新着Pick
191Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
良くも悪くも言葉だけが独り歩きしている印象はありますね。
人気 Picker
「ダイバーシティ」日本人にとって最も苦手なものかも。

単一民族国家だからこそ幸せなことはたくさんある。余計な苦労をしなくていいし、コミュニケーションも楽だし。

企業という枠の中で考えれば、長年続けてきた男性中心の世界で「女性の採用・活躍支援」がダイバーシティだと考えるのも無理はない。

簡単には変われない日本。ダイバーシティを特別なことだと考えなくなるには時間がかかりそうですね。

ダイバーシティは、こうでなければいけないという画一的なものではない。実は、一人ひとりが違っていてもいいと思ったり、それぞれの価値観を持ったりすることも、ダイバーシティなんです。
意見が異なる人との付き合い方を学ぶ(意見と人格を分けて考える)ことができた次のステップが、ダイバーシティという気もします。
異論を取り入れて、最初の意見よりもよいところに着地する経験を積まないと、多様性のポジティブな意味を実感できません。

と言いつつ、私自身、異論を心から歓迎できるようになったのは、四十を過ぎた頃だったかもしれません。恥ずかしながら。
ダイバーシティを促進することが目的になっているけれど、

そもそも、ダイバーシティ促進は、手段であって、目的ではない

目的は、昨今のように、グローバルに多様性が受け入れられ、競争環境も型にはまったワンパターンではなく変数がかなり多様化し、変化のスピードも断片的かつかなりのスピード感で移り変わる中で、いかに企業としてパフォームするか

その目的を達するために、ダイバーシティを取り込まないと、やっていけないという話であり

日本に限った話で言えば、そもそも単一民族で数年数十年単位では、日本国内の競争環境はそんなに多様化しているわけではないので、結果として、別に直接的にはダイバーシティを促進する意味合いが薄い、というだけなような気もする

でも、世間的にダイバーシティ、ダイバーシティ言われているので、何かしなければ、我が社も何かやっていると言わなければ、でもそもそもダイバーシティって何?お台場?的な話になっているのではないか
日本は島国で基本的に単一民族で言語も日本語で統一されてきた国なので、移民国家や複数民族国家のようにダイバーシティーに関心を持つきっかけがなかなかないかもしれません。
ダイバーシティーの考え方や範囲は広がりがありますので、まずは身近なところで、自分事で考えられることから始まるのが良いかと。
ダイバーシティを取り組んでいるのは、所謂大企業が中心でほとんどが東京の企業を中心に、名古屋や大阪の大企業なのが実態です。

地方の場合はダイバーシティの必要性すらないので、今回の調査は全国的に見たら妥当かなと。
うそでしょ、、、
>51%の人は、言葉を聞いたことはあるが意味はよく知らず<

わたし思うのですが、ググれば何でも情報が手に入る時代にググって情報を取るか取らないかは需要ですね。

ダイバーシティ(&インクルージョン)は、採用方法を変えるとか、社内制度が変わるとか、そういう施策だけでなにかが変わるわけではないと思います。むしろ一人一人が重要性を理解して、特に島国かつ単一民族の日本人は意識して多様性の受容に取り組まないといけない。すぐに「それって非常識じゃん」って言いがちだし。

あと、ダイバーシティというとすぐに女性活躍が出てくるのは何でなのでしょう。はじめの一歩が女性活躍だとしても、何年たっても「ダイバーシティといえば女性活躍」のイメージが変わらないのは、日本でのダイバーシティの進みの遅さを物語っているように思います。
海外にいるとダイバーシティは当たり前なので、それほど使う機会がありません。
むしろ日本にいる時によく使う言葉ですね。
そして、私のいるフィリピンではLGBTはたくさんいますし、女性はどの分野でもたくさん活躍しています。
ある面、日本は遅れています。
その意味を正しく理解されていない英語の最たる例は「フリーマーケット」ではないでしょうか。多くの方がfree marketだと思い込まれているようなのですが、flea=蚤、です。日本語でも「蚤の市」といいますが、蚤なんです。

カタカナ語の弊害がここにあるのかな、といつも考えさせられます。

ちょっと発展問題ですが、ハワイにジュラシックパークの撮影などで有名なクアロア・ランチという観光名所があります。こちらもランチはlunchではなく、ranch=牧場、です。
以前、「あの人、ダイバーシティーのこと、全くわかっていないんだよな、ホント老害!!」と言っている方が居て、「あなたもしっかりとダイバーシティーの意味を理解していないでしょ?」と思ったことを思い出します。性差別については、かなり日本でも意識されていますし、コメント欄読んでも、性差やLGBTのことが並んでいますが、年齢差別も止めましょう。履歴書に生年月日や年齢を書かせるのも年齢差別です。定年制も年齢差別の一つでしょう。
インクルージョンも知られてなさそうです。
エン・ジャパン株式会社(英語: en-japan inc.)は、東京都新宿区に本社を置く日本の企業。求人情報メディア・人材紹介サービス等の運営を行なっている。 ウィキペディア
時価総額
2,272 億円

業績

関連記事一覧
女性をとりまく「女性活躍」「年相応」という呪縛。
ハフポスト
115Picks

トーマツ、新興企業の支援拡充 斎藤氏が子会社社長に
日本経済新聞
21Picks

「女性のオーナー経営者を支援すること」が、すべての人に有益である理由
Forbes JAPAN
15Picks

「転職先が見つからない」「新しい会社になじめない」――こんな不安を解消するには?
ITmedia ビジネスオンライン
14Picks

ひとり歩きする「女性活躍」。専業主婦も共働き女性も、なぜ辛い?
ハーバー・ビジネス・オンライン/最前線ビジネスパーソンの『知りたい』に応えるビジネスメディア
10Picks

出演者みて心が不安定に ひきこもり「自立支援」うたう悪質業者のトラブルに注意(加藤順子)
Yahoo!ニュース 個人
9Picks

20代が重視するのはお金よりも“仕事内容”「転職・仕事観についての調査」
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
7Picks

日本企業で「女性活躍」は進んでいる? 600社に聞いた結果は……
ITmedia ビジネスオンライン
6Picks

順天堂大が「女性活躍」賞返上 医学部の不適切入試で
共同通信
6Picks

P&G、米サッカー女子代表のスポンサー活動を通じ女性スポーツ全体を支援 - スポーツビジネス情報メディア【スポーツ・スポンサーシップ・ジャーナル 】
スポーツビジネス情報メディア【スポーツ・スポンサーシップ・ジャーナル 】
6Picks