新着Pick
34Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
1993年のドラフトで入団した選手が10年以上在籍した確率は59.4%とのこと。思ったより高いですね。しかし、どこもプロの世界は厳しいです。M&Aは、10年以上の人は、多分5割もないでしょうね。
プロ野球選手として生き残れる資質の1つ。

高校野球などアマチュアで大活躍しても、必ずしもプロとして生き残れるわけではない。活躍する選手とそうでない選手は何が違うのか?

天才的な元プロ野球選手の赤星さんにこの質問をしてみた。答えは、工夫して練習することだった。効果的な方法で自分の能力を高める。

つまり、監督やコーチの指示通り練習していればよかったアマチュアとは違い、プロは自分で成長しなければならない。

これがプロの在籍年数に影響していることは間違いないですね。活躍し続けるためには、セルフ・イノベーションを止めないこと。ビジネスにも通じる話です。
野球に限った話ではないですが、育成年代の選手に対しては、この辺りのリスクをきちんと教育した上で、
・全てを捧げてプロ20年コースを目指す
・セカンドキャリアのことも考えつつプロを目指す
・競技に打ち込むのは学生までと決める
・趣味として楽しみながら競技を続ける
・すっぱり辞めて違う道へ
等を考えさせないと、一握りの成功者を除く大多数の選手は大変な人生を迎えることになりますよね。指導者が責任を取ってくれるなら話は別ですが。
面白いデータですね。多少バラツキはあるものの10年くらいで半減なのか。やっぱりドラフト組は強い。
育成の契約形態も短くなった一因と思われた。