしょう。今後の小売業にとって必要なのは店舗数でも床面積でもなければ買う理由なのです。

PBの話をするとブランド品を私は取り扱っているのですが、マーケティングにおいて一番重要なのは顧客を理解することです。が、そもそもとして商品がイケテルかどうかをもう一度見てみた方が良いです。自分たちだけでは凝り固まって解決できない場合はクリエイティブディレクターを招致するのも良いと思います。まずは商品ありきなのです。ブランド品より安いよ〜“だけ”ではダメでしょうね。

そしてお店の話をすると、今までのように仕入れて並べてはいどうぞ!
というのはもう消費者に相手にされません。なぜならAmazonで買えるからです。しかも安く。
どうしたらよいのか?
ガラッと転換はリスクもありますのでできないでしょうから、自社の強みを使って編集を消費者中心にする事です。今はアウトドアのアルペンは調子良いようなのでそれも一つの編集です。編集は同じものを売っていても、高い値段でも買っていただけます。それは消費者がセグメンテーションされているからで、自主的に探している消費者は安く買いたい“だけ”ではないからです。

そして人です。
多分アルペンで長年働いている人はアウトドアが好きな人やマニアな人が居るはずです。それはコンテンツで強みです。そう行った人を接客だけで働いてもらうのではなくコンテンツとして利用すると良いでしょう。
ワタシなどは「アルペン」という言葉を聞いただけで、ちょっとテンションが上がる世代。時代は変わるんだなーという感じです。こんなこと言うのもアレですが、「45~64歳未満の社員」が「希望退職で1割」居なくなっただけで、ビジネスが勝ちフェーズに行くわけでもないでしょうから、抜本的な改革やチャレンジの道をこれから歩まれるんでしょうね。期待したいです。
社員数の1割をリストラするという厳しい見出し/内容ですが、こちらには光明も!!

>キャンプ用品の専門店「アルペンアウトドアーズ」だ。テントだけで300種類超という品ぞろえで、実際テントを張ってみることもできる。他店に置いていない商品を手に取ることができるとあって、ほぼ値引きなしの定価販売でありながら、土日は駐車場に入るための車が列をつくる人気ぶりだ。

一方で、本格登山ブームは沈静化しつつあるという話も最近聞いたので、アルペンのポジションからすると裾野の広いカジュアル・アウトドアをどの程度取り込めるかが肝なのかもしれません。
売上が急に伸びたように見えるフェイクグラフがここにも。
営利が落ち込んだのは2014年、2015年なので、直近でなくそのときに何があったのかが重要。
恥ずかしながら、キスマークとハートが自社ブランドで、自社ブランドの売上が4割とは知らなかった…そういう差別化してたのね。社長の趣味の飛行機を活かしたビジネスは何かないのかな?
https://www.enrich.jp/style/helicopter/20150415-9929
アルペンといえばコマーシャルに出ていた松本典子を思い出す。前の仕事をしているころ何度かお目にかかる機会があったがその可愛さに感動した。共演の真木蔵人も実にカッコよかった。
IGNIOがきっちりリブランディングするだけで、チャンスはありそうですけどね。

特にスポーツウェアで一定の品質が担保されていればノーブランドでもいい、というニーズは結構ありそうで、そこをユニクロが拾ってるんだけど、そこからあと一声安くてデザイン性もそこそこのブランドになれば戦えると思うんだけどなぁ。
バブルの時代、アルペンには夢があった。ただのスポーツ用品屋では決してなかった。今、スキーやっていないのに、ちょっと寂しい気持ちになってしまいます。
用具販売だけではなスポーツや健康管理の体験を、個人レベルにあわせて提供する時代かもしれません。少子高齢化対策待ったなしですね。
株式会社アルペン(英語: Alpen Co., Ltd.)は、愛知県名古屋市中区丸の内2丁目9番40号に本社を置く日本のスポーツ用品販売チェーンカンパニー。自社グループのジャパーナやキスマークジャパンでの商品生産も行う総合スポーツ用品メーカーとしての顔も持つ。 ウィキペディア
時価総額
728 億円

業績