新着Pick
138Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
タイトルのAI活用という文脈では、従業員の評価、発注だけでしたね。店舗のカメラで従業員の動きを見て働きぶりを評価する、というのは結構可能性がありますが、常に監視されているという気持ち悪さをどう克服するかですね
従業員の生産量監視。これは申し訳ないけど、成功しないと思います。多くの分野で反感を買うだけです。

私達も保育園や老健施設にカメラを入れさせていただいて解析していますが、行っているのは危険の検出・予測だったり、人と人の関わりの解析だったり、記録の半自動化だったり。それでも相当事前に説明会等しないと「これってボーナスの査定に使われるんですよね」とか「ちょっとした愚痴も録音されるんですよね」って誤解が生じてしまいます。
日本だとエンジニアも投資する会社も少なすぎてこうゆうのもたわ言にみえてしまうんだよなあ
そもそもAIを使ってのデジタル化が客の個別分析でなくつまらない仕事に回そうものなら日本はさらにアメリカに遅れていくだろうなと
呟いてみる
おもてなし「文中ではカスタマーファースト」と動態監視をうまく絡めないといけませんね。

因みに統計家からすると『AI;人工知能:機械学習』は、本質的には統計解析とは別クラスタなので、『AI』という言葉が安易に使われていることに違和感を感じる部分があります。