新着Pick
1158Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
海外の人は、日本酒がとても美味しいのに低価格で提供されていることに驚くそうです。
日本酒は、ワインのように酒米を栽培している水田の土壌から評価し、日本酒文化と一緒に発信していけば、ワインと同じくらいの付加価値をつけて提供することができると思います。

水田土壌品質評価 × 酒米評価 × 日本酒評価の3軸で”美味しさ”と”付加価値”を伝えることができれば、世界い通用するブランドになると思います。

日本酒の輸出量はかなり伸びています。
日本酒には、ワインと同じくらい素晴らしい文化が根付いています。
あとは、それをどのように発信していくかだと思います。
日本酒は、並行複発酵と言い、
糖化と、発酵が同時進行する
世界的に極めて稀な製造方法を
とっている。

この複雑な製造方法が、お米という
単一の材料にもかかわらず多種多彩な
味を生み出す。

そして、酒造りには、
一 麹
二 酛
三 造り

という言葉があり、麹菌の作用が
味に一番の影響がある。
日本のカビ文化の結晶のようなものである。

お酒は嗜好品であり、ストーリーも大切だと思う。
単純に味や、マリアージュだけでなく
ストーリーの発信も大切だと思う。
おお!これはタイムリー!
まさに昨日旭酒造さんのお話を伺ってきたばかり!ブランドを大切に、世界を見据えるそのお話は、もはやお酒だけではなく日本文化と世界の関わりを見据えていて、まさにビジョナリーでした。

日本酒に限らず、お酒と日本の掛け合わせでは本当に元気のいい人が多いですよね〜。衰退していっているからこそ良いものが見えてくるはずなので、是非キラリと光るものを取り上げていって欲しいです〜。
日本の酒量の減少は、コミュニケーションの変化要因が大きいと思います。社会的なパワーで強制的にお酒を飲ませるノミニケーションがお酒を悪者にしてしまっている。お酒を”楽しむ”文化を活性化させないと。お酒って素晴らしいですから。
HIUでも日本酒やクラフトビール、焼酎造りに取り組みオークションなども企画しています。面白さしかないですね。
台湾の人に京都には世界一おいしいジンがある、と教えられた。京都に住んでいながら知らないとは・・・。そのジンの特集が#3である。楽しみです。

今、お酒の世界に革命が起きているというレポート。世界をマーケットに日本のモノづくりが羽ばたく。味へのこだわりは、日本の文化。
昨年9月の「農業は死なない」に次ぐ、川内イオさんの特集です。国内の酒類販売量が減少するなか、酒造のクラフトマンシップを持った人々が新しい挑戦をはじめ、次々と世界的な成功をおさめています。その取組は他業種でも参考になりますので、ぜひ読んでください。なんだか勇気が出てきます。
この特集はおもしろそう。ブラジルでも日本酒ブームがおこりつつあります。あと2年もしたらだいぶ雰囲気違う市場になってると思います。そして日本から直接ではなくアメリカやヨーロッパで流行ったことをきっかけにブラジルでは火がつくことが多いので海外市場が日本酒をどう捉えているのかが興味深々。
とても興味深いです。日本酒は新酒が美味しく、ビンテージなどもほぼなく価格が高騰しにくいので、コスパも良いです。

海外でSakeというとSake Bombというビールの中に酒を落として飲む遊びが有名なくらい、極めてもったいない状況にあると思います。

乾杯のシャンパンのように、フレンチでも最初はスパークリングの日本酒みたいな文化が広がれば、非常に可能性があると思ってます。
ここ数年、お酒に関連するベンチャーなども増えてきた印象。大切な文化でもあり、地盤沈下を抑えて酒ビジネス業界を盛り上げて欲しい。